社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

45,000円で源泉所得税280円のなぞ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
わが家の息子の給与明細を見てみると・・・

わが家の息子が人生初めてのアルバイトをして、人生初めての給与をもらいました。保護者としては、当然のようにもらった給与明細を確認します。どれどれ、どのくらい稼いだのかな?

f:id:taxjolly:20190613201826p:plain

額面金額は、45,000円ほど。働いた日数のわりには結構あるのね。そう思いながら控除項目欄に目をやると・・・なんと、源泉所得税が控除されている! 金額は280円なり。

■■■
源泉所得税は、88,000円未満はゼロのはず

源泉所得税は、その月の社会保険料控除後の給与の金額と扶養親族の数によってきまります。もちろん、給与がすくないほど税額もすくないし、同じ給与なら扶養親族が多いほうが税額はすくなくなる。ただし、88,000円未満の給与なら、扶養親族の数にかかわりなく、税額はゼロということになっています。45,000円は88,000円未満。当然、ゼロのはず。それなのに源泉所得税が控除されているとは。いったいどういうことだ!

■■■
なぞは深まるばかり・・・

まず考えたのは、税額表の乙欄適用なんじゃないかということ。乙欄なるものが適用される人はゼロにはなりません。でも、そうではないようです。給与明細には、(88,000円未満でゼロになる)甲欄適用との記載があります。

つぎは、コンピュータ利用で税金を計算しているんじゃないかと考えた。でも、それが原因ではないようです。たしかに、コンピュータで計算する源泉所得税は、税額表のものとは違います。違いますけど、ゼロのものが280円になるほどの違いではありません。

給与明細書には、5月分との記載があります。つまり、息子の給与は月ごとに支払われる給与。なので、源泉徴収税額表の日額表が適用されたわけでもない。

───ということで、280円の源泉所得税は、なぞのままです。なぜ、45,000円で源泉所得税が控除されたのか。なぜ280円なのか。アルバイト先は大手の会社なので、単純な間違いとは思えません。なぞは深まるばかりです。

f:id:taxjolly:20190613202228p:plain

まあ、いくらなぞが深まったところで、最終的には確定申告で戻してもらうからいいんですけどね(おそらく、年間で103万円以上の給与にはならない)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


税率26%の会社は利益が100万円増えて、税金はプラス37万円、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
利益に対する税率は、利益の額に比例する

利益にかかる税金の割合はどのくらい? お客さまからよく聞かれる質問です。それに対する私の答は、「1/4くらい」のこともあれば、「30%」のこともある。あるいは、「1/3」だったり、はたまた「40%」。

f:id:taxjolly:20190608170634p:plain
*もちろん、そのときの気分に応じて使い分けをしているわけではありませんよ

中小企業の場合、利益に対する法人税などの税率は、利益の額に比例します。少なければ低く、多ければ高い。会社の利益水準をだいたい把握している私は、その会社に応じた答えをしているというわけ。

■■■
予測よりも利益が増えた。さて税金はいくら増える?

ある会社の予測利益が1000万円だったとします。利益に対する税金はおよそ260万円。26%の税負担ですね。その後、会社が決算を〆てみると利益は1100万円でした。予測より100万円多かったというわけです。この場合、税金はいくらになるでしょう?

26万円増えると思いますよね。だって、税率は26%で、利益が100万円増えたんですから。

f:id:taxjolly:20190608171100p:plain
*260万円+100万円×26%で、答は286万円だ!

・・・でも、じつはそうなりません。もっと多くなる。

中小企業の利益に対しては、軽減税率なるものが適用されます。いくらいくらまでと決まった金額があって、その額までなら、より低い税率が適用されるというわけ。さきほどの26%というのは軽減税率が適用された結果の税率です。

■■■
利益が100万円増えて、税金は37万円増える

さて、増えた100万円に対する税率。軽減税率の対象となる金額には限度がありました。すでにその金額を超えているとすると・・・増えた利益に掛ける税率は、軽減税率でない、より高いものになります。結果、26%以上の税負担になるというわけです(実際は、およそ37万円増えます。つまり、その部分の税率は37%)。

