社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

10%で仕入れて8%で売るので、税金をまけてあげよう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
軽減税率で損する業者がいる(?)

来年(2019年)10月からの消費税率アップ。そのときには軽減税率も導入されます。食品などは8%の軽減税率、その他は10%。食品なのかそうでないのか。これが税率の分けれ道になります。

たとえば、生きている豚や牛は・・・食品ではありません。当たり前ですかね。なので、消費税率は10%。それに対して、精肉は食品なので8%になります。

ということは───生きている豚や牛を仕入れて、精肉に加工して販売する業者は、買うときは10%で売るときは8%。・・・むむっ? 軽減税率がなければそんなこともないのに、軽減税率のお陰で損してない? 高い消費税率で買ってきて、低い消費税率で売るわけですから。

f:id:taxjolly:20180826071443p:plain
*むむっ? この業者は軽減税率のお陰で損をする(?)

■■■
損する業者に配慮する規定ができた!

うむ、たしかに損だね。というわけで、あたらしい規定ができました。そのような業者が消費税を納付するときの〝みなし仕入率〟なるものを10%上げるというものです。仕入率が上がるということは、国に納める消費税が少なくなるわけで。つまり、高い消費税で仕入れて低い消費税で売る業者に対して一定の配慮をしたというわけです。

税金の仕組みは、ものすごくいろいろな場面を想定して作ってあるんだなぁと感心することがあります(まあ、これは当たり前のことでしょうか。でも、それによって税制は複雑怪奇になるわけですが・・・)。これなどもまさにそのケースですね。

*ただし、〝みなし仕入率〟を採用していない会社は、そもそも消費税によって損も得もしません。したがって、このような配慮はされませんので、ご留意を。

f:id:taxjolly:20180826072338p:plain


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


π(パイ)にはすべての答えが書いてある(?)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
ある有限の数列は、πのどこかにある

π(パイ)。円周率を表す。πは、3.1415・・・・・とどこまでもつづき、かつ、その数列は循環しない(らしい)。これは、ある有限の数列はπのどこかに必ず含まれていることを意味するという。んっ? どういうこと?

たとえば、あなたにとって意味のある4桁の数列が「7932」だとしましょう。その数列はπの中にある。⇒ 3.14159265358979323846264338327950288 …
たとえば、あなたの今年の年収が626万4,338円だったとしよう。その数列だってπの中にある!⇒3.14159265358979323846264338327950288 …

<π先生に聞いてみよう! 1年は何日?>
f:id:taxjolly:20180825123508p:plain

こんな具合に、ある意味のある有限の数列は必ずπの中にある。それが冒頭でお話ししたことの意味。ということは───πのどこかには、あなたの来年の年収も書いてある! いやいや、10年後の年収だってどこかに書いてあるはず。あなたの会社の来年度の年商だって、利益の額だって書いてある! つまり・・・もう、あなたの将来は決まっている⁉

日付だって数字の並びです。あなたの誕生日も書いてあるし、亡くなる日だってπのどこかにはあるはず。もし地球最後の日があるならば、その日だって。

■ ■ ■

πにはすべての答えが書いてある。これをどう考えるか。すべてが神の手の上で踊らされてるわけだ。答えは出ているのだからジタバタしても仕方ない。そう考えますか? それとも・・・


<π先生に聞いてみよう! 税抜き価格は6,722円です。税込みではいくら?>
(ただし、円未満は四捨五入することにします)
f:id:taxjolly:20180825124118p:plain

世界は数字でできている: 数の「超」活用法 (新潮文庫)

世界は数字でできている: 数の「超」活用法 (新潮文庫)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


軽減税率導入で横行が予想される脱税行為(?)を防ぐ方法、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
軽減税率導入で脱税行為(?)が横行する⁉

消費税率のアップに伴い導入される軽減税率。たとえばファストフード店では、持ち帰り(=食品)は8%の軽減税率。店内で食べると(=外食)10%の標準税率になります。持ち帰りか店内で食べるかは、レジであなたが決めるわけです。

ということは、レジでは持ち帰りの意思表示をして(つまり軽減税率の適用を受けて)、その後は気が変わったふりをして店内で食べる。こんな脱税行為(?)が横行する可能性が出てくる!

これに対する財務省のえらい人の答えは───

■■■
税込み価格が同じになるようにすればいいじゃない?

値段を変えればいいじゃない? 同じハンバーガーでも、持ち帰り用ハンバーガーは、税抜き102円とする。税込み価格は、8%の消費税を乗っけると110円だ。一方、店内用のハンバーガーの税抜き価格は100円とすればいい。税込み価格は10%の消費税が転嫁されて110円。一緒じゃん!

f:id:taxjolly:20180815162321p:plain
f:id:taxjolly:20180815162057p:plain
「よしっ! これで〝気が変わったふりして店内で食べる作戦〟が防げるがな!」

財務省は、こんな方法を推奨しているのだとか。

うむ。なるほど。一見いい方法に思えますよね。・・・でも、なにかが違う気がする。

そもそも、軽減税率導入の背景には、低所得者対策があったはずです。それが価格を上げることによって無視されてしまう。並んでいる同じ商品にふたつ値段がつくことへの違和感もあります。

〝気が変わったふりして店内で食べる作戦〟は防ぎきれないのかな。いやいや、じつはそれを防ぐ究極の方法があるんです。それは───

f:id:taxjolly:20180822073514p:plain
*どうでしょう? 財務省のえらい人。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


