読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

今年(2017年)から「医療費のお知らせ」が領収書になる、の巻

個人的な税金のハナシ編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
今年(2017年)から「医療費のお知らせ」が領収書になる

所得税の医療費控除をうけるときは、領収書が必要です。税務署に領収書を出さなければなりません。領収書の整理もたいへんだし、場合によっては領収書を入れた封筒がパンパンになることもあります。

f:id:taxjolly:20170217072547p:plain
 *医療費の領収書で封筒パンパン

その領収書がいらなくなります。もちろん、捨ててよくなるわけではありませんよ。でも、税務署に出さなくてよくなるのです。その代わりにどうなるかといえば・・・

●自分で書いた明細書、協会けんぽなどから届いた医療費のお知らせを税務署に出す
●領収書は、5年間自宅に保管する。その間に、税務署の人から見せてね、と言われたらいつでも見せられるように。ただし、医療費のお知らせに載っている領収書は保管不要です。

じつは、この⤴〝ただし〟以降が重要です。今までは、協会けんぽなどからの医療費のお知らせは一切医療費控除では領収書として認められなかったんですね。それがOKになった。領収書として認められるようになった。ということで、医療費のお知らせを見て、それに載っている分の領収書(⇒病院の窓口でもらった領収書)は捨てていいのです。

f:id:taxjolly:20170217073034p:plain
 *医療費のお知らせに載っているものは、保管不要!

このようになるのは、今年(2017年)の所得税からです。つまり、来年申告する分から。今年申告する2016年分については、今ままでどおり領収書が必要ですのでカン違いなきよう。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


土地を売ったとき、税金以外にも気にかけることがある、の巻

個人的な税金のハナシ編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
土地を売れば税金がかかるのは当たり前。でも、場合によってはその続きがある。

土地を売った。このとき、税金の申告しなければならない。当然、それに見合った所得税や住民税を支払う。←このことは多くの人が承知しているはず。

f:id:taxjolly:20170213075107p:plain
 *土地を売ると、税金がかかる

でも、じつはそれだけではありません。所得税・住民税以外にも土地を売ったことで影響をうけることがあるんですね。なんとなく、確定申告をして所得税・住民税を払えば、ひと安心。もうやっかいなことなし。こうおもいます。でも、場合によってはもうすこし続きがあるのです。

●国民健康保険などの保険料
国民健康保険、後期高齢者医療保険、65歳以上の人の介護保険。それぞれの保険料は、所得によってきまります。所得には土地を売ったことによるそれも入る。ということは、土地を売った年の翌年の保険料はグーンと上がることも・・・
f:id:taxjolly:20170215071731p:plain
 *翌年の各種保険料が上がることも

●後期高齢者医療保険の窓口負担
後期高齢者が病院の窓口で負担するのは一割。ただし、所得の高い人は三割になります。所得には土地を売ったことによるそれも入る。ということは、土地を売った年の翌年の窓口負担はグーンと上がることも・・・

f:id:taxjolly:20170215071845p:plain:w300
*翌年の窓口負担が上がることも


どちらも現役世代で社会保険に加入している人には関係ありません。でも土地を売るのはリタイア後で、社会保険に入っていないかたの比率も高いはず。土地を売ったとき気にかけるのは、所得税・住民税だけでないことにご留意を!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


申告期限延長の物語、の巻

会社にまつわる税金編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
法人税の申告期限は1か月延長することができる!

法人税の申告期限は、決算日から2か月以内が原則です。その期限が、平成29年度(2017年度)の税制改正で最大6か月後までに延ばせるようになります。

f:id:taxjolly:20170212073020p:plain
 *延長の理由は、株主との充実した対話を促進するため、だそうです。


じつは、いまでも、6か月には及ばないけれど、〝1か月の申告期限の延長制度〟はあるんですね。3月決算法人なら、5月末ではなく6月末までに申告すればいいよ、という制度です。

