読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

わたしは朝6:00には事務所にいる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
わたしは朝6:00には事務所にいる

平日は、朝6時に出勤します。5:30頃に家を出て、6時頃に事務所に着くという生活をつづけています。なぜ朝早くの出勤になったかというと──

いま高校1年生の息子が幼かったとき、子どもとの時間を多くとるにはどうしたらいいかかんがえた。そのために朝早く出勤して夕方早く帰ればいいじゃないか! そんな発想が原点です。

でも、そうはいっても大人の世界は甘くない。こちらの都合だけで予定が決められないこと多々あり。夕方からの打ち合わせもある。早く帰るなどという計画は、なし崩し的に頓挫してしまいました。でも、朝早く出勤するという習慣だけは残ったというわけです。

f:id:taxjolly:20170315075136p:plain


その習慣を活用しようと、あたらしくしたホームページでは、朝6:30から問い合わせOKですよ、と目立つようにしました。早朝会計事務所の誕生です。でも、まだその時間帯の問い合わせはゼロ・・・


◆そんな早朝出勤歴十数年のわたしが早朝出勤の効用を。

効用その1)
朝早い社長はたまにいて、そんな社長とは朝9:00までにメールのやり取りで問題解決!なんてことがある。←これは気分がいい。
効用その2)
冬は、暗いうちから家を出ることになる。なんか、おれがんばっているなあとおもう。←これは気分がいい。
効用その3)
早起き推奨本には、朝の時間はゆったり流れる、なんてことが書いてある。そんなことはない。逆に朝の6:00から9:00までの3時間は早く感じる。←これは効用ではない。





*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


今日は2016年分確定申告の最終日、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。



今日(2017年3月15日)は、2016年分所得税の確定申告の最終日です。

それはわかっているが、人は申告のためのみに生くるにあらず。いろいろあって5時までに税務署に申告書を出すことはできない。←こんな人のために、今日中に申告したことになるふたつの技を紹介しましょう。

■■■
郵送する=今日の日付の消印をもらう

確定申告書を郵送したときは、その消印の日付で提出したことになります。したがって、今日中に郵送の手続きができれば(=今日の消印をもらえれば)、今日提出したことになります。

郵便局は午後7時までやっているところがあります。数は少ないですが、24時間営業の郵便局だって。とにかく、目指すは、〝今日中の消印〟です。

f:id:taxjolly:20170314190403p:plain

ただし、この場合の〝郵送〟には、ゆうパック、ゆうメールでの送付は含まれないので、ご注意を!

■■■
税務署の時間外収受箱に投函する

税務署には、無人受付機ならぬ時間外収受箱があります。その名のとおり、税務署が閉まった後に書類を受け付けるための箱。その箱に投函しておけば、今日中に提出したことになります。

f:id:taxjolly:20170314190423p:plain

いつまでに投函すれば、今日申告したことになるのでしょう? それは、税務署の人がその箱を開けるまでに。いつ開けるのでしょう? 3月16日に日付けが変わった瞬間に開けることはないでしょうねえ。ふつう朝来て開けます。何時に来るかはわかりませんが・・・

■■■
返信用封筒の同封をお忘れなく!

ご紹介した方法、どちらにしても、そのままでは手元には申告書を出した証拠がのこりません。必ず控の書類と返信用封筒を同封しましょう。そうすれば控の書類がお手元に届きますので。

f:id:taxjolly:20170314191624p:plain
 *切手の貼付もお忘れなく!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


単位はいくらがわかりやすいですか?の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
会計で数字を省略するときは千円単位が多い

1円単位までキッチリと表示する。もちろん、それは会計でのお約束です。でも、会計データを資料としてつかうときは、1円まで表示しないこともあります。

そんなとき、いくら単位とするか? 会計数字の省略は千円単位が多いようです。

■■■
万円単位にしてみたけれど・・・

でも、千円単位というのは、一般的にはあまり使いません。10,000千円を表記されて、それが1,000万円だとすぐにわかる方がマレ。ふつう、日常でつかうのは万円単位です。こちらの方がなじみがいい。というわけで、わたしの事務所で、社長と数字を書きながら話をするときは万円単位にしてみました。

