社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

きみは親父の会社を継ぐか、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
後継者がいなくて取引先がなくなるという心配

あなたの会社が取引をしている某社。大企業ではない。あなたとしては、ずっとその取引を続けていきたい。でも、心配がひとつ。その会社は今後もつづいていくだろうか? いやいや、なにも赤字で潰れちゃうじゃないかということではない。今の社長が引退したあと、継いでくれる人がいるのか。つまり、後継者がいるんだろうか。こんな心配──。もし、後継者がいなけりゃ取引先がなくなっちゃうじゃないか!

相手が大企業ならそんな心配はいらないでしょう。でも、中小企業の場合、

■■■
中小企業のオヤジになんかなりたくない

中小企業の場合、経営のバトンタッチの王道は、やはり縦のラインです。親から子へ。子から孫へ。ということですね。そうはいっても、息子は(娘は)、中小企業のオヤジになんかなりたがらない。資金繰りの心配をして眠れぬ夜を過ごす。挙句の果て借金を背負うくらいなら(社長は会社の借金の保証人になることが多いのです)、サラリーマンのほうがいい。こんなケースが増えているんですね。

こんな後継者不足は、地域経済にも影響します。会社がひとつなくなるわけですから。雇用が失われる。その会社から仕事をもらっていた会社の経営が怪しくなるかもしれない。お金を貸していた地元の銀行だって傷む。銀行がダメージを受けると、地域にお金が回らなくなって・・・

わるいことのほうが思い浮かびます。ある調査によると、後継者の決まっている会社は全体の10%程度なんだとか。つまり、ほとんど決まっていない。


f:id:taxjolly:20170726064129p:plain
f:id:taxjolly:20170724074545p:plain
*こうしてみれば一目瞭然。映画「ゴッドファーザー」は事業承継の物語なのです。


後継者がいなくて、地域が疲弊してしまう。どうにかならないのか。ねえねえ、どうにかならない? マイケル!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


階段にゴミに気づける会社になろう!の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
階段にゴミが落ちていると・・・

ラジオで聞いた話。某噺家のお師匠さんは、あるところにゴミが落ちているとお弟子さんをたいへんきつく𠮟りつけるんだとか。そこはいったいどこだと思います?

答えは階段。階段にゴミが落ちていると、お弟子さんはたいへん叱られるのです。部屋のゴミはOK(OKでもないか。でも、あまり叱られない)。ところが、階段のゴミはお師匠さんの逆鱗に触れてしまう。さて、そのココロは──

そのココロは───人の気づかないことに気づけ! 人の気づかないことに気づいて、話をするのが噺家。階段のゴミは人目につきにくい。ふだんから人が気づかない階段のゴミに気づくことのできる人間になれ!

■■■
階段にゴミに気づける会社になろう

人の気づかないことに気づくことは、噺家に限らず、どんな仕事をするにしても大切なことですよね。それは、新たな視点・新たな切り口の発見に通ずる。そういう人間の評価は上がるだろうし、もし、そんな会社になれたら・・・その会社はきっと、利益を上げつづける会社になるでしょう。

階段のゴミに気づける会社になろう!

f:id:taxjolly:20170721073707p:plain
*階段では足元を見るので、階段のゴミのほうが見つけやすい、ような気がしないでもない・・・。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


あなたの会社が100年後も存在しているために、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


会社の自己資本比率が過去最高になったとの報道がありました。上場企業が対象ですが、その割合は40.4%。さて、たまに聞くけど自己資本比率っていったい?

■■■
自己資本比率。借りる。出資。稼ぐ。高いほうがいい。

会社はさまざまな資産を持っています。それらの資産を調達するためのお金をどうやって手に入れたか。それが自己資本比率の考え方です。お金を手に入れる方法は3つ。借りる。出資してもらう。稼ぐ。会社には、この3つの方法以外でお金を手に入れる術はありません。

f:id:taxjolly:20170717103452p:plain
 *答えは、Dだ! 

借りる。⇒借りたお金は、世の中のお約束として返さなくてはならない。自分のお金ではありませんから。ゆえにこれを他人資本といいます。
出資してもらう。稼ぐ。⇒他人資本の対極。他人の反対は自己。ということで、自己資本といいます。自己資本は会社のもの。ゆえに返す必要がありません。

会社の資産のうち、自己資本で手に入れた資産の割合が自己資本比率。自己資本比率は高いほうがいわゆる〝いい会社〟〝つぶれにくい会社〟です。そりゃそうだ。他人資本(=借金)が少ない会社(*)ということですからね。
*ここでいう借金は、いわゆる銀行からの借入金に限定されません。仕入代金の未払いなども含め、今後だれかに支払わなければならないすべての債務をいいます。

■■■
自己資本の主役は、利益

よし、わかった。自己資本を増やせばつぶれにくい会社になるんだな。さっそく出資者集めだ!

