社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

「経費を作ってくれといわれたので・・・」、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
決算では未払いの経費を計上する

会社の決算では未払いの経費を計上します。未払いの経費とは、支払いが月をまたぐ経費のこと。たとえば、3月決算の会社で、3月分の電気代が4月に口座から引き落とされた。←これが未払いの経費です。その電気代は、3月には支払っていないけど、3月の経費に取り込みます。

■■■
会社に未払いの経費をお願いしたところ・・・

会計事務所は、会社にどんな未払いの経費があるかをすべて把握しているわけではありません(←当たり前だね)。わからないものについては聞くしかない。あるお客さんに「これとこれ以外に、未払いの経費があったら出してくださいね」こうお願いをしたところ・・・。

後日、会社のかたが資料を出してくれました。ただし──、「〇〇さん(わたしのこと)が、経費を作ってくれというから」と言いつつ──。

f:id:taxjolly:20171119083218p:plain
 *おやまあ、これまた豪快に作ってきたね

んっ? 「経費を作ってくれ」と言うから?

・・・これはマズい。なぜかというと、税理士法につぎのような規定があるのです。

(脱税相談等の禁止)
第36条 税理士は、不正に国税若しくは地方税の賦課若しくは徴収を免れる(中略)ことにつき、指示をし、相談に応じ、その他これらに類似する行為をしてはならない。

「経費を作ってくれ」なんて、まるで、ありもしない経費を計上するための指示みたいじゃないか! これじゃ脱税指南だ! 税理士法第36条違反だ!

そんな指示をしたなら脱税指南です。でも、本当にそんなことを言ったのならここで書くはずもなく、ゆえにわたしは無実です(←証拠になっていない?)。

■■■
そのかたは省略して言っていた

出していただいた資料は、未払い経費の一覧表といったもので、架空のものではありませんでした(これまた当たり前)。そのかたは「未払いの経費の資料を作ってくれと言うから」ということを省略して言ったんですね! めでたし、めでたし。


■イソップ物語風まとめ■
たとえ事実であっても(会社のかたが「経費を作ってくれというから」と言ったのは事実)、ある部分だけを切り取ると、事実と違う結果(脱税指南をしたという結果)になってしまうことを、このお話は教えてくれる。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


来年(2018年)から150万円のカベが現実のものになる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


〝配偶者控除の103万円のカベが150万円になる〟1年ほど前、よくこのフレーズが新聞紙上を賑わしていました。これがいよいよ来年(2018年)1月から現実のものとなります。どのような形で現実のものになるかといえば──、

f:id:taxjolly:20171112084056p:plain
 *いよいよ2018年からカベが150万円になる!

■■■
2018年からはこうなる!

毎月の給与から差し引かれる源泉税は、扶養親族の数によって決まります。あなたの配偶者が源泉税の扶養親族に入るのか。それとも入らないのか。2018年1月からは、つぎのふたつの要素で判定することになります。
●あなた自身の年収(←NEW! 2017年までは気にする必要はなかった)
●配偶者の年収

f:id:taxjolly:20171113071729p:plain
 
もし、あなたの給与年収が1,120万円を超えるなら──、配偶者が150万円のカベの内側にいても(たとえ配偶者の収入がゼロであっても)、配偶者は扶養親族の数に入れることはできません。150万円へのカベのことばかりが話題になって、これは案外見落としがちです。

給与年収が1,120万円以下のあなた。あなたは、配偶者の給与年収が150万円以下なら配偶者を扶養親族にカウントすることができます。

■■■
金額は見込みで判定

ここで出てくる1,120万円だとか、150万円という金額。これらは、2018年1月~12月の合計額のことなんですね。でも、まだ2018年は始まったばかりで、最終的にいくらになるかわかりません。ということで、これらはすべて見込みで判定します。もし、結果的に見込み違いだったら・・・そのときは年末調整や確定申告で精算されることになります。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


社会保険料は3か月後に変わることが決まって、5か月後から変わる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


