社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

単純で当たり前のことを肝に銘じよう、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
年末は、カルロス・ゴーン被告の密出国にびっくり

“日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告 密出国!” 昨年末、このニュースにびっくり仰天したかたも多いでしょう。プライベートジェット、米軍特殊部隊、音響機器用の黒い箱・・・舞台装置が、少年が心躍らせるスパイ映画のようです。

そのわりに新幹線にはふつうに乗っています。よくバレなかったですね。いや、バレようがないか。もし、隣の席に本人が座っていたとしても、まさかカルロス・ゴーンとは思いませんから。カルロス・ゴーンさんですか、とも聞けないし・・・

f:id:taxjolly:20200116075134p:plain
*新大阪行き新幹線にて。「そ、その変装はもしや・・・」

■■■
ズルはいけない

それはさておき。

そもそもカルロス・ゴーン被告はなんで逮捕されたんでしたっけ。先日、我が家の娘がテレビを見ながら「この人なんで捕まったの?」と聞いてきました。戸惑う父(わたしのこと)。急に聞かれると答えにつまります。たしか、有価証券報告書の虚偽記載がなんちゃらかんちゃら・・・いや、でも、有価証券報告書といっても中学一年生の女子に通じるはずがないぞ。考えあぐねていると母がひと言。いわく。

──いろいろズルしたから──

有価証券報告書に役員報酬を過少に記載したとされるのも、日産自動車の資金を私的に流用したとされるのも、要するにズル。カルロス・ゴーン被告は、正しくないこと、つまりズルをした疑いで逮捕されたのだ!

◆ ◆ ◆

正しい考えをもって行動する。ズルはしない。こんな単純で当たり前のことを肝に銘じよう。年の始めに、あらためてこう思った次第です。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


決算賞与は “特別” か、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
想定外の費用は、特別損失

いつもはそんなことないんだけど、想定外のホニャララなことで費用が発生した。

そんな想定外のホニャララな費用は、決算書の、それに見合った場所に載せることになっています。その場所は、損益計算書の “特別損失” なるところ。

f:id:taxjolly:20200116064133p:plain

想定外だから特別なところに載せるというわけです。そうすることによって、常日頃発生する費用(販売費一般管理費)と想定外の費用を区別し、会社の本来の実力──経常利益──を表すことができるのです。

■■■
決算賞与は、想定外⁉

あなたの会社、今期は好決算が見込まれます。利益はたっぷり。よし、この利益は決算賞与として社員に還元しよう。あなたはこう決意した。みんなのがんばりで当初のもくろみより利益が出たんだからな。大盤振る舞いもいいだろう。

さて、その決算賞与をどこに載せましょう? ふつうであれば販売費一般管理費ですよね。でも、じつは、特別損失とすべしという考え方もあるのです。つまり、想定外の費用として扱えよ、と。あるセミナーで聞きました。

f:id:taxjolly:20200115173153p:plain

決算賞与を出すのは、見込んでいたよりも多くの利益が出たからです。その意味ではまさに想定外。ゆえに、特別損失とするのがふさわしい。それに、仮に販売費一般管理費に載せると───業績がいいから出した決算賞与によって経常利益が小さくなってしまう。業績がいいのに会社本来の実力が過少評価されるわけで、これはおかしい。

◆ ◆ ◆

決算賞与は特別損失。あまり聞かない処理かもしれないけれど、検討の余地は十分にありです。
*ちなみに、税務署はどこに載せようとそんなことに頓着しないはず。なぜなら、販売費一般管理費でも特別損失でも、最終利益は同じ。したがって、税額に影響しませんから。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


運転資金って何? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
運転資金がふえてきています

人によって、とらえ方が異なる言葉ってありますよね。会計実務の世界では "運転資金" もそう。この "運転資金" という言葉、よく聞くけれど、人によってとらえる意味が違うような気がします。たとえば───

f:id:taxjolly:20200111082715p:plain

■■■
運転資金って何?

社長は、
f:id:taxjolly:20200111084639p:plain
とうれしく思い、


会計事務所の人は、
f:id:taxjolly:20200111084712p:plain
と対応を呼びかけている。


同床異夢(この場合の使い方で合っているかな?)。社長は自由に使えるお金がふえた(=うれしい)と思い、会計事務所の人は使うお金がふえた(=資金調達が必要)と考えた。意味が真逆です。これでは話がかみ合いません。でも、その場はなにごともなかったかのように過ぎてゆく・・・。これは結構ゆゆしき問題です。

あなたの考える運転資金って何?