これは、方向性が・・・間違っていますよね。現実的にも不可能。どんな会社でも、出資を受けつづけることはできません。とくに、中小企業の場合は出資者が限られています。つまり、出資によって自己資本を増やすのには限界がある。

それに対して、限界がないのが、稼ぎです。つまり、利益ですね。利益には限界がない。努力と工夫、知恵とアイデアでなんとかできるのが利益。たくさん利益を出したら叱られることなんてありませんし。ということはつまり、自己資本の主役は利益である!

■■■
100年後にも存在するために、

会社には、人間と違っていわゆる〝死〟ということはありません。したがって、100年でも200年でも生きていける。会社は未来永劫つづいていく存在である。こんな考え方があります。ただし、もちろん、潰れなければ、という前提のうえでのことですけど。

未来永劫つづいていく会社になるためには、自己資本の充実が不可欠。自己資本の主役は利益。あなたがたとえ世の中からいなくなっても、あなたの作った会社が100年後にも存在しているために、あなたができること──それは、利益を生み出すこと。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


クローズアップでは根拠のある自信をもって臨み、ロングショットでは根拠のない自信をもって臨め、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
世の中には2種類の人間がいる・・・・・・・

「世の中には2種類の人間がいる。〇〇と〇〇だ」この言い回し、よく耳にします。曰く。「───敵と、使用人だ」曰く。「───金が好きな人間と、大金が大好きな人間だ」

f:id:taxjolly:20170717083740p:plain
 *「世の中には2種類の人間がいる。あげる人間と、常にもらう側に属する人間だ」


では、こんなのはどうでしょう?「世の中には2種類の人間がいる。根拠のない自信をよしとする人間と、根拠のない自信をよしとしない人間だ」

あなたは、どちらですか? 根拠のない自信をよしとしますか? それとも・・・

■■■
根拠のない自信をよしとする根拠


売れる企画を生み出す基礎体力をつけるためにはジャンケンが強くなければならない。ジャンケンには必勝法がない。必勝法がないのに、おれは強いんだ、負けるはずがない。そう言い切れる自信。そんな根拠のない自信を持つことが発想・企画を考えるという正解のない世界では何より大切だ。
──秋元康著「企画脳」(PHP文庫)から──

正解のない世界では何より根拠のない自信が大切らしい。でも、よく考えてみれば、発想・企画の分野に限らず、世の中に正解なんてない気がする。

それに加えて、人間は、明日のこと、いやもっと短く1時間後のことだって正確に予見できない。そりゃそうだ。1時間後に何が起こるのか誰にもわからない。

私たちは、正解がない世の中に生きている。未来の予見能力がない。ならば、(いっそ開き直って)根拠のない自信を持つしかないじゃないか。そうでなきゃやってられない。根拠のない自信を持って今を一生懸命生きる!←これしかない。

■■■
根拠のない自信をよしとしない根拠

根拠のない自信をよしとしない根拠。それは、あやふやなことに頼るのはよくない、ということ。根拠がないんだから、あやふやに決まっていますね。むむっ、これもわからないでもないぞ。具体的にものごとに臨むとき、怪しげで、おぼつかない、不確かで、疑わしい情報だけを頼りにするのでは心もとない。確固たる自信の持てる状況を作り出すことは大切です。やはり、個別具体的問題では、根拠のある自信を持たなきゃ。

■■■
つまり、こういうことでいいのかな?

つまり、こういうことでいいのかな? クローズアップでは根拠のある自信を持って臨み、ロングショットでは根拠のない自信を持って臨む。こんな処世訓でどうでしょう? ねえねえ、どうでしょう? チャップリンさん!

f:id:taxjolly:20170717084522p:plain
*「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」(チャールズ・チャップリン)

企画脳 (PHP文庫)

企画脳 (PHP文庫)




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


会社でもっとも孤独でもっとも悩みが深い人間。その人の名は────。の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
会社でもっとも孤独でもっとも悩みが深い人間

以下、大企業のことはわかりませんが・・・。

振り向いたとき、後ろに誰もいないのは社長だけ。どんなに小さな会社だって、もとい、小さな会社だからこそ社長はすべての決断をしなければならない。決断には悩みが伴います。代わりに決めてくれる? こう言えたらどんなに楽でしょう。悩みに悩んで、誰かに相談したくて振り向いても───壁があるだけ・・・

f:id:taxjolly:20170712070121p:plain

会社でもっとも孤独で、もっとも悩みが深い人間。その人の名は社長。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


税金の分捕り合戦は激化の予感、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
消費税の一部は地方へ配分されることがきまっている!

