読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

資本金に関係なく利益たっぷりの会社は、中小企業のための優遇はうけられなくなる、の巻

会社にまつわる税金編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
小さな会社は税制で優遇されている

あなたがおもう大企業の基準はなんですか? 従業員の数? 上場か未上場で判断する? それとも、テレビCMのありなし?

f:id:taxjolly:20170119080303p:plain
 *あなたのイメージする大企業の要件とは?

日本では以前から大きい会社か小さい会社かの判断は、もっぱら資本金の額が基準です。それは税金の世界でも同じ。資本金1億円で線をひいて、それ以下の会社は中小企業。そんな中小企業は経営基盤が相対的に高くないので、税制では優遇(=税金を安く)しようじゃないか。←こんな扱いになっているのです。

以前、家電大手のシャープが資本金1億円に減資をしようとしたことが話題になりましたよね。結局頓挫しましたが・・・。これは、中小企業になって税制の優遇をうけることが大きな目的でした。f:id:taxjolly:20170119080609p:plain:w480
*目の付けどころはシャープでしたが、結局は頓挫。


ところが、その伝統的な考えが2017年度(平成29年度)の税制改正で少々変わることになります。

■■■
利益たっぷりの会社は中小企業ではなくなる(?)

どう変わるのか? 資本金が小さくても、利益たっぷりの会社は税制上の優遇が認められなくなるんですね。いまは、資本金だけでみます。だから、資本金1億円以下⇒利益がン百億あろうと優遇される。それが改正後はダメになる。たっぷりとは、過去3年間の平均利益が15億円です。

つまり、多くの利益を出している会社は、たとえ資本金が小さくても経営基盤が弱いとはいえないよね。優遇しないよ、というわけ。見た目(=資本金)から中身(=利益)への転換です。

f:id:taxjolly:20170121082950p:plain
 *資本金という見た目よりも、利益という中身を重視

ただし、数ある税制上の優遇、そのすべてがダメになるわけではありません。じつは、優遇措置には種類があるんですね。いつからいつまでに限って優遇するよ。こういう期限を区切ってのものだけが規制の対象となります。期限なしの優遇措置は、今までどおりです(資本金が基準)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


タワーマンションの固定資産税は40階で10%がつくようになる、の巻

もろもろ税金のこと編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
タワーマンションの節税にメスが入った

f:id:taxjolly:20170117082531p:plain

2017年度(平成29年度)の税制改正で、タワーマンションの節税にメスが入りました。といっても現時点(2017年1月)ではっきりしているのは、固定資産税の税金のかけ方を変えましょう、ということだけですけど・・・

タワーマンションは高層階のほうが眺めもよく、価格は高い。低い階の価格は相対的に低い。でも、床面積がおなじなら高い階も低い階も固定資産税はおなじ。←この不公平(?)を是正しようというのが今回の改正なんですね。つまり、価格の高い高層階の固定資産税は高く、低層階の固定資産税は低く、というわけです。

■■■
固定資産税は40階でちょうど10%の差がつくように

具体的には、1階あたり約0.26%固定資産税を高くしていき、40階になるとちょうど10%の差がつくように調整するという中身です(0.26%×40≒10%)。

実際の価格差からすると、40階で10%の差というのは小さい気がしますね。しかも、こうなるのは、2018年(平成30年)以降に引き渡される新築タワーマンションから。つまり、すこし先の話。いまあるタワーマンションには関係ありません。

これでタワーマンション節税にメス? ←こんな感想の中途半端な印象です。でもまあ、2018年以降に新築タワーマンションの高層階、とくに最上階に住む予定のある人(!)はご記憶を。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


奥さんが旦那の申告をする。そのときマイナンバーはどうなる? の巻

もろもろ税金のこと編 個人的な税金のハナシ編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2016年分の確定申告からマイナンバーが必要

2016年(平成28年)分所得税の確定申告の時期が近づいてきました。トピックはなんといってもマイナンバー。今回の申告からマイナンバーを申告書に記載しなければなりません。さらに、申告書を税務署に提出のときには、本人確認という儀式(?)があるのです。
*本人確認=番号の確認+身元確認

関連する記事
blog.takahasikaikei.com

■■■
奥さんが旦那さんの申告をするときはどうなる?

いままでは旦那さんの申告書を奥さんが提出するなんてことが当たり前に行われてきました。マイナンバーが導入されて、なにか変わることはあるんでしょうか?

奥さんは本人ではないので代理人になります。代理人が申告書を出すときは、つぎの3点セットが必要です。
1)代理権の確認書類
2)代理人(持ってきた人=奥さん)の身分証明証
3)申告書に名前のある人(本人=旦那さん)の通知カード

迷うのは、1)です。代理権の確認書類は、法定代理人のときは戸籍謄本でOK。でも、奥さんは旦那さんの法定代理人ではありません。ということは、委任状が必要か? いちいち、奥さんが旦那さんから委任状をもらうんでしょうか?