もちろん、これは2か月以内という原則に対する例外なので、要件があり、かつ手続きが必要。

■■■
延長の要件と手続き

要件のひとつは、株主総会が決算日から3か月以内に開催ときまっていること。法人税の申告は株主総会の承認をうけた決算にもとづいて行います。したがって、3か月以内に株主総会を行う会社は、時間的に2か月以内の申告はムリ。だから延長を認めましょう、というわけ。いまそうでなくても(3か月以内開催でなくても)、定款変更の手続きによって株主総会の時期を変えれば、この要件はクリアです。

f:id:taxjolly:20170212080307p:plain
 *要件➡株主総会が決算日から3か月以内ときまっていること

手続きは、きめられた日までに申請書を出すこと。役所に出す申請書ときくと、なんだか面倒くさい。数センチの書類の厚さを想像します。でもこの申請書はA4一枚。記載する項目もすくなく、添付書類もいりません。

 f:id:taxjolly:20170212080656p:plain
 *手続き➡きめられた日までに申請書を出すこと

要件と手続きは、ややこしいことはないようです。大した手間もかからず、申告期限を1か月延ばせる。余裕をもって決算を組める。いいことづくめじゃないか! でもじつは、この制度には落とし穴があるのです。

■■■
延長にひそむ落とし穴とは?

落とし穴その1➡消費税に延長制度はない
法人税の申告期限が延長されるんだから、同じように税務署に申告する消費税もいっしょに延長される。そうおもいたくなります。でもじつは、それは延長されない。消費税の申告はあくまで2か月以内。ということで、消費税だけ先に申告をしておかなければならないんですね。

落とし穴その2➡納付期限は延長されない
法人税の申告期限が延長されるんだから、納付期限もいっしょに延長される。そうおもいたくなります。でもじつは、それは延長されない。納付期限はあくまで2か月以内。ということは、3か月後に納付すると期限を遅れて納付することになる。その分の利子税を税務署に支払わなくてはならないんですね。


そんな1か月延長制度ですが、じつはうちのお客さまで採用しているところはゼロ。まわりの同業者にきいても、その数は決して多くはないようです。やっぱり、延長にひそむ落とし穴をきくと敬遠したくなるのかな。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


青色申告とGHQ、青色吐息と青息吐息の物語、の巻

個人的な税金のハナシ編 もろもろ税金のこと編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
青色申告とGHQ、青色吐息と青息吐息の物語

青色申告という制度があります。個人事業主のそれが有名ですよね。

青色といえば、青色吐息という言葉がある。いい意味ではない。税金納付して青色吐息・・・。これはよくない。つまり、青色というのは、税金関係の用語としてよろしくないんじゃないか。なぜ青色申告と命名したのか?←こうおもいませんか?

f:id:taxjolly:20170209065648p:plain

むかしむかしの終戦直後、GHQから派遣されたえらい人が、「あの澄みきった青い空のような晴れやかな気持ちで、税金の申告をすべきだ」と提言した。それがその名の由来との説があります。GHQから言われちゃしょうがないな。アメリカ人だし。青色吐息なんて言葉知らなくても仕方ない・・・

と、ここまで 違和感なく書いたところ・・・

賢明な皆さまはお気づきとおもいますが、じつは、青色吐息という言葉はありません。古来日本にあるのは青息吐息(あおいき-といき)です。カン違いしました。反省しています。でも、そのカン違いをなにかのせいにするならばそれは、昭和の歌謡曲「桃色吐息」のせい。そんなタイトルの歌がかつて流行ったのです。それ以降日本人の頭に「青色吐息」という誤用が刷り込まれてしまったんじゃないか?

f:id:taxjolly:20170209073047p:plain
 *桃色吐息という歌のタイトルのせいで誤用が広まった(?)

そんな自己弁護はどうでもいいかも知れませんね。ともかく、GHQはわるくなかった!

まさに、いままさに確定申告時期到来。GHQから派遣されてきたえらい人ごめんなさい。代わりに言います。──税金は澄みきった青い空のような晴れやかな気持ちで申告しましょう!──



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


記事が600タイトルになった! の巻

エッセイ風に、なんでもあり編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
記事が600タイトルになった!

