読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

75%対52%。電子申告が義務になる、らしい、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
電子申告の利用率は、中小企業のほうが高い

電子申告という制度があります。ご存知のかたも多いでしょう。税金の申告書を紙で出すのではなく、データで送信するというもの。

その電子申告の利用率、大企業と中小企業とではどちらが高いとおもいますか? IT環境は大企業のほうが整っているはず。ゆえに大企業のほうが高い。中小企業はまだまだだな。こうおもいますかね。でも、意外や意外。中小企業のほうが進んでいるのです。

f:id:taxjolly:20170428064517p:plain
 *電子申告は、中小企業のほうがすすんでいる

その大きな理由は、中小企業は税理士が申告しているケースが多いこと。税理士が電子申告をすれば、電子申告の利用率は上がる。電子申告は便利だし、コストはゼロに近い。税理士の中では電子申告がほぼ当たり前になっています。中小企業の利用率は高くて当然ですね(ちなみにわたしの事務所は100%電子申告です)。

f:id:taxjolly:20170426073155p:plain
*電子申告の知名度がアップした今ではそんなことありませんよ(もちろん、テータ受信メールがありますので)。


■■■
電子申告が義務になる

これに対して、大企業。独自の会計システムを使って、申告書の提出は会社が自ら行っていることが多い。申告書の提出には税理士が関与していない。電子申告したからといって税金が安くなるわけじゃないし、やり方を変えるのは面倒くさい。今までどおりでいいや。こんな感じ(?)で電子申告が思ったように進んでいないんですね。

タイトルにある75%と52%。これは、電子申告の利用率です。中小企業=75%、大企業=52%というわけ。

国としては、書類の多い大企業の電子申告を進めたい思惑があるんでしょうね。→電子申告が義務になるとの報道がありました。罰則はおそらくつかないでしょう。でも、これで大企業も重い(?)腰を上げることになるんでしょうか。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


専門誌は読まない。でも、見る、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



f:id:taxjolly:20170417074302p:plain

■■■
専門誌は読まない。でも──

専門誌というものがあります。こんな分野にも⁈ という分野にもあったりしますよね。もちろん、税金や会計の分野にもあって、わたしもいくつか定期購読しています。週に1ぺん届いたり、月に1度届いたり。事務所には、当然それらが過去の分から揃っているわけで、以前お客さんに聞かれたことがあります。

「それ、全部読んでいるですか?」

残念ながら(?)、全部読んでいない。でも、見ている──。

見ている? 見てるってなに? マンガじゃないんでしょ? 読まなくていいの? こう言われちゃいそうですね。でも、いいんです。見ておけば──。見ておけば、後日、ああ、この件に関係する記事がどこかにあったぞ。あれに載っていたかな、と気づく(ことがあるかも知れない)。そのために、ページをめくって誌面を見ておく。

もちろん、読むこともあります。でもそれより、全ページをめくって、見ること。知らない人からは、単にページをめくっているだけに見えるかも知れませんけどね。ペラペラめくって、見ることが大事なのです。

f:id:taxjolly:20170417083332p:plain
  * これが大事



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


専門家だってネットで調べる──、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
お医者さんだって、専門知識を検索する

うろ覚えですが・・・、以前、医者は職業上の疑問についてネット検索するか。こんな記事を読みました。ネットにあふれる情報はあまり信用できないというネット情報もある昨今。でも、意外や意外(?)、多くの医者は、専門知識の範疇のものをネットで検索している。そんな内容でした。

f:id:taxjolly:20170414072725p:plain
 *お医者さんだって、専門知識を検索する

■■■
税理士だって、専門知識を検索する

専門家が、自らの専門分野に関する知識をネット検索をする。これは、もう当たり前に行われているはず。それは医者さんだって。それに税理士だってしかり。わたしも会計や税金に関する検索はします。

ただ、もちろんサイトに書いてあるからといって、その情報だけで判断することはないですよ。

まず、気をつけるのは、それはいつ時点の情報かということ。税金に関する決まりは年度ごとに変わりますからね。そのときは正しい情報であっても、今はそうじゃない。そんなケースはいくらでもあります。

それに、そもそも、ネットはあくまでヒントを得るところだと心得ています。欲しいのは、深く中身に入っていくためのヒント。ヒントを得たら、そこから先は専門書で確認する。あるいは、税理士向けの専門サイトで確かめる。

ということで──、たとえ、わたしのパソコンの検索履歴に「消費税 税率」なんてキーワードがあったとしても、それは〝なにか〟を深く知るためのことですので・・・。消費税の税率を知りたいからではありませんよ。

f:id:taxjolly:20170414185606p:plain
 *税理士だって、専門知識を検索する・・・




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


聞き間違え、またはすれ違いについての一考察、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
聞き間違え、またはすれ違いについての一考察

聞き間違えということ、ありますよね。

先日のわが家の会話。わたし「あしたは、強風なんだって」妻「えっ? なに? 4月上旬?」強いていえば(←ここは強調したいところだ)、あしたと4月、強風と上旬は似てなくもない。でもそれは、文字数によるところが大きい。

f:id:taxjolly:20170418074955p:plain


わたしは、唐突に「4月上旬」と言う男ではない。それに、もう4月下旬だし。

言ったことを理解してもらえない。こういうところから夫婦は、すれ違っていくのだろうか(単なる聞き違いならいいけれど・・・)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


印鑑証明の手数料は〇〇費←唯一絶対の真実か、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


電気代を支払った。これはわかりやすい。給与を支払った。これも迷うことはすくないでしょう。では、印鑑証明の手数料を支払った。この場合は?