◆会計の世界での “運転資金” とは?◆
会社では、支払いが先で入金が後にやってきます。つまり、先払いです。ゆえに会社は、常に資金が不足するという宿命を帯びているのです。
f:id:taxjolly:20200111105952p:plain
入金までの間、会社を運営するためのお金が必要です。そのお金を称して運転資金といいます。つまり、運転資金とは、入金までの間、会社を運営するために使うお金のことなんですね。

ということは───運転資金がふえるというのは、使うお金がふえるということ。社長が思ったように、自由に使えるお金がふえたということではないのです。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


2020年、あけましておめでとうございます、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
2020年、あけましておめでとうございます

f:id:taxjolly:20200104203808p:plain
年が明け、2020年(令和2年)になりました。東京五輪パラリンピックの年です。東京開催が決まったのは7年前。当時はずいぶん先のことだと思いましたけど、あっという間でしたね。光陰矢の如し。今後ますます年月の経つのが早く感じられるはず。のんびりしている暇はありません。

今年も皆さまのお役に立てるブログを目指してがんばります!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


亥年の1年、今年もお世話になりました、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
亥年の1年、今年もお世話になりました

今回で、2019年(令和1年)の投稿はおしまいです。

f:id:taxjolly:20191226194022p:plain

今年は、年末にブログの記事が1000になりました。ひとつの区切りを迎えたわけです。月・水・金と週3で投稿してきた回数を今後どうするか・・・思案中です。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


見せなかったから27億円⁉ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
支払った消費税を引くためには、要 “請求書保存”

会社が税務署へ納める消費税。その額は、会社が(売上先から)預かった消費税から(仕入先などへ)支払った消費税を差し引いた残りです。

ただし、支払った消費税を差し引くためには要件がふたつあります。ひとつは、帳簿を整えること。もうひとつは、仕入先から届いた請求書を保存しておくこと。

■■■
見せないのは、ないのと同じ⁉

そう、請求書を保存しておく必要があるのです。

税務調査を受けた〇〇社。〇〇社は税務署の調査方法に不満を抱き、1年以上にわたり請求書の提示を拒否しました。提示がなければ確認できない。税務署は、仕入先へ支払った消費税をゼロとして、税金を追徴しました。納得がいかないのは〇〇社。争いの舞台は裁判所へ。

さて裁判所は───提示拒否、つまり見せないということは “ない” のと同じだ! 裁判所はこう判決し、税務署の追徴を認めました。
f:id:taxjolly:20191221182310p:plain

最近実際にあった裁判例です。追徴税額が1万、2万ならおそらく裁判までもつれ込まなかったでしょう。追徴税額はなんと! ビックリ仰天の27億円! もともとの税額が2億円だったので、10倍どころではありません。〇〇社は、27億円を仕入先に支払っているところ、国にも同じだけ支払うことになるのです。まったくの二重負担・・・

◆ ◆ ◆

この裁判から学べること。消費税においては、請求書を保存しているだけではダメ。「請求書? ちゃんと保存しているよ。でも、見せてあげない」これは通用しないということです(当たり前といえば当たり前、ですかね)。

支払う27億円は、もちろん〇〇社の経費になります。経費になれば30%ほど法人税が減る。法人税が減るならそれもよし・・・なはずはありませんよね。請求書は保存だけでなく “提示” もお忘れなく(見せてねと言われるので、忘れることはありませんが)。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


きみは、千三つを知っているか、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。


■■■
きみは、千三つを知っているか

千三つ(せんみつ)という言葉があります。かなり以前「今の若い人は知らないだろうが」という前置きがあって「千三つ」が紹介されていました。それから幾星霜。さらにその言葉の死語化は進んでいるとしたら・・・千三つと聞いて???の人は多いかもしれません。

f:id:taxjolly:20191214093301p:plain

このブログは、前回の投稿で記事数が1000になりました。もし、わたしが嘘つきならそのうち本当のことは3つだけ・・・いやいや、もちろんそんなことはありませんよ。税金についてはすべて正しい情報です。

■■■
このブログの内容は正しい。ただし───

このブログの税金についてはすべて正しい。でも、これにもまた前置きが必要です。その前置きは─── “ただし、それを書いた時点において”

ご存知のとおり、税金の決まりは毎年変わります。もちろんすべてが変わるわけではなく、基本的な部分は変わらないことが多い。でも、その他は少しずつバージョンアップします。昨年通用したことが今年は通用しないなんてことが、ままあるんですね(先週は2020年度の税制改正案が発表されました)。

◆ ◆ ◆

ということで、このブログの記事の内容は正しい。ただし、それを書いた時点において。
*はてなブログでは、タイトルの左肩に記事をアップした日付が載っています。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。