ひどく損した気分(?)になりますかね。ただし、逆もまた真なりです。1000万円の予測利益が、有効な節税対策によって100万円少なくなれば、税金は26万円以上減ることになります。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


前略 社長様 夏の猛暑をご祈念しております、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
かわす言葉は「今年も猛暑になればいいですね」

夏は暑ければ暑いほどいい。私どものお客さまにこんな会社があります。気温の上昇とともに業績もぐんぐんとアップするというわけです。逆に一番恐れるは、冷夏。

その会社の決算は3月で、申告するのは5月末です。申告書への署名のため、毎年お会いするその時期に、必ずかわす言葉があります。曰く。

───今年も猛暑になればいいですね───

世の中の望みはどうあれ、その瞬間、社長と私の願いは、猛暑です。

f:id:taxjolly:20190607161837p:plain
*前略 社長様 今年の夏の猛暑をご祈念しております


■■■
3月決算にはわけがある!

その会社はさきほどもお話ししたとおり、3月決算です。でも、もともとは10月決算だったものを、3月に変更したんですね。

売上が天候に左右されやすい会社です。猛暑だと売上もあがるけど、冷夏なら落ち込みます。つまり、7月~9月あたりの天候次第で、決算内容がよくもなったり、悪くもなったり。決算が10月だと、売上の変動が激しい時期が直前すぎて、予測がままならない。また、なにか手を打ちたくても、猛暑の夏は本業で手一杯・・・

でも、3月決算なら───直前の1月~3月は売上の変動がすくない。予測も立てやすいし、決算対策にも余裕をもって取り組める。これが事業年度を変えた理由です。

◆ ◆ ◆

売上の季節変動が大きな会社は、繁忙期が事業年度の前半期にくるようにするのもいいかもしれませんよ。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2019年4月、各社の業績よし⁉ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


f:id:taxjolly:20190604070759p:plain

私どものメインの業務に、月次決算があります。お客さまの前月の会計データをチェック。その後、会社のかたに業績を報告します。たとえば、5月なら、4月分のチェックと報告というわけです。

■■■
2019年4月は各社軒並み固定費が少ない⁉

そんな月次決算の2019年4月分で、各社にある異変が────なんと、各社ともに固定費が少ない⁉

固定費とは、毎月必ずかかる経費のこと。固定というその名のとおり、あまり変動はしません。固定費は毎月毎月、ほぼ一定のことが多いんですね。ところが、2019年4月分は、いつもの月よりも、各社とも軒並み少ない。なぜか。理由は単純。改元に伴う10連休の影響です。10連休によって、4月中だったはずの経費の引き落としが、月をまたいで5月7日になっちゃった。

f:id:taxjolly:20190604072758p:plain

そのため、4月分の固定費が少なくなったというわけです。5月7日引き落としの固定費を、もれなく4月分で未払の経費として処理すればそんなことにはなりません。でも(社会保険料などの大物を除けば)なかなかすべてを処理しきれず・・・

■■■
固定費が少ないと、利益が多くなる

固定費が少ないと、相対的に利益が多くなります。

その結果、2019年4月分は各社軒並み業績よし! 日本経済は景気後退局面にあらず!───と、こう単純なことではありませんよね。10連休の影響がこんなところにも及んだというだけのこと。その影響で、5月の固定費が多めに計上されますから、それを頭に入れておく必要がありますね。

◆関連して
会社が支払う年払い保険料は、支払った年度に1年分を経費にすることができます。そう、支払った年度に、まとめて。ということは、2019年4月決算法人の、5月7日に引き落とされる年払い保険料は、来年度の経費?
これについては生命保険協会が国税庁に照会した結果、2019年4月の経費にしてよいとの回答を得たそうです。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


モロさんは外注か? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


税金の世界の永遠のテーマ「給与か。外注か」。その判断基準を調べると、4つの要件に出会います。教科書的には、その4つの要件を ”総合的に勘案して” 給与か外注かを判断することになっています。

ただし、あくまで、その4つの要件は例示。つまり、たとえです。その4つ以外にも考えられる要件があるはずです。

■■■
会社にモロさんがいた!

