社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

その男、多忙につき、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
その男、多忙につき

多忙につき、今日は記事の投稿を休ませてもらおう。

f:id:taxjolly:20181129070034p:plain


多忙につき、イラストを間違えました。正しくはこちら。

f:id:taxjolly:20181129070308p:plain:w280



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


もう“タダより高いものはない”なんてことはない、なんて言わない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
社長の社宅問題、“タダより高いものはない”なんてことはない(?)

社長が会社が用意した社宅に住んでいる。意外にも、会社は社長から賃料をもらなわくてもかまいません。ただし、タダ貸しは、単純に社長の得。得した金額=賃料相当額が現物給与になって、社長に所得税がかかることになっています。

関連する記事

blog.takahasikaikei.com


でも、あくまで社長の立場からすると───

f:id:taxjolly:20181125084601p:plain

ということは───タダで借りて、所得税を税務署へ支払ったほうが個人としての持ち出しは少ないことになる。現物給与なので、給与所得控除なる控除も受けられます。つまり、社長の社宅問題では “タダより高いものはない” なんてことは、ないんですね。

*社長個人としてはそうであっても、会社としては、しっかりと本人に賃料を負担してもらうべきなのはいうまでもありません。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


社宅を役員にタダで貸してもいい。ただし───、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
社宅家賃、会社はもらわなくてもOK(?)

最近ちょっと、役員社宅が脚光(?)を浴びています。会社が住宅を買って役員に貸す。あるいは会社が賃借した住宅を役員に貸す。まず頭をよぎるのは、役員からもらう賃料をどうするかということですよね。しっかりもらわないと、なにか税金問題が起こりそうな気がします。やっぱり、もらわないのは論外?

いやいや、じつは───税金の世界には、役員から賃料をもらわなければならない。こんな決まりはないんですね。ということは・・・決まりがない以上、役員から賃料をもらわない、つまりタダ貸しでも構わないということになる!

f:id:taxjolly:20181123093102p:plain

■■■
社宅家賃、タダ貸しOK。ただし───

社宅のタダ貸しはOKです。でも、それって───単純に役員が得で、会社が損。カッコよくいえば、役員は経済的利益を得たことになります。誰から? もちろん会社から。

直接お金をもらっていない経済的利益にも税金がかかります。このケース、会社と役員という関係なので、その経済的利益は役員報酬(つまり給与)になって、役員に所得税がかかるんですね。一種の現物給与です。

つまり、社宅のタダ貸し自体はかまわない。でも、そのときには役員に所得税がかかるというわけ。仮に、強大な権力を持つ社長が、無償で社宅を提供させたとしても、個人としての税負担は必要なのです。

f:id:taxjolly:20181123095812p:plain
*「タダより高いものはない」この場面でこの慣用句の使い方はおかしい。理由はつぎの記事で。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


原則的な仕組みの中にいないときは、どうせ買うならアップ前の購入が───の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
消費税、原則的な仕組みの中では損得なし

会社は、消費税によって損もしなければ得もしないことになっています。ですから、税率がアップするからといって、あわてて駆け込み購入をする必要はありません。ただし、前提条件があります。それは───消費税の原則的な仕組みの中にいる限り───

関連する記事
blog.takahasikaikei.com

消費税の原則的な仕組みは、お客さんから預かった消費税から、業者に支払った消費税を差し引いた残りを税務署へ納付するというもの。その仕組みの中にいれば税率アップで損も得もしない。んっ? じゃあ、この原則的なしくみの中に「いない」場合とはいったい?

■■■
原則的な仕組みの中にいないときは、アップ前の購入がお得

消費税には、簡易課税なる制度があります。簡易課税を選んだときが、消費税の原則的な仕組みの中に「いない」場合。簡易課税では、業者へ支払った消費税は無視します。業種ごとに決まった割合があって、売上×その割合で計算した金額を業者に支払った消費税だとみなしてしまう。小規模な会社は、いちいち業者に支払った消費税を集計するのはたいへんでしょ。そんな配慮から生まれた制度なんですね。

原則的なしくみでは、業者に支払った消費税が何%であろうとも、その分を税務署へ納める税金から差し引けるので損も得もしないわけです。でも、簡易課税の会社は、それができない! ということは───

f:id:taxjolly:20181117080522p:plain

やっぱり、支払う消費税は8%のほうがいい!

簡易課税の会社は、業者に支払った消費税は無視されるので、消費税は少ないほうがいい。つまり、どうせ買うなら、税率アップ前の購入がお得、というわけです。もちろん、必要なものに限るのはいうまでもありませんが。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


やっぱり、税率アップ前の駆け込み購入は “あり” ? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
消費税、原則的な仕組みの中では損得なし

会社は、消費税の原則的な仕組みの中にいる限り、消費税によって損もしなければ得もしないことになっています。税率が何%であろうと、最終的に会社から出ていくお金に変わりはないのです。

関連する記事
blog.takahasikaikei.com

■消費税の原則的な仕組み■
会社は、お客さんから預かった消費税から、業者に支払った消費税を差し引いた残りを税務署へ納付する。もちろん、差し引く消費税は、8%であれ10%であれ、実際に支払った消費税。

ですから、税率がアップするからといって、それに惑わされる必要はありません。駆け込み購入なんてしなくていい。

と、こんな説明を某社の社長にしたところ、資金繰りには影響するよね、と言われてしまいました。資金繰りに影響する? どういうことでしょう? 1,000万円の何かを買った場合を例にとると───。

f:id:taxjolly:20181118075244p:plain
*この結果、税務署に納める税金まで考慮すると、会社から出ていくお金の量はどちらも同じ=会社は消費税率のアップで損も得もしない。

■■■
やっぱり、駆け込み購入はあり?