給与からは、源泉税と社会保険料が差し引かれます。

■■■
源泉税は変わる。社会保険料は変わらない。

源泉所得税は、給与が変わればそれに応じて変わります。給与が増えれば税金も増える。逆もまた同じ。そりゃそうだ。税金は、収入に応じて負担するんだから。

一方社会保険料はといえば・・・、社会保険料は変わらないんです。給与が上がっても下がっても、社会保険料は同じ。ただし、年に1度だけは見直す。←これが原則。ということで、給与から天引きされる社会保険料は、原則として1年間は変わらないんですね。とはいえ、大きく給与が変わったときはどうしましょう? 大幅な昇給、減給があったら・・・。それでも社会保険料は変わらない?

f:id:taxjolly:20171113135003p:plain
 *原則として社会保険料は1年間変わらず。でも、大幅な昇給、減給のときは?

■■■
社会保険料が変わるのは、大幅なアップダウンがあったとき

いや、さすがに大幅な給与のアップダウンがあったときは変わることになっています。でも、すぐには変わらない。しばらく様子をみる。3か月です。3か月様子をみて、アップダウン後の給与が定着して(?)初めて、その人の社会保険料が変わることが決まる。でも、その段階では変わることが決まっただけなんですね。まだ天引き額は変わらない。実際に変わるまではさらに2か月を要す。ということで、給与のアップダウンがあった月を1月とした場合、実際に変わるのは5月。つまり、5か月目の給与からようやく社会保険料は変わるんですね。なんと、壮大な物語──。

■■■
4か月は以前のままの負担をする

社会保険料は、アップダウンがあった月から5か月目に変わることがわかりました。裏を返せば、アップダウンの月から4か月は従来どおりの社会保険料ということ。ということは、昇給の場合は、4か月間は、昇給後の給与に対して昇給前の少ない社会保険料で済むことになる! なんとなくトクした気分。ただし──

ただし、逆のとき。減給のときは、減給後のすくない給与に対して、減給前の多い社会保険を負担することになってしまう。理屈では、極端な減給のときは、社会保険料の負担で手取りがマイナスになっちゃう(!)なんてこともあり得るんです。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


老舗企業に多い意外な業種とは? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
老舗企業でもっとも多いのは貸不動産業

創業は明治時代──。そんな老舗企業、日本にどのくらいあるとおもいますか? 正解は、2万2千社ほど。おっ、そんなにあるのか! 数だけ聞くと多いと思いますよね。でも、日本には会社が260万社ある。割合だと全体の1%に満たない。さすがに少数派です。

そんな老舗企業のうち、1割強の2,500社が東京都内に本店を構えています。意外なのは、その2,500社の業種です。なんと、いちばん多いのは貸事務所業。老舗企業の業種としては、意外な感じがしますよね。

f:id:taxjolly:20171112080116p:plain
 *老舗企業で多いのは、貸不動産業

■■■
なぜ、老舗企業に貸不動産業が多いのか

貸事務所業は、好不況に関係なく安定しているから長くつづくのかな。そうおもいきや・・・。じつはちがう。創業 →(事業転換・事業売却)→ 遊休地などを活かして、現在は貸事務所業。こんな具合で、やむなく(?)貸事務所業になったケースが多いようなんですね。つまり、商売替え。ずっと創業当時から貸事務所業をしてきたわけではないのです。

■■■
転換か。それとも継続か。

本業が窮地に陥ったとき、撤退して他の業種に転換するか、本業をそのままつづけるか。東京の老舗企業は、貸事務所業に転換したからこそ生き残ったといえるわけです。ということは・・・、事業転換が正解か? いやいや、衰退する業種の中にあっても工夫によって業績を伸ばしているところもあります。要はやり方次第? 転換か。それとも継続か。経営者にとって永遠、かつ、正解のない問題ですよね。

間もなくやってくる2018年は明治維新から150年周年だそうです。会社には生物学的な「死」はありません。ゴーイングコンサーンという言葉もあるとおり、未来永劫つづいていける存在です。100年、150年つづく会社になるためにどうするか。正解はないだけにチャレンジしがいがある!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


