社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税金を戻してもらうための申告はもうできる! の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
確定申告期間は、2/16~3/15

2018年(平成30年)も早や1か月が過ぎ、間もなく2月。そろそろ所得税の確定申告の時期を迎えます。2月16日の初日には、今日から確定申告が始まりましたとのニュース報道などもあり、それから3月15日までの1か月が確定申告期間です。

医療費控除があるし、ふるさと納税もしたから税金が戻ってくるはずだ。よしっ、2月16日を待って、さっそく申告だ! 早く申告したほうが早く還付されるからね。あ~、早く2月16日にならないかな~。もし、会社員のあなたがこんなことを考えているのなら・・・

f:id:taxjolly:20180120144335p:plain
 *所得税の確定申告は、2月16日に始まります

■■■
税金を戻してもらうための申告はもうできる!

会社員は、本来確定申告をしなくてもOKです。年末調整で所得税の精算は済んでいますから。そんな会社員が確定申告をするのは、その多くは税金を戻してもらうため。還付申告といいます。じつは、還付申告は、確定申告期間に関係なく、1月1日からできるんですね。そう、確定申告期間に関係なく。

確定申告期間に関係なく・・・ということは、〆切も3月15日ではありません。2017年分の還付申告の期限は───、なんと2022年の12月31日まで! 還付申告は、その年の翌年1月1日から5年間提出することができるのです。

f:id:taxjolly:20180120162018p:plain
 *税金を戻してもらうための申告は、翌年1月1日から5年間が期限



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


事業年度論序説~ある事実からのアプローチ~今期とはいつのことだ? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
平成30年1月、平成30年度卒業式の着付け承りますの看板あり

先日、事務所から駅に向かう道すがら、こんな看板を見かけました。曰く。「平成30年度卒業式 着付け承ります」。

f:id:taxjolly:20180118082641p:plain

言い忘れていました。いまは、2018年(平成30年)の1月です。

さて、その看板はある美容院のもの。もちろん、意図はわかります。でも、何かがおかしい。その理由は・・・・・年度にあり。

■■■
本来なら、平成29年度と書くべき(?)

卒業式といえば学校。学校といえば、年度は4月に始まり翌年の3月に終わるのが明治以来の決まりです。で、始まりの年をもって、〇年度と称する。ということは、学校は、平成30年3月までは平成29年度なんですね。つまり、看板には「平成29年度卒業式」と書くべきだった! 「平成30年度卒業式」では1年先のことになってしまう! でも、その看板を見て、来年の予約のこととおもう人はいないだろうし、ま、いいか。

■■■
年度の特定は大切

わたしたち会計事務所の仕事では、年度の特定というのは大切です。たとえば、2018年1月に、決算期末が2017年12月の会社の社長と決算の打ち合わせをしたとします。社長が「今期は~~~」と言った。果たして、その「今期」は、いつのことか。打ち合わせをしている決算期つまり2017年12月までの期のことなのか。あるいは、現在進行中の、まさに今の期のことなのか。ここのあたりをはっきりしていないと、会話がチンプンカンプンになってしまう。

f:id:taxjolly:20180120144400p:plain

わたしですか? 〇〇年〇月期と言ったり、現在進行中の今期と言ったり、来年の〇月までの期と言ったり。特定できるような言い方を心がけています。

■■■
正解(?)は、第〇期

正解(?)は、「第〇期」という言い方ですかね。これは、まさに特定にふさわしい。しかも簡潔。でも問題は、今期(ほら出た。その今期はいつのことだ?)が第〇期かをお互いにわかっている必要があるということ。社長の中には、自分の会社が第〇期かということを非常に意識しているかたがいる一方、第〇期かどうかに頓着しない社長もいます。

うむ、やはり年度の特定はむずかしい───。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


株式分割で非課税枠を有効活用、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
増資ではなく株式数だけを増やす=株式分割

