社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

消費税の軽減税率で訴訟が増える(?)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


今年(2019年)10月から消費税率が8%から10%になります。同時に導入されるのが軽減税率。飲食料品と定期購読の新聞には8%の軽減税率が適用されるのはご存知のとおりです。一消費者として、高いと低いではどちらがいいかと聞かれれば、税率は低いほうがいい。でも、その軽減税率には、いろいろとあやふやなところもあるようで。

■■■
軽減税率で訴訟が増える(?)

軽減税率先進地域のEU諸国では、税金関係の訴訟の多くが税率に関することだといいます。その取引の消費税は何%かで争う。10月からの日本に当てはめると、飲食料品(8%)か、それともそれ以外(10%)かで裁判をするということです。

出前は、食料品の販売になるので軽減税率です。したがってお弁当屋さんが会社に配達するのは8%。でも、そこで給仕をしたら、とたんに10%になる。給仕を伴うとそれは役務の提供、食料品の販売ではないという考え方です。お弁当を置いてくるのはOK。でも誰かの席まで持っていったら、それは給仕で10%になるということですかね?

どこからが給仕になるのかな。さすがに席に持っていくだけで給仕にはならないと思うけど、要するにそういうところで争うわけです。

f:id:taxjolly:20190325072240p:plain
*増える訴訟に、裁判所が機械的に処理するの図


■■■
スッキリしないことは他にも───

スッキリしないことには、外食チェーンでの脱税(?)問題もあります。「持ち帰り」(8%)といっておきながら、ちゃっかり席で食べる(10%)。追っかけて行って差額をもらうわけにはいかない。

たとえ豪の店員がいて、請求しても「持ち帰るつもりだったけど、気が変わった」そう言われたらおしまいです。税率が決まるのは、あくまで販売のとき(つまりレジでお金を払ったとき)なのです。


なんだかいろいろがあやふやで、トラブルが予想されるのが10月からの軽減税率・・・



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


記事が900になった!の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
記事が900になった!

今回の投稿で、記事が900になりました。ひとまずの目標、1000がみえてきたような気がします。


作家の星新一がショートショート1000編間近の頃、対談でこんなことを言っていました。曰く。───999編になったら、つぎの作品は数編をまとめて発表する。どれが1000編目かわからなくしてやろうというのが密かな楽しみなんだ───。

実際にそうしたかは不明です。でも、その故事にならい、ぜひ1000回目の投稿は同時に(・・・と思ったけれど、同時に記事の公開なんて技術的にできないんだろうな)。


f:id:taxjolly:20190321113647p:plain
*1000回達成を祈念して、ホシヅルを模す。ホシヅルは星新一が開発(?)した鶴のイラスト。星新一の誕生日でもある9月6日は「ホシヅルの日」です。

f:id:taxjolly:20190321114205p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


生産緑地2022年問題序説(その弐)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
生産緑地2022年問題の解決策、特定生産緑地

2022年。市場に大量の宅地が供給され、地価暴落⁉ これが一部でささやかれている生産緑地2022年問題です。国はそれを未然に防ぎたい。そのために何としても生産緑地の宅地化を阻止せねば。

関連する記事
blog.takahasikaikei.com

そのために、まず国がしたこと。それは、発想の転換(?)。宅地化すべきとしてきた生産緑地を、都市部にあるべきものと180度考え方を変えたんですね。

f:id:taxjolly:20190319203001p:plain
*昨日と今日では正反対

つまりは、都市部にあるべきものなんだから宅地にすることないよね。と、こう理論武装して、つぎに作ったのが特定生産緑地なる制度。

今までの生産緑地は特定生産緑地にしなよ。特定生産緑地は税金で優遇するよ。特定生産緑地以外は、税金高くするよ───いっていみれば、アメとムチを用意したわけ。

f:id:taxjolly:20190319203149p:plain
*用意したのは、アメとムチ

■■■
で、結局どうなる?

で、結局こうなります。

f:id:taxjolly:20190318184320p:plain
特定生産緑地にすると税金面でつぎのような優遇が受けられます。
 固定資産税➡農地としての安い税額
 相続税➡将来の相続のとき、納税猶予が受けられる

それとは逆に───宅地化したり、従来の生産緑地のままだと(つまり特定生産緑地にしないと)税金面で不利な取り扱いを受けることになってしまう。

f:id:taxjolly:20190318184242p:plain
● 宅地にすると、
 固定資産税➡宅地として高い税額(当たり前だね)
 相続税➡すでに適用をうけている猶予税額の一括納付(利息も含めて!)
● 従来の生産緑地のままだと、
 固定資産税➡宅地並みのやや高い税額
 相続税➡将来の相続のとき、納税猶予は受けられない


───あなたならどちらを選びますか? アメとムチ───




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


生産緑地2022年問題序説(その壱)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


一部でささやかれている「生産緑地2022年問題」なるものがあります。

■■■
生産緑地2022年問題とは?

ときは2022年。市街化区域にある農地。その中でも生産緑地の指定をうけたものの多くが、市区町村に対して買い取りの申し出をできるようになります。

f:id:taxjolly:20190314195522p:plain

 

買い取りの申し出に、市区町村が応ずることはまずありません。買い手がいない農地をどうするか? 市区町村に断られたあとは、農地を宅地にすることが可能になります。宅地化して売却する。その結果、市場に大量の宅地が供給され───地価が暴落・・・。←これが生産緑地2022年問題です。

■■■
この問題に対する答えは発想の転換(?)