土地の買い取りがままならない──所有者不明土地問題概説Ⅱ── の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
公共事業の土地の買い取りがままならない

その男が死んだのは、半世紀を優に超えるほどむかしのこと。それ以来、その男名義の土地は、名義が変えられないまま数世代が経過したのであった。そして、現在(いま)──、

(市の公共事業担当職員と上司の会話)
職員:この公共事業のためには、あの土地の買い取りが大前提です。
上司:よしっ、名義人に連絡して買い取りの申し出だ!
職員:それが問題がありまして・・・。名義人はとうのむかしに亡くなっています。
上司:なにが問題だ? 名義人の相続人に連絡すればすむことだ。
職員:それが問題でして・・・。名義人は先々々々代で、相続人が・・・
上司:相続人がどうした? いないのか?
職員:逆です。逆です。いっぱいです。いすぎです。相続人は50人います。
上司:なにっ⁉
職員:ひとりはA国にいます。ご存知のとおりA国はいま内戦状態で、我が国との通信手段は途絶しています。
上司:なにっ⁉
職員:海外を放浪する相続人がいます。ボヘミアンです。連絡はつきません。
上司:なにっ⁉
職員:国際的な陰謀事件に巻き込まれて行方不明の相続人がいます。スパイに頼んでも連絡は無理です。
上司:なにっ⁉
職員:世捨て人になった相続人がいます。連絡は困難です。
上司:なにっ⁉
職員:生死不明者の相続人がいます、さらに・・・・・

f:id:taxjolly:20171108144836p:plain

これが、いわゆる〝所有者不明土地〟問題の本質です。土地の名義が亡くなった人のまま時が経過。土地の権利について、亡くなった人の相続人に接触しようにも、数が多い。もし、連絡がつかない相続人がいると・・・、それがたとえば用地取得といった公共事業のさまたげになってしまう。その結果放置され、土地はやがて荒廃し・・・・・。

■■■
解決の手立てはあるのか?

こうした〝所有者不明土地〟問題で生じる経済損失額は、2040年までに6兆円規模に上るとの試算もあります。

根底にあるのは、相続登記が義務でないこと。じゃあ、登記を義務化すればすべて解決かといえば、さにあらず。たとえ義務化されても、今まで相続登記されていなかった土地の名義は、そのままの可能性が大。多数いる相続人のうちの誰かのものにするのは、現実的に不可能に近い場合がありますから。

関連する記事
blog.takahasikaikei.com

所有者不明土地問題──。果たして解決の手立てはあるのか?


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


すべては、おやじの死から始まった──所有者不明土地問題概説Ⅰ── の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


最近よく耳にする〝所有者不明土地〟問題。持ち主のわからない土地が日本の国土の約20%、九州に相当する面積あるという問題です。びっくりですね。そんなにあるとは。でも、まてよ。土地には登記簿があって、誰のものかはっきりしているはずでは? 持ち主〝不明〟とはいったい?

■■■
すべては、おやじの死から始まった

●おやじが死んだ──
長男:おやじ名義の土地どうする?
次男:兄貴が引き継げばいいだろ。
三男:ああ、俺もかまわないよ。
長男:ひどくあっさり決まったな。てことはあとやることは俺名義の登記だな。
次男:登記は義務じゃないらしいぞ。
長男:なに⁉ そうなの? 早く言ってよ。じゃ、登記はやめだ。金かかるし。売るつもりないし。あっ、でもお前ら、後から「おれの土地だ」なんて言い出すんじゃないだろうな。
次男、三男:大丈夫、大丈夫。言わない、言わない。
長男:じゃ、名義はおやじのままで。内々には俺のもの。いいな。
次男、三男:異議な~し

f:id:taxjolly:20171107071628p:plain
 *特に支障はないので、名義はおやじのままで決定!←これがすべての始まり

●時は経ち、長男・次男・三男誰もいなくなった──
(孫Aの独白)
田舎にじいさん名義の土地があるらしいんだ。別に欲しくないけどさ。そのままでいいのかなと思って。なになに? 誰かの名義にするには、兄弟、いとこが全員集まって、話し合って決めなきゃならないだって? いとこなんて馴染みないなあ。どこにいるかも知らないくらいだし。まっ、名義はじいさんのままでいいか。別に欲しくないからさ。あんな田舎の土地。
f:id:taxjolly:20171107191746p:plain
 *結局、孫世代でも名義おやじのまま