あなたは、中小企業のオーナー社長。会社のすべての株式=200株を持っているとしましょう。そんなあなたの持っている株式1株を10株にする。こんなことができるんですね。新たな資金を会社に入れるわけでもなく。持ち株数を、200株→2,000株にすることが可能です。株式分割といいます。資本金の額は変わらないので増資ではありませんよ。

f:id:taxjolly:20180117110111p:plain
*新たな資金を入れるわけでなく、持ち株数だけを増やす。これが株式分割。

■■■
株式分割では、トクも損もしない

お金を出すことなく株数が10倍になる? なんとなく儲かった気がする。こりゃいいわ。と、こんな気持ちになるかもしれませんが、じつは───、

───じつは、あなたはトクしない。当たり前、ですかね。もちろん、損もしません。株式分割によって変わるのは、株の単価。200株のときの単価が10万円だとしたら、それが2,000株になると単価は1/10の1万円になる。ということは・・・株式分割しても持っている総額は変わらない。200株✖10万円でも、2,000株✖1万円でもどちらも、2,000万円ですから。

■■■
株式分割のメリットは流動性のアップ

あっ、そう。それなら株式分割なんて意味ないよね。そう早合点するなかれ。株式分割には〝流動性が増える〟というメリットがあるんですね。

流動性が増える? 大きいより小さいほうが動かしやすいというわけね。それはわかる。でも、うちの株は上場してないし、流動性なんて関係ないとおもうんだけど。たしかに、上場していない中小企業の株に流動性なんて関係ないようにおもえます。でも───、

───でも、じつは関係ある。たとえば、あなたの会社の株式、時価が60万円だとしましょう。これを110万円の非課税の範囲内で子どもに贈与したい。この場合は、1株(=60万円)しか贈与できません。2株だと、非課税枠を飛び出してしまいますから。でも、1株だけだと、非課税枠の110万円をだいぶ余らせてしまう。

■■■
株式分割は中小企業でも活用できる

株式分割で200株→2,000株にしたらどうでしょう? 株式の時価は、1/10の6万円になり、非課税での贈与は、18株(=108万円)できます。さっきの場合と比べて、非課税枠をほぼ使い切った。非課税枠の有効活用ができた。こんなことになりますよね。
 f:id:taxjolly:20180118075403p:plain

一見、中小企業に関係のなさそうな株式の分割=株式の流動性のアップ。こんなメリットもあります。ご検討を。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


蔓延が万円になる現象、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
近頃、万円が蔓延になる

職業柄(?)パソコンのワープロ入力で、〇〇万円と入力することがよくあるんですね。それが、近頃、「〇〇万円」ではなく、最初に「〇〇蔓延」と変換されるようになったんです。もちろん、そんなときは〝万円〟に選択し直しが必要。なんとなく前回のWindowsの大規模アップグレードからのような気がします。

以前なら、〝蔓延〟と出たものを〝万円〟と選択・確定すると、つぎからは〝万円〟が第一候補になっていました。選択し直しはほぼ不要だった。ところが、今回の現象は、次回以降も、相変わらず〝蔓延〟が最初に選ばれた状態になる。今までの癖でENTERキーを押すと、〇〇蔓延で確定してしまう。それを削除し、もう一度「まんえん」からの変換で、改めて〝万円〟を選択することに。

蔓延が出て万円へ。蔓延が出て万円へ。蔓延が出て万円へ。蔓延が出て万円へ。蔓延が出て万円へ───。これはいつまでつづくのか?

f:id:taxjolly:20180116082154p:plain

「まんえん」の順序は覚えないくせに、妙に長い語句を覚えていて、たとえば、今、わたしが「げん」で変換キーを押すと、「源泉徴収に関する申告書に記載すべき事項の」が第一候補になる。そんな先回りはいらないから、蔓延をどうにかしてほしい。

ねえねえ、どうにかならない? マイクロソフトのえらい人!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


キスの法則、オッカムの剃刀、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


最近、偶然おなじ意味のことを取り上げている2冊の本に出会いました。

f:id:taxjolly:20180113173302p:plain

■■■
Keep it simple, stupid

Keep it simple, stupid.頭文字をとって、キス(KISS)の法則というものがあるそうです。アメリカの軍隊用語からきた俗語で「もっと簡単にやれ!バカモン!」こんなニュアンスなんだとか。

──むずかしく考えるな。もっと簡単に。もっと単純に。もっとシンプルに──。

決断力 (角川oneテーマ21)

決断力 (角川oneテーマ21)

■■■
オッカムの剃刀(かみそり)