現場では、そこは柔軟に対応してくれるとおもいますが・・・。つまり、1)がなくても、2)と3)があればいいんじゃないかな、と。ただ、これは推測です。実際のところどういう扱いになるのか・・・じつは、よくわかりません。

■■■
郵送すればややこしいことなし

ややこしいことを気にしたくなければ、申告書を郵送しましょう。それなら代理権云々はいっさい関係ありません。申告書に、本人のマイナンバーと身分証明証のコピーを添付すればOKですので。

f:id:taxjolly:20170116172838p:plain
 *郵送なら、代理権云々は関係なし! 書留をおすすめします。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


マイナンバー元年、申告のときに忘れてはならないもの、の巻

もろもろ税金のこと編 個人的な税金のハナシ編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2016年分の確定申告からマイナンバーの記載が必要になる

2016年(平成28年)分所得税の確定申告の時期が近づいてきました。前の年との違いはなんといってもマイナンバー。2016年分の確定申告から、申告書にマイナンバーを記載しなければならないのです。

f:id:taxjolly:20170116072013p:plain
 *2016年分の確定申告から、マイナンバーの記載が必要

まあ、それだけなら大きな手間ではありません。お手元のマイナンバーを申告書のきまった箇所に記載するだけでOK。でも、気をつけたいのはそこから先です。

■■■
マイナンバーには本人確認がセット

マイナンバーには必ずセットになっていることがあります。それは、本人確認*という儀式(?)。
*本人確認=番号確認+身元確認

マイナンバーの提供を受ける側は、なりすましを防ぐために厳格な本人確認をしなければならないことになっているんですね。

確定申告の場合、マイナンバーの提供をうけるのは税務署。だれか他人のフリをして申告をする。こんな人はおそらくいない。でも、税務署は法律にしたがいます。申告書を出そうとすると、書いてあるマイナンバーが正しいかどうかと、あなたがあなたであることを確認しようとします。

f:id:taxjolly:20170113074725p:plain
 *税務署では本人確認という儀式あり

■■■
通知カードと身分証明証をおわすれなく!

なにによって? それは、通知カードと運転免許証などの身分証明証によって、です。通知カードと照らし合わせて書いてある番号が正しいかをみて、免許証などによって身元確認をされるというわけ。

ということで、税務署に確定申告にいくときは、通知カードと身分証明証をおわすれなく!
*郵送の場合は、それらの書類のコピーを添付する必要があります。


f:id:taxjolly:20170113075537p:plain
 *おやおや。確定申告書もわすれずに!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


源泉徴収税額がかわります─2017年─の巻

もろもろ税金のこと編 個人的な税金のハナシ編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2017年から給与所得控除が下がる=源泉税が上がる

給与をもらっている人たちは、確定申告や年末調整のときに給与の人特有の控除をうけることができます。給与所得控除といわれるもので、職業や年齢、性別に関係なく年収に応じて一律にきまります。

f:id:taxjolly:20170107110023p:plain
 *給与所得控除は、年収によって一律にきまる

この給与所得控除が2017年(平成29年)から引き下げられるんですね。控除が下がるというとは、税金が上がることを意味します。ということで、給与から天引きされる源泉税が上がります。いつから? 2017年1月の給与から、です。

f:id:taxjolly:20170111183123p:plain
 *2017年1月から、控除が下がり源泉税が上がる・・・


■■■
月収およそ83万円を超える人の源泉税が上がる!

ただし、みんながみんな源泉税が上がるかといえば、さにあらず。じつはおおくの人には影響はないんですね。給与所得控除が下がるすなわち源泉税が上がるのは、年収1,000万円超、月収になおすと83万3千円を超える人たち。それ以下の人たちの源泉税は今までとかわりません。

f:id:taxjolly:20170111183958p:plain
 *源泉税が上がるのは、月収83万3千円を超える人たち。それ以外の人は以前と同じ。

給与計算をする人の立場からすると、間違いがあってはいけません。心がまえとしては全員変わるんだというくらいの気持ちが必要。そのためには、2017年1月の給与からは、「平成29年分 源泉徴収税額表」を使用する。←これで間違いなし!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


繁栄と長寿のしるし─バームクーヘンを持参─ の巻

高橋会計事務所紹介編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
繁栄と長寿のしるし─バームクーヘンを持参─

わたしの事務所では、年始のあいさつに伺うときバームクーヘンを持参しています。バームクーヘンはその年輪のような形から、繁栄と長寿をあらわすお菓子とされているんですね。

繁栄と長寿! まさに、お客さまが長く続く優良企業たることを願う会計事務所にピッタリじゃないか! ということで、ずいぶんと以前から年賀の品はバームクーヘンときめています。

f:id:taxjolly:20170107091112p:plain


ことしも例によって、バームクーヘンをたずさえて、あるお客さまへお伺いしたときのこと。社長は、わたしの手にした紙袋を見て「え~となんだっけそれ。ん~~、そうだ! マカロン?」

違います。

f:id:taxjolly:20170107094138p:plain
*おしい! でも違う。マカロンはそのヨーヨーのような形から、上がり下がりの激しい安定しないさまをあらわすお菓子、なんてことはないとおもいます。


わが事務所のバームクーヘンの知名度、まだまだですな。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2017年 ことしもよろしくお願いします、の巻

エッセイ風に、なんでもあり編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


■■■
ことしもよろしくお願いします

ことし(平成29年/2017年)は酉年。酉年の酉は、鶏つまりニワトリのことだといいます。年賀状に描かれる図柄も、ほとんどがニワトリですよね。

f:id:taxjolly:20170106062620p:plain
 *と書きつつ、ニワトリ以外のトリを描く・・・

酉年は飛翔の年なんていうけれど、ニワトリは空高く飛ばない。でも、いいじゃないか、空高くなくても。高く飛ぶと、落ちたときが大変だぞ。低くてもムリしない高さで飛べがいいんだ。現実をしっかりとみつめて、自分の高さを飛べばいいんだ。
 
年始のあいさつでお伺いしたとき、尊敬する社長がおっしゃっていました。

ニワトリのように自分の高さで飛ぶ。まさにそんな年にしたいですね(←すこし、こじつけ気味かな)。


ことしもよろしくお願いします。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。