この投稿が600本目の記事です。一つひとつ数えたわけではありませんよ。はてなブログの場合、記事を公開すると「ブログ投稿数」が表示されるのです。その数がこの記事で、記念すべき(!)600になったというわけ。

600というのは、区切りということではなんとも中途半端ですよね。でも、「記念すべき」でよしとする。

f:id:taxjolly:20170208070819p:plain

第1回目の投稿は、2013年7月29日のことでした。最初の1年は月~金までの週5回の投稿。その後は、月水金の週3回の投稿をつづけています。

このまま、1000回を目指しましょう。1000という数字には特別な意味があるときいたことがあります。なにが起こるかわからないけど、1000回を達成すれば自分の中でなにか化学変化が起こると信じて・・・

週3回だと月に12回、年に144回。3年で432回。夏休みや年末年始があるので、3年半後の2020年東京オリンピックのころに達成できるのかな。


f:id:taxjolly:20170208070830p:plain
 *イラストを描いてから思い直した。1000はやめて、1001にする!




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


〝すぐやる〟は業績良好のしるし(?) の巻

経営に関するエトセトラ編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
〝すぐやる〟は業績良好のしるし(?)

わたしの事務所のお客さまのなかで長期にわたってもっとも業績のいい会社。その会社の社長の特徴はなんといっても、〝すぐやること〟です。せっかち、というのとはすこし違う。でも、〝すぐやる〟です。もちろん、どんなことでも。

f:id:taxjolly:20170207071151p:plain

おもうに、これはストレスを貯めたくなんでしょうね。やらなくちゃ、やらなくちゃでそのままにしておくことほどストレスの溜ることはありません。ならすぐやってストレスの原因を取り除いちゃえ。←ストレスなく、本来の業務に集中することができる。こんな小さな積み重ねが大きな成果になっているのかな。

そのお客さま。年賀状の手配も早い! 昨年、えっもうこんな時期に? という頃に年賀状の手配を済ませたというようなことを話していました。←毎年、年賀状が年末ギリギリになるわが身にとってぜひ見習いたい。f:id:taxjolly:20170207073048p:plain
 *さすがにここまで早くないですが・・・


もうひとつ、その社長の特徴。机回りがきれいなこと。雑然とした印象はまったくありません。製造業の社長なので、もともと整理整頓は身についているんでしょうけど。

これもストレスに関係があるような気がします。目の前がスッキリしていれば視界良好。よけいなものが目に入らなけらば気が散りませんからね。

関連しているけど、まったく反対の内容の記事

blog.takahasikaikei.com


なにごとも、先延ばしにする理由はいくらでも考えつくもの。でも、そんなことを考えているならその間にやっちゃったほうが精神衛生上いいこと間違いなし!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


青色申告取り消しの物語、の巻

会社にまつわる税金編 個人的な税金のハナシ編

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
青色申告は不祥事があると取り消される

青色申告という制度があります。個人事業主の青色申告が有名ですよね。でも、じつは、法人にも青色申告はあります。どちらも税金の世界で優遇をうけられる制度。いくつか要件があって、きちんと帳簿をつけているというのもそのひとつです。

優遇制度なので、なにか不祥事(?)を起こしたら青色申告が取り消しされてしまいます。その結果、税金が増えてしまうことも・・・

■■■
2回連続の期限後申告で取り消される。ただし・・・

その不祥事に、申告を怠ることがあります。決められた期限を過ぎてから申告をする。期限後申告といわれるものです。期限後申告をすると、青色申告が取り消されます。そうはいっても、1回だけならたまたまのこと(?)もある。2回連続期限後申告をすると取り消しますよ、ということになっています。


f:id:taxjolly:20170205074646p:plain


ただし、2回連続期限後申告で青色申告が取り消されるのは、法人のみ。個人事業主には無縁のお話です。個人事業主には、2回連続して期限が遅れたらダメ、という決まりはないんですね。

■■■
個人事業主、取り消しはなくても損なことはある

ということは、個人事業主は毎年毎年必ず期限を遅れて申告しても、それが理由で青色申告を取り消されるということはありません。でも、だからといって「よしっ、じゃあこれからは安心して期限後申告だ! 3月は税務署は混むからな」←こういう考えは危険ですよ。

個人事業主には65万円を差し引ける青色申告特別控除という制度があります。これは期限内の申告が要件なんですね。つまり、期限後申告のときはそれがうけられなくなる。また、無申告加算税というペナルティもあります。

青色申告取り消しの心配はないけれど、損なこともいっぱいある。期限後申告はよくない。当たり前のことですが、個人事業主も期限後申告などなさらぬよう。

    f:id:taxjolly:20170205082244p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。