ものごとについていくつかの説明があるとき、「もっとも単純な説明が、複雑な説明より正しい可能性が高い」とする原則があるそうなんですね。その原則の名は〝オッカムの剃刀〟。オッカムはイギリスの神学者の名前で、剃刀は余分なものをそぎ落とすさまからきている。

──人間の思考に含まれている余分な、雑多な付着物をそぎ落とすことによってはじめて、本質に迫ることができる──

[asin:B00YBNYCS8:detail]

■■■
私のお客さんも言っていた

わたしの事務所のお客さんにも、口癖のようにおなじことをいう社長がいます。「シンプルに」この言葉をとてもよく使うんですね。それだけが理由ということは、もちろんないでしょう。でも、その会社の変わらぬ堅調さと、ものごとにシンプルに取り組む社長の姿勢は無縁ではない気がします。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2020年度から電子申告が義務になる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


電子申告、ご存知ですか? e-Taxなんてい言い方もします。紙の申告書ではなく、データで申告するシステムです。運用開始から10数年が経ちました。いまは、電子申告するか、紙の申告書を提出するかは自由。どちらでも、もちろんOKです。その電子申告がいよいよ義務化されることになりました。

  f:id:taxjolly:20180111073032p:plain
 *電子申告がいよいよ義務化へ

■■■
会社の申告は、電子申告が義務へ

〝会社の申告は、100%電子申告で〟。国には、以前からこんな構想があります。電子申告によって、紙での申告の場合にかかるさまざまなコストを削減し、その浮いたコストを悪質な脱税摘発のために振り分けたい。そのためには、中途半端ではダメで、会社は100%電子申告で申告してもらいたい──。

2018年度(平成30年度)の税制改正で、100%電子申告に向けての第一手が打たれました。法人税と消費税についての電子申告義務化です。──ただし、すべての会社ではなく、資本金が1億円を超える大企業に限ってのこと。また、時期も2020年度からなので、ちょっと先のお話です。

すこし意外かもしれませんが・・・、じつは電子申告は、大企業よりも中小企業のほうが割合が高いんですね。大企業52%。対して中小企業75%。これが電子申告の利用割合です。その理由は、→<関連する記事>blog.takahasikaikei.com

■■■
義務化後は、申告書を紙で提出しても、無申告

電子申告が義務化になると、当たり前のこととして、電子申告以外の申告は無効になります。つまり、紙で申告書を出しても、それでは申告したことにならない。無申告として、無申告加算税がかかるというわけです。電子申告の義務化が進んでいる諸外国でも、義務違反には同じようなペナルティを課しているところが多いようです。

■■■
将来的には、中小企業も義務化(?)

さきほどもお話ししたように、電子申告義務化はひとまず、大企業に限ってのこと。でも、そうはいっても、国には、100%電子申告構想がある。将来的には義務化の範囲を中小企業にも広げてくるでしょう。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


近々、法人税の申告書への自署押印が不要になる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


会社が決算後に提出する法人税の申告書には、代表者が自署押印する欄があります。

■■■
申告書への自署押印は儀式(?)

今期1年、会社にはいろいろなことがあったはず。いいことも、また残念ながら悪いこともあったかもしれない。それらが最終的に決算書に集約され、それにもとづいて法人税の申告書ができあがる。

f:id:taxjolly:20180107110906p:plain
 *晴れたる日あり、嵐吹く日あり。それらが集約されて決算書・申告書ができあがる

このように決算・申告は、この1年の会社にとって大きな〝区切り〟ですよね。区切りには、儀式的なものがあったほうがいい。つまり、社長が法人税の申告書に自ら署名し、印鑑を押すことには、区切りを祝福する儀式としての意味がある!

f:id:taxjolly:20180107111945p:plain
 *なんと! 署名押印は儀式だったのか⁉

■■■
申告書への自署押印が必要なくなる!

そんな法人税の申告書における代表者の自署押印制度がなくなります。ただし、いつからかは未定。現段階では、なるべく早い時期に廃止としか決まっていません。

ということで、時期はともかく近い将来、申告書に自署押印という儀式(?)はなくなることに。なぜなくなるかというと、これは電子申告完全移行への布石なんですね。

国には、紙でではなく、すべての会社は電子申告で申告してほしいとの構想があります。2020年度には大企業に対して電子申告の義務化が始まります。その環境整備の一環としての自署押印制度の廃止なのです。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。