ところが、これが結構混乱するんですね。こちらの頭には伝統的(?)な千円単位のイメージがあるところで万円単位の数字を書く。社長のお話をもとにすると今期の税金はこれくらいになりますね。と書いた数字が1,000。←これ、千円単位なら100万円ですが、万円単位なら1,000万円。いったい単位はどっちだい? いまおれはどっちの単位で数字を社長にしめしたんだろう? 混乱するんです。

 f:id:taxjolly:20170305084932p:plain
*「社長の話をもとにすると、税金はだいたいこのくらいです」って、それは単位はなんだい? 当たり前だけど、千円単位と万円単位じゃ一ケタ違うんだからね。しっかりたのむよ!

そんなバカなことあるかいな。そうおもいますよね。わたしもそうおもいます。でも、そんなことあるんです。

■■■
やっぱり千円単位がいい(?)

混乱するのはよくない。社長へも迷惑をかける。間違ったら困る。間違いの芽は早めに摘んでおくに限る。というわけで、廃止を検討中です。どっちを廃止かだって? 万円単位を廃止です。採用するのは千円単位。やはり会計の世界での千円単位の勢力はとても大きいものがありますので。

さんまは目黒に限りますが、会計数字の省略は千円に限る、かな。

 f:id:taxjolly:20170305084941p:plain:w170

殿様「今期の予測納税額をこれへ。むむっ、これはいかに?」
家臣「万円単位でございます」
殿様「ううむ、それはいかん。会計数字の省略は千円に限る」



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


社長の平均年齢と起業の物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


マンガ的表現というものがあります。古典的表現、あるいはステレオタイプ的表現といったところでしょうか。たとえば、どろぼうなら・・・、
f:id:taxjolly:20170306074739p:plain
*実際のどろぼうは、こんな格好してない。でもマンガ的表現ならこうなる。

マンガ的表現で、社長といえばこんな感じ。
f:id:taxjolly:20170306075206p:plain
この社長、年齢はどのくらいにみえますか? 50代後半から60代半ばくらい?


■■■
社長の平均年齢は、約59歳

2017年1月に公表された「帝国データバンク全国社長分析」によると、社長の平均年齢は、約59歳。これは過去最高だそうです。1990年からの平均年齢の推移をグラフでみると、これが見事な右肩上がりなんですね。1990年の54歳をスタートにして、2017年の59歳まできれいな右肩上がり。社長の平均年齢は、毎年毎年高齢化している・・・

これは単純にかんがえれば、若い人たちの起業が増えていないことが原因とおもいますよね。2006年に資本金がいくらでもよくなって、起業はしやすくなりました。にもかかわらず、起業するのはどちらかというと中高年者のほうが多いということでしょうか。


◆ 起業に必要な精神はすべて「こち亀」に学んだ!らしい
あるベンチャー企業を生んだ原動力はコミック「こち亀」だったといいます。その社長曰く、──「こち亀」の全200巻には言い訳が1コマもない。〇〇だからできない。□□だからムリ。そういったセリフがまったくない。それが起業家にとっていちばん必要な態度じゃないですか──。
 f:id:taxjolly:20170307075359p:plain:w60

■■■
チャレンジ精神の育成を

若者の起業ばなれのキーワードはチャレンジ。できない理由をならべる前にチャレンジする精神の育成を。そのためにどうしたらいい? ねえねえ、おしえておくれよ、両さん!

f:id:taxjolly:20170307074939p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


人工知能が会社の財務状況をチェック、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
AIが財務分析を代行