■■■
何費にするかに唯一絶対の正解はない

会計事務所には、「✖✖に使ったお金は何費ですか?」という質問が結構多い。気持ちはよくわかります。経理に不慣れな段階ではそこが悩ましい。✖✖に使ったお金は、はたして何費(勘定科目)になるのだろうか。

じつは、それに対しては唯一絶対の正解はないんですね。✖✖に使ったお金は、〇〇費としなければならない。こういった決まりはないのです。

では、実際にどうしているかといえば、それは最大公約数的な考え方。だいたい〇〇費にしていることが多いから。とか、〇〇費なら多くの人がまぁよしとするんじゃないの。こんなニュアンスです。

f:id:taxjolly:20170411182517p:plain
 *じゃあ〇〇費で!

■■■
いい加減のようだけど、守るべきこと

いい加減? そう、人によってはいい加減だとおもうかも知れませんね。気分で決める(?)ようなこともありますから。そんないい加減でファジーな勘定科目でも、守っておきたいことがあります。それは、同じ内容の支払いは、ずっと同じ勘定科目とすること。

ある支払いが、あるときは〇〇費、またあるときは✖✖費。これはよくありません。多羅尾伴内じゃないんですから。おなじ内容の支払いは、ずっとおなじ勘定科目で。そうでなければ、年度ごとの比較ができません。

f:id:taxjolly:20170411184144p:plain
 *同じ支払いなのに、その都度ちがう。↑ こういうのはよくない。


さて、冒頭の印鑑証明の手数料。どうでしょう。何費にしましょうか。唯一絶対の正解はないのは上にあるとおり。──ふつうは、租税公課か雑費でしょうかね。


先日、印鑑証明の手数料は何費ですか? こう聞かれたとき、「雑費で」と答えました。そうしたら、なにか聞くといつも雑費と答えますね、ですって。そうそう、守っておきたいことがもうひとつありました。

それは── なんでも雑費にしないこと

f:id:taxjolly:20170417183031p:plain
 *なんでも〝雑費〟←これもよくない。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


A市からB市へお引越し。さて、届け出するのはどっち?の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
税務署が変わったら両方に届出をする必要があった

あなたの会社が本店をお引越し。A市からB市へ。所轄の税務署も変わった。本店移転の登記を済ませたら、税務署に異動の届出をしなければなりません。そこであなたは迷う。届出書は移転前の税務署に出すのか、移転後の税務署に出すのか。いったいどっちだい?──

じつは、両方に出す。これが正解です。本店を移転してその前後で所轄の税務署が変わったときは、その両方に届出をする必要あり、でした。

■■■
届出をするのは、どっちだ?

この伝統(?)が、2017年度(平成29年度)の税制改正で変わりました。両方に出さなくてよくなったんですね。つまり、どちらか一方に出せばOKに。税務署はどの税務署であろうと同じく国の機関。今まで両方に提出しなければならなかったことがおかしい。──それはさておき──、出すのはどっちでしょうか? 前か後か?

 f:id:taxjolly:20170412070404p:plain

なんとなく、異動後(つまり新しいほう)の税務署にだけ出したくなります。でも、それはグッと我慢してください。移動前(つまり古いほう)の税務署だけに出す。これが正解です。

 f:id:taxjolly:20170412071331p:plain

異動後の新しい税務署へは届出不要です。もちろん、税務署間の連絡で、あなたの会社のもろもろの情報は新しい税務署に引き継がれますので、ご安心を!(いろいろ引き継がれないほうがいいなあ、なんて言ってはいけませんよ)

 f:id:taxjolly:20170412072359p:plain
 *もちろん、こういった類の挨拶も不要です



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


借金あるのいやいやしゃ(無借金経営に死角はない?)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



 f:id:taxjolly:20170408084239p:plain

無借金経営。この言葉にあこがれる社長は多い。借り入れがなければ、借金返済する必要ないからな(←当たり前ですね)。いつかはなりたい無借金経営──。

ふつうはいいことのようにおもえる無借金経営。でも、ほんとうにそうなのか。会社に借金がないことはいいことなのでしょうか。無借金経営に死角はないのでしょうか。

■■■
無借金経営に死角はないのか

あなたの会社には借り入れがない。これはあなたの会社が、おもに預金することでしか銀行とつながっていないことを意味します。そんなあなたの会社がよんどころのない事情で借り入れが必要になった。

突然借り入れの相談をうけた銀行の反応はどうでしょうか。なんかよくわかんない会社から借入の申し込みがあった。←こう思われて、いい対応をしてもらえない可能性が高い・・・。でも、現に借り入れをしていて、定期的に決算報告をしている先の銀行なら、そんなことはない。

■■■
銀行とつながっておくための借入(?)

世間では、つき合いで借り入れをしておく、なんて言い方をすることがあります。とくに必要はないんだけど、銀行とつながっておくためにお金を借りておく。こんなニュアンス。

いまはお金はいらない。でも、いざ資金が必要なときのことを考えて、借りておこう。つき合いがあれば、本当にお金が必要になったときに声をかけやすいからな。知らないところより、知っている先から声をかけらたほうが、銀行だって動きやすいだろうし。それに、手元にキャッシュがあるのはわるいことじゃない・・・。

借金がなくてもやっていける体力をつけるのは、大いに結構。でも、こんな考え方 だってあるんです。


<借金に関する格言>

まんが家の西原理恵子さんが、モチベーション維持の秘訣を聞かれて、
〝借金があること〟
f:id:taxjolly:20170408084320p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。