支払った消費税が控除できるのは、申告のとき。申告のときに、支払った消費税の控除は実現するのです。買ってから申告までの期間はそれぞれだけど、最も長いと14か月です。つまり、最長14か月の間、支払った消費税は前払いの塩漬け状態で放置されるというわけ。前払いなんて資金繰りを悪くするだけです。少ないに越したことはありません。

───いやいや、こんな妙ちくりんな理屈を持ち出すまでもなく、今、支払う金額が少ないほうが資金繰りが楽だ。こう単純に考えるほうが素直かな。

すわなち、会社から出ていくお金の量は最終的に同じ。でも、資金繰りのための「税率アップ前の駆け込み購入」は“あり”です。

*「駆け込み購入」という言い回しには、直前になってあわてて・・・というニュアンスがあるので、この場面で使うのには適切でないかもしれません。不要なものを買うことのないよう “あわてて” ではなく “じっくりと” 税率アップ前の購入を検討してください。

f:id:taxjolly:20181118084156p:plain
*「あわてない、あわてない、ひと休み、ひと休み」こんなことをしている間に、消費税率が10%になっているのであった。あわてないのはいいけれど、のんびりでは困ります。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


消費税率アップ前の駆け込み購入はお得? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
税率アップ前の駆け込み購入はお得?

2019年10月から消費税率が上がります。税率が上がるということは、その前にしておくことがありますよね。そう、必要なものなら買っておくこと。いわゆる駆け込み購入です。同じものが1日違えば2%分上がります。その前に買っておいたほうが得に決まっている・・・でも、じつは会社の場合は必ずしもそう言い切れないようで───

消費税の原則的なしくみは、つぎのとおりです。

f:id:taxjolly:20181115111503p:plain

ということは───会社は「預かった消費税」から「支払った消費税」を差し引いた残りを税務署に納めればいい! ←これが消費税の原則なしくみ。

■■■
原則的には、会社は消費税で損もなければ得もない

このしくみを消費税率が上がる場面に当てはめてみましょう。駆け込み購入で、他の業者への支払いが8%消費税で済んだときは、その8%を差し引いた残りを税務署へ納めます。一方、駆け込み購入をしないで、他の業者へ10%消費税を支払ったときはどうでしょう? 業者へは10%の消費税を支払ったけれど、その10%は税務署への納付から差し引くことができる!

つまり、少なく払えば少ない控除、多く払えば多い控除というわけ。どちらにしても会社からでていくお金の量は同じ。したがって───会社は消費税で損も得もしない⁉

そのとおり。消費税の原則的なしくみの中にいるかぎり、得もしなければ、もちろん損もしない。これが消費税のしくみなのです。ですから、その限りにおいては税率アップ前の駆け込み購入が得ということはないんですね。

f:id:taxjolly:20181115114444p:plain
*「今日中になんとか買っておかなきゃ!」走れメロス。会社の場合は、こんな駆け込みは不要。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


ハンディがあるから強くなれる⁉ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
パ・リーグ強さの原点は、ハンディにあり⁉

今年(2018年)のプロ野球は、パ・リーグの福岡ソフトバンクホークスが日本一になりました。最近はパ・リーグが強いですよね。ここ10年間の日本シリーズは、うち8回パ・リーグのチームが制しています。セ・パ交流戦でも圧倒的に勝ち越しているリーグは、パです。

f:id:taxjolly:20181110102213p:plain

そんなパ・リーグの強さの秘密───それは、ハンディにあるといいます。なんと! パ・リーグはハンディがあるから強くなった⁉

「富める」セは、お金の力で(?)実績のある選手を集めることがきる。でも、お金も人気もセに劣るパ、つまり、ハンディのあるパ・リーグは───お金のかからない高校生に目を向けた。逆指名権のない高校生をドラフト指名、育成してチーム力の底上げをしようじゃないか。こんな道を選択したんですね。それが功を奏し、今のパ・リーグ興隆の一因となっているらしい。

■■■
中小企業は、パ・リーグを目指そう!

私たち中小企業には、大企業に対する共通する思いがあります。大企業はいいな。お金があって。必要な人材や設備を、必要なだけ集めることができる。俺らはそういうわけにいかない。大企業はいいな。

でも、そう嘆いているだけでは道は開けません。私たちはパ・リーグを範としなければならない。お金がないというハンディがあるなら、知恵と工夫で勝負しよう!

現代は知恵と工夫があれば世界一の金持ちにだってなれる時代といいます(いや、べつに世界一の金持ちになろうなんて思っていませんけどね)。ハンディがあるから強くなれる。知恵と工夫で、道は開ける!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。