●さらに時は経ち、孫たちは誰もいなくなった──
(ひ孫Xの独白)
ひいじいちゃん名義の土地、俺のものにしたいんだ。超極秘情報があってね。あの土地これから値上がり必至なのよ。どうにかして俺のものにならないかな。まっ、情報は俺しか知らないわけだからな。正攻法でいくか。なに? あの土地を俺の名義にするには、兄弟、いとこ、またいとこ全員の実印がいるんだって? ひとりも漏らさず?・・・・・なんだよそれ。またいとこってなんだよ? 誰だよ? 何人いるのよ? どこにいるのよ? わけわかんないよ。名義変えられないじゃん! 俺のものにならないじゃん! 俺のものにならないじゃ~ん!
f:id:taxjolly:20171107191757p:plain
 *結局、ひ孫世代でも名義おやじのまま

●そして、名義はおやじのまま、ひ孫たちは誰もいなくなった──

■■■
土地は、所有者不明へ

こうして、相続にともなう名義変更がされないまま数世代が経過。その結果、できあがる(?)のが〝所有者不明土地〟なんですね。つまり、持ち主(というか、もとの持ち主の相続人)がいっぱいいすぎて、わけわからん。←これが所有者不明土地の本質です。

むかしむかし、登記簿上の所有者(=持ち主)が死亡→名義変更なし→数世代が経過→持ち主の相続人がいっぱい(数十人、ケースによっては100名以上)

所有者不明土地は、地域にとって決して望ましいものではありません。


つづく


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


売上代金の管理にきびしい会社になろう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


特別むずかしいことじゃない。当たり前のことを地道にコツコツと。やるべきことを淡々と。こういったことが、じつは大切だったりする。

■■■
1日でも遅れるとすぐに言ってくるから、払ってるはずだよ

会計事務所:ちょっとすみません。仕入先の〇〇社に対する支払い、遅れてませんかね? 
会社:どこ? 〇〇社だって?
会計事務所:はい。仕入代金の前月分が残ってるんですけど。払ってないことになってるんですけど。
会社:それはないなあ。あそこは1日でも遅れるとすぐ言ってくるからさ。会計処理間違えたかな。払ってることは間違いなく払ってるよ。

「あそこは1日でも遅れるとすぐ言ってくるから、間違いなく払ってるはずだよ」お客さまからたまに聞くセリフです。うるさく言ってくる相手のものは、約束どおりに支払う。多少遅れても何も言ってこないところのものはあと回し。いい悪いでいえば、よくない。でも、人の心理として、わからなくもありません。

■■■
売掛金の管理にきびしい会社だと思われることが大切

立場を変えて、あなたの会社が売上代金をもらう側になったとき。売掛金をキチンと回収するために、忘れてならないのは、約束の日を1日でも遅れるたら、すぐに連絡すること。売掛金の管理にきびしい会社だと思われることが大切です。そういう会社への支払いは、遅れることは少ないでしょう。

f:id:taxjolly:20171105073131p:plain
 *入金が1日でも遅れたらすぐ連絡を!

逆に、遅れても、まったくアクションをしないとどうなるか? 売掛金の管理が甘い会社だと思われてしまいます。甘い会社への支払いは後回しになる可能性あり。あるいは、数か月たって「あの代金、もらってましたっけ?」なんてことを、こともあろうに相手の会社に聞いちゃったり。これは禁句です。数か月前の売掛金の話などしたら、ここぞとばかりに値引きの話にされてしまいます。


特別むずかしくなく、当たり前にやるべきことを淡々と。約束の日に入金がなければ連絡を。こういったことが、売掛金の回収には、じつは大切だったりする。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。