「タバコは地元で買いましょう」こんな標語を見かけたことありませんか? その理由→地方タバコ税の仕組みでは、タバコを多く売った小売店のある地方自治体の税収が増えるようになっているから。

f:id:taxjolly:20170709091947p:plain

同じような仕組みで、もっと大がかりなものに消費税があります。消費税の税率は8%だとおもっていますよね。でも、ちがう。じつは6.3%。この6.3%の消費税は国の取り分です。では、のこりの1.7%はなにかというと、正体は地方消費税という別の税金。地方消費税は、各地方自治体に配分されることがハナから決まっている税金なんです。

キチンとした本には、いわゆる消費税のことを消費税とは書いていません。消費税等と書いてあるんですね。消費税等の〝等〟は、もちろん消費税と地方消費税のこと。ふたつ合わせての〝等〟なのです。

■■■
「買い物は県内で!」キャンペーン始めました

地方消費税は、各地方自治体へ配分されることが約束されている。その配分基準は、その自治体での小売り売上高の統計数値のウエイトが大きな比率を占めます。つまり、商品やサービスを多く売った小売店のある地方自治体の税収が増えるようになっている! どこかで読んだ文章だね。タバコ税と同じだ!

そのわりに、「商品は地元で買いましょう」なんて標語見ないなあ。こうおもっていたところ、なんと奈良県が「買い物は県内で!」キャンペーンをしていました。奈良県民は、多くは大阪、京都で買い物をするらしい。すると、「越県購入」でその分に相当する地方消費税が、奈良県に入らず、近郊大都市の大阪、京都に奪われてしまっている! その額およそ70億円! キャンペーンしたくなる気持ち、わかります。

f:id:taxjolly:20170709094559p:plain
 *男「そこから先は、隣県だよ」

ふるさと納税では、大都市の首長が税収を奪われているとして、返礼品合戦を批判しました。その一方、地方消費税では、大都市に税収が流れている(地方にしては奪われているという感覚?)という現実がある。

ふるさと納税への批判にしても、買い物は県内キャンペーンにしても、要するに税金の分捕り合戦。税収は右肩上がりとはいかないとすると、今後はますます激化する予感です。なにかいい知恵はないのか。ねえねえどうにかならない? えらい人!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


税務調査受けるの いやいやしゃ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


──人は変わらないことを好み、変化を嫌う──

f:id:taxjolly:20170708145215p:plain

■■■
税務調査に入られにくいのは・・・

お客さまとの雑談で、税務調査の話題になることがよくあります。どんな会社が税務調査に入られにくい? それに対して、わたしが真っ先に挙げるとしたらこんな会社。それは、変わらない会社。

変わらない会社。毎年毎年毎年ほぼ同水準の売上と同水準の利益を計上している。そんな会社があったとしたら・・・税務調査を受ける確率はグググッと減るでしょうね。そう、税務署は変化に敏感、なのです。

変化には、ふたとおりあります。上への変化と下への変化。上への変化、つまり売上や利益が大幅に増えたときに税務署に目をつけられる。これはわかりますよね。でも、じつはそれだけではない。

■■■
税務調査がいやなら変化のない会社になればいい!

大赤字だから税務署もこないだろう。こうおもっているときに予想外に税務調査の対象になることがあります。税務署には、急に赤字になった原因をしっかりと把握しておきたいとの思惑があるようなのです。下への変化、つまり売上や利益が激減したときもまた税務調査をうけやすい。

ということで、税務調査がいやなら変化のない会社になればいい!

■■■
変化=成長のできる会社へ

税務調査がいやなら変化のない会社になればいい。
 ↑
もちろん、これが結論ではありませんよ。あなたは、税務調査を受けないことを目的に会社を経営している(←ヘンな日本語ですな)わけではないはず。税務調査がいやで、毎年同じ程度の売上や利益を維持することに腐心する。ヘンな話です。

税務調査は現実的には、拒否できない。税務調査があるかどうかを気にしてばかりいても仕方ない(当たり前だね)。変化(=成長)できる会社を目指そう!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。