この問題に対する国の答えは、なんと!

f:id:taxjolly:20190315071906p:plain
*表情は同じでも、考え方が180度変わっている!

 

発想の転換(?)。従来は、生産緑地は ”宅地化すべきもの” でした。それを、生産緑地は ”都市部にあるべきもの” と考え方を変えたんですね。

そこで用意された制度が「特定生産緑地」なる制度。宅地化なんておよしよ。特定生産緑地として、農地のままにしておくのがいいよ。生産緑地は都市部にあるべきものになったんだから! 特定生産緑地なら税金面で融通きかすよ───妙案です。これで宅地化が抑えられるなら、2022年問題は起きません。

んっ? 特定生産緑地? 税金面で融通? そのあたりの解明は後日の記事で。


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


俺たちに明日はない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
俺たちに明日はない

2018年分(平成30年分)確定申告は、今日が期限です。

f:id:taxjolly:20190312073202p:plain



17:00までに税務署へ行けない。e-Taxの環境もない。そんなときの最終手段は申告書の郵送です。本日中の通信日付印(いわゆる消印)が押されれば、申告期限に間に合ったことになります。


24時間営業の郵便局へ走れ!

f:id:taxjolly:20190315064608p:plain
*消印日が提出日になるのは、郵便または信書便で送る場合です。ゆうパック、ゆうメールだと到着日が申告日になるのでご注意を。

f:id:taxjolly:20190315065308p:plain
*申告書をお忘れなく。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


マンションが建っているのにマンション適地ではないとは、これいかに? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


*この記事に登場する「広大地の評価」は、現時点では廃止されています。

■■■
広大地はマンションが建つような土地はダメ

税法における土地評価の論点に、広大地の評価なるものがあります。広大地に該当すると土地の評価が下がります。ひとつ100円のりんごも1000個買えば単価が下がる。同じ理屈で、広大な土地は㎡あたりの評価が下がるというわけです。

ただし、広大地に該当するのは、戸建て用地のみ。マンションが建つような土地はダメということになっています。ということは、実務では、その土地がマンション適地かどうかが大きな鍵を握っているんですね。

■■■
マンションが建っているのにマンション適地でない(?)

で、あるセミナーで聞いた話。───現にマンションが建っている土地。その土地の評価で広大地と申告し、いろいろあったけど結局は認められた───。広大地はマンション適地はダメでしたよね。そこにはマンションが建っていた。ふつうに考えれば広大地はダメなはず。でもOKだった。なぜか?

マンションが建っているけど、マンション適地じゃないから。その土地は本来マンションを建てるのに適していない土地。そこに無理やり(?)マンションを建てちゃった。そもそもはマンション適地じゃないから広大地OK。こんな理屈です。

f:id:taxjolly:20190309144152p:plain

・・・・・すごいですね。

マンションを目の前にして、この土地はマンションに適していないとの発想はなかなか出てきません。

まるで、浮気の現場に踏み込まれたにもかかわらず───これは浮気じゃない。そうだろう? おれが浮気するはずないじゃないか。小心者のおれが・・・よりによってお前の親友と・・・浮気だって? ありえない───と全裸で言っているようなものかな(この比喩は適切でないという人はいるかもしれない。反対に、じつに適切だと思う人もいよう)。

こういう発想の転換(といっていいかよくわからないけど)が生きていくうえでとても大切だと思った次第です。

f:id:taxjolly:20190313184907p:plain

*2018年(平成30年)から広大地の評価は廃止され、今は、より形式的な「地積規模の大きな宅地の評価」が採用されています。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


某大手自動車メーカーをめぐるニュースを聞いていると──、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
某大手自動車メーカーをめぐるニュースを聞いていると──

先日くるまの中でラジオを聞いていたときのこと。今話題の某大手自動車メーカーの前会長をめぐるニュースで、アナウンサーが、

「ゼー・・・ゴーン前会長が(以下省略)」

んっ? 出だしがゴーじゃない。ゼー? 「ゼ」ではなく確かに伸ばした。もしかして「ゴーン」を「ゼーン」と言いそうになったのかな? すると続くのは「ごん会長」なる。

ゴーン前会長→ゼーンごん会長。わかるような気がします。そういう言葉の前後の入れ間違いはよくありますから。そうなると、こちらの頭の中は「ゼーンごん会長」でいっぱいになるわけで。

以来、アナウンサーがその関連ニュースを読み上げるたびに、「ゼーンごん会長」と言い出しはしまいかとひやひやしています(いやじつは、そう言ってくれまいかと期待している自分がいる)。

f:id:taxjolly:20190309133245p:plain

■■■
その手があったか!

とここまででこの記事を〆ようと思ったそのとき、ある新聞の一面が目にとまりました。そこには「ゴーン元会長」なる言葉が。その手があったか!

「ゴーン前会長」を「ゼーンごん会長」と言い間違えてしまうのは、「ゴーン」と「前」のおしりの音が同じ「ん」、つまり韻を踏んでいることが遠因なわけです。「元」なら韻を踏まないので(ここは ”もと” と読もう。”がん” だと韻を踏んでしまう)、言い間違いの心配はないのだ!(いや、新聞という紙媒体にはそもそも言い間違いはないんですけどね)

それにしても、ごん会長ってなんだ?



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。