税率のわかれ目はあくまで販売時の意思表示、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


ご存知、平家物語の冒頭の一節。〝祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり〟

つまり、すべてのものは〝常〟でないということ。そう、変わるのだ。それは人の気持ちも同じ。古人曰く。君子は日に三転す。

■■■
持ち帰りか店内でかによって税率が違う

2019年10月の消費税率アップと同時に導入される軽減税率制度。食品は8%です。外食は食品から除かれるので10%。たとえば、このような場面では───

f:id:taxjolly:20180815145726p:plain

持ち帰りなら、食品扱いになります。消費税率は軽減税率の8%です。一方、店内で食べると・・・それは外食になってしまう。消費税率は10%です。

■■■
税率の違いは販売時の意思表示で

持ち帰りか外食か。これを決めるのは、もちろんお店ではありませんよね。そう、あなたです。つまり、あなたの買うときに意思によって、税率が決まるのです。あなたがレジで持ち帰りの意思表示をすれば8%。店内でとの意思表示なら10%。

ということは───、人の気持ちは変わるもの。買うときは持ち帰るつもりでも〝気が変わって〟あるいは〝ついうっかり〟店内で食べてしまった。こんなこともあるかもしれません。でも、税率の判定時期はあくまで、販売時。そのときに持ち帰る意思表示があれば、その後店内で食べても、消費税は8%のままというわけです。

なので、店内で食べていても「きみきみ、困るね。きみのやっていることは立派な外食だ。追加の2%払ってもらうよ」←こんなことを言われることはありませんのでご安心(?)を(まあなんというか、当たり前、ですかね)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


外食か? はたまた食料品か? それが税率の分かれ道、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
外食か? はたまた食料品か? それが税率の分かれ道

来年(2019年)10月から消費税率が8%⇒10%になる予定です。同時に導入されるのが軽減税率。新聞と食料品には軽減税率8%が適用されます。ただし、食料品からは、お酒と外食が除かれる。

とすると、(新聞を除けば)外食か食料品か。これが、税率の分かれ目になるわけです。たとえば───、

f:id:taxjolly:20180815103330p:plain
f:id:taxjolly:20180818163804p:plain
f:id:taxjolly:20180815103420p:plain
f:id:taxjolly:20180815105946p:plain

このとき、あなたが、

f:id:taxjolly:20180815103844p:plain
とこう答えれば、それは外食。消費税率は10%です。ところが、

f:id:taxjolly:20180815103851p:plain
と、言った瞬間、それは食料品に早変わり。消費税率は、軽減の8%になります。

■■■
買う側の買うときの意思による(?)

これはどういうことでしょう? 買う側の、買うときの意思表明によって、税率が決まるということですね。お店のではなく、あなたの意思によって税率が変わる!まさに買う瞬間の、そのときのあなたの気持ちで!

つまり、2019年10月からは、人の気持ち(=意思)によって税率が決まる!こんなことが起きるようになるわけ。人に気持ちなんていう、他人からうかがい知ることのできない、しかもコロコロ変わる。そんな不確かで、曖昧で、あやふやで漠然としたもので税率が決まるケースも出てくるのだ。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


来年から始まるあたらしい出国税の物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
あたらしい税金、その名も国際観光旅客税(俗称、出国税)

夏休みは終わりましたか? 分散化なんていわれることもあるけれど、やはり夏休みは、お盆の前後にとる人が多いもの。これから海外脱出なんて人は少数派でしょうかね? 海外といえば、今年(2018年)の税制改正で、海外旅行に絡んだあたらしい税金ができました。いわゆる出国税、ただしくは国際観光旅客税。国税としては、1992年の地価税以来の〝あたらしい〟税金です。

じつは、いわゆる出国税なるものは以前からありました。多額を株式を持つ人は、海外へ移住(旅行ではなく移住です)するとき、出国時にその株の含み益を清算してから出て行ってね、というもの。ただし、清算といっても、株を実際に売却する必要はありません。バーチャルな値上がり益に対する課税です。正式には、国外転出時課税。元祖(?)出国税ですね。これで、出国税がふたつになった?
*この記事では、今回できた国際観光旅客税のほうを出国税と呼びます。

出国税は、1,000円です。出国するたびにかかります。

f:id:taxjolly:20180816112245p:plain
*ただし、出国日で2歳未満なら非課税です

■■■
出国税は、来年1月ホニャララ日から

この出国税。いつからかかるかといえば、なんと、来年(2019年)1月7日からです。ふつうなら、キリのいい1月1日からにするはず。でも、1月7日から。なんとなく、この1月7日という日付には意図を感じますよね。

お正月休みが終わり、海外脱出組も帰国。1月第1週後半なんて、1年のうちでも、もっとも海外旅行に出かける人の少ない時期です。1月7日は、出国する人にあたらしくかける税金の始まりの日としてふさわしい。つまり、もっとも目立たない時期、もっとも反感(?)の買いにくいであろう時期を選んだ。こういう理解でOKですかね?

f:id:taxjolly:20180816121525p:plain
*財務省の立案担当者とその上司の会話(フィクションです)


でも、出向税は「はい、これ出国税」といってあらためて支払うものではありません(旅行代金にあらかじめ含まれている)。したがって、負担していることにはほぼ気がつかないでしょうね。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2018、夏休みです、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2018、夏休みです

事務所が夏休みになるので、ブログも夏休みにしよう。


f:id:taxjolly:20180811132847p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。