私は、高校を卒業してトラックの運転手になりました。アルバイトニュースをみて就職したその会社にいたのが、モロさんなる先輩。会社にはモロさんしか乗らないトラックがありました。そのトラックは、モロさん以外はアンタッチャブル。社員は自分の乗用車で通勤していたけど、モロさんはトラックに乗って帰っていく・・・

これは、モロさんは、トラック持ち込みで仕事をしていたということ?

f:id:taxjolly:20190602073448p:plain
*モロさんのイメージ。自分のジョークに自分で大爆笑して椅子から転げ落ちるタイプです。仲間内の評は「世界を平和にするモロさんの笑い声」。

モロさんへの支払いは、外注費か。それとも給与か。これが税金の世界での永遠のテーマになるわけです。

■■■
モロさんへの支払いには、給与のにおいがたちこめる。でも、

毎日の運行予定表には、モロさんの名前もありました。つまり、行き先は会社で管理していたし、モロさんはその会社でしか働いていなかったわけです。給与のにおいがプンプンたちこめます。でも、時空を超えて、当時の社長が税理士の私に聞いてきたら・・・モロさんへの支払いは外注費でいいと答える。なぜなら、

───社員のみんなが、モロさんのことを社員じゃないと思っているから───

わたしも、モロさんを社員とは思っていなかった。高校を出たての頃のことですから、ややこしいことはわからない。社員という言葉は知っていても、外注なんて言葉は知らない。でも、モロさんはなんとなく自分たちとは立場が違う人なんだなということは感じてました。まあ、モロさんがアンタッチャブルな専用車に乗っていたことも、その感覚に影響していたと思いますけど。

これを「給与か。外注か」の要件として考える。現場の社員が、モロさんをどう認識していたか。外注さんだと思っていれば外注費だし、そうでなければ給与。こういうのもありなんじゃないか。

◆ ◆ ◆

現場がどう思っているかを「給与か。外注か」を判断要素とする。税理士が書くようことではありませんかね。人の思いなんてあやふやなもので判断するなんて、万人を納得させられない。そりゃまあ、そのとおり。・・・それでも、モロさんを周りの人が社員だと認識していないことは、外注処理をするうえでの大きな要素のはずだ!

f:id:taxjolly:20190526090647p:plain
*これが冒頭の4つの要件です。逆説的ですけど、周りの人間がモロさんを社員だと認識しなければ、自然とこの4つの要件を満たすようにもなるはずです。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


わが事務所からは月に一度、手紙(?)が届く、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


f:id:taxjolly:20190601090402p:plain

わたしの事務所では、月に一度事務所通信を発行しています。その名は「前略 社長様」。2008年(平成20年)6月の第1号から数えて、最新の2019年5月号は128号です。

■■■
わたしの事務所から届くのは手紙(?)

送付しているのは、主に当事務所がお付き合いさせていただいている会社。まれに、会社のから「いつも送ってくれる手紙で、ホニャララ」とか「この間の手紙に、ホニャララ」とか言われることがあります。・・・手紙? なんのことかいな。一瞬こう思いますけれど、それは「前略 社長様」のこと。話題を振られるのは、読んでくれたからこそで、うれしい限りです。

それにしても、なんで「手紙」なんて言葉を使うのかな。こちらとしては、送っているのは、いわば情報提供のためのもので「手紙」という感覚はないんですが・・・。手紙というと、プライベートなイメージがありますよね。

と、ここまで書いて気がついた! タイトルかな。「前略 社長様」というタイトルが、手紙の書き始めを想起させて、それが手紙という言葉に現れたんじゃないか───まあ、そんな分析はどうでもいい。これからも、少しでも役に立つ情報を提供できるよう(そして、そんなもの送ってくるなと言われないよう)工夫をこらしていきたいと考えています。

f:id:taxjolly:20190601091927p:plain
*「前略 社長様」の記事、イラストはすべて内製。外部の業者には一切頼っていませんよ。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


今日は更新は休ませてもらおう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
今日は更新は休ませてもらおう

業務多忙につき、今日の更新は休ませてもらおう。

f:id:taxjolly:20190530200712p:plain
*更新は休んでも、こういうふうに「休んで」いませんので。念のため。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。