某地方銀行が、貸し出し先の会社の財務分析を人工知能(AI)に代行させるシステムを導入するとの報道がありました。会社の基礎的な項目に大きな変化があった。そんなときに、AIが瞬時に銀行とその会社に、その情報をお知らせするとのこと。

f:id:taxjolly:20170305071641p:plain

もちろん、そのためには会計の情報がかかせません。ある会計ソフトメーカーとの共同開発のシステムのようです。実際の流れを想像すると・・・、

■■■
自社の状況を常時監視されるシステムをよしとするか

会社が会計ソフトにデータ入力
 ↓
データがサーバーに蓄積される
 ↓
サーバーのデータを銀行のAIがチェック
 ↓
大きな変化があれば銀行に知らせる

銀行のメリットは、いままで財務情報のやり取りや分析にかけていた時間を節約できる。結果、他の業務に時間を回せる。会社にしてもAIからの情報をうまく活用できれば、大きなメリットになります。

銀行、会社のそれぞれにメリットあり。ただ──、自社の状況をリアルタイムで、会計事務所など第三者のチェックを経ずに、銀行に監視(?)されるようなことにもなるシステム。会社はそれをよしとするか。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


外注費になるひとつの要素 ─代替性のあるなし─、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
古くてあたらしい問題〝給与か外注費か〟

税金の世界の古くて新しい問題に、ある支払いが〝給与か外注費か〟というものがあります。両者の違いはもちろん名前だけではない。税金の世界での取り扱いにはとても大きな違いがあるのです。それを誤ると、とんでもない税金の負担に目を丸くすることになるかも知れません。

両者を区分する基準のひとつに、代替性のありなしがあります。さて、具体的に代替性って?

■■■
他のだれかに仕事をふってもいい←代替性

f:id:taxjolly:20170228072858p:plain
f:id:taxjolly:20170228072907p:plain
f:id:taxjolly:20170228072914p:plain
f:id:taxjolly:20170228072921p:plain
これが、代替性がある、ということ。仕事を依頼された方は、その仕事をさらに他の誰かにふっています。

仕事を依頼した方は、その仕事をやってくれればいい。依頼された方がどんな方法を用いようとも。もちろん、他の誰かに仕事を回してもまったくかまわない。そんなことは、依頼する方の知ったこっちゃない。その仕事を終わらせてくれればいいのだから。

依頼された方は、依頼主に応えることをただひとつのミッションとして、自らリスクを背負う。自分でやらずに誰かに任せることもリスク。

お互いにこのような認識があれば、それは代替性があるということ。代替性があるということは、外注費となるひとつの要素なのです。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


贈与税の非課税枠は、もらった人単位、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
贈与税には、年間110万円の非課税枠がある

贈与税という税金があります。この贈与税には年間の非課税枠があって、その金額は110万円。110万円までなら、たとえばキャッシュをもらっても(もちろん、その他のなにかでも)税金はかからないというわけ。ご存知の人もおおいですよね。

では、つぎのケースではどうでしょう? 違う男性からそれぞれキャッシュをもらった赤いドレスの女性。彼女には贈与税がかかるでしょうか?

f:id:taxjolly:20170227084525p:plain
 *本命から贈与をうけ、

f:id:taxjolly:20170226075544p:plain
 *翌日、別からも贈与があり、

f:id:taxjolly:20170226075553p:plain
 *さらに翌々日、どうでもいい方面からも贈与あり。

このケース、あげる人単位だと110万円の非課税枠におさまっています。だからなんとなく、それぞれが非課税で合計でも非課税! 贈与税かからないが正解。こうおもいたくなってしまう。でも、ちがう。

■■■
非課税枠はあげた人単位ではなく、もらった人単位

贈与税の非課税枠は、もらう人単位。上のケース、もらう人単位(つまり、女性からすると)だと、贈与額は300万円。110万円を飛び出している。だから、この場合はその飛び出した部分に贈与税がかかるというわけです。非課税枠は、あげる人単位じゃないのです。


贈与税は110万円までならかからない。ここだけ切り取って思いこむと、誤解をしてしまうこともあります。ご注意を!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。