読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

2020年を目途にホニャララ。2020年はなんでもありの年⁈ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 2020年を目途にホニャララ最近、とくに新聞などで「2020年を目途にホニャララ」というフレーズを見かけますよね。それらが実現したとすると──、2020年には、純粋な税収と支出の収支が±0になり、 2020年には、憲法があたら…

特別徴収税額決定通知書には、社員のマイナンバーが書いてある⁈ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 特別徴収税額決定通知書にはマイナンバーが書いてある⁈ この5月、あなたの会社には社員のかたの市県民税の特別徴収税額決定通知書が郵送されてきているはず。この通知書に書いてある金額を6月から1年間にわたって給与から…

最近騒がしいふるさと納税の周辺。返礼率が3割に(?)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ ふるさと納税の返礼率を3割にせよとのお達しが最近何かと騒がしいふるさと納税の周辺。ふるさと納税によって税収を地方に持っていかれた(?)都会の首長が返礼品の行き過ぎを批判したこともあり、制度そのものに対する疑…

三菱東京UFJ銀行から東京が消える(?)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 三菱東京UFJ銀行から〝東京〟が消える三菱東京UFJ銀行の行名から、東京が消えるとの報道がありました。つまり、三菱UFJ銀行になる(東京から三菱東京UFJ銀行が消えるにあらず。当たり前か──)。行名変更の時期は、来春(20…

臨時福祉給付金の受給要件を確認じゃ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 臨時福祉給付金(経済対策分)という給付金があります。お住まいの市町村からもらえる給付金です。すこし前までは、テレビCMも流れていました。■■■ 住民税非課税の人がもらえるけど、非課税でももらえない(?)CMでは、住民税…

どうも最近はヤバい、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 〝どうも〟は便利な言葉〝どうも〟は何にでも使える便利な言葉。以前、そんな内容の一文を読んだことがあります。曰く──〝どうも〟はさまざまな意味合いになる。「やあどうも」といえばそれだけであいさつになる。「先日は…

エンゲル係数上昇中!の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ ここ2、3年エンゲル係数が上昇中 ここ2、3年エンゲル係数が上がっているとの報道がありました。エンゲル係数は、いわずと知れた家庭で使ったお金のうちに占める食費の割合(食費/支出)のこと。食費は生活に直結している…

景気だって気から、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 景気をよくするのは簡単(?)理論的には(?)、景気をよくするのは簡単なはず。──みんなが景気がいいとおもえばいい。そうすれば、将来に対する経済的な不安がなく、みんなお金を貯めこまない。個人の会社もお金を使う。…

薄い本はいい。それにはエキスが詰まっているから。の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 薄い本はいいあなたがある分野のことを調べることになった。あまり詳しくない分野。本屋にいくと、その分野のさまざまな本が並んでいます。どれを選べばいいんですかね。──そんなとき、わたしの選ぶ基準は決まっています。…

<税金版>悪魔の証明、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ なかったことの証明はできない⇒悪魔の証明安倍総理大臣が口にして、一気に旬な言葉になった(?)〝悪魔の証明〟。なかったことの証明はできない。←こんな意味ですよね。さて、税金の世界に悪魔の証明はあるんでしょうか。…

75%対52%。電子申告が義務になる、らしい、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 電子申告の利用率は、中小企業のほうが高い 電子申告という制度があります。ご存知のかたも多いでしょう。税金の申告書を紙で出すのではなく、データで送信するというもの。その電子申告の利用率、大企業と中小企業とでは…

専門誌は読まない。でも、見る、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 専門誌は読まない。でも── 専門誌というものがあります。こんな分野にも⁈ という分野にもあったりしますよね。もちろん、税金や会計の分野にもあって、わたしもいくつか定期購読しています。週に1ぺん届いたり、月に1度届…

専門家だってネットで調べる──、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ お医者さんだって、専門知識を検索する うろ覚えですが・・・、以前、医者は職業上の疑問についてネット検索するか。こんな記事を読みました。ネットにあふれる情報はあまり信用できないというネット情報もある昨今。でも、意…

聞き間違え、またはすれ違いについての一考察、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 聞き間違え、またはすれ違いについての一考察聞き間違えということ、ありますよね。先日のわが家の会話。わたし「あしたは、強風なんだって」妻「えっ? なに? 4月上旬?」強いていえば(←ここは強調したいところだ)、あ…

印鑑証明の手数料は〇〇費←唯一絶対の真実か、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 電気代を支払った。これはわかりやすい。給与を支払った。これも迷うことはすくないでしょう。では、印鑑証明の手数料を支払った。この場合は?■■■ 何費にするかに唯一絶対の正解はない 会計事務所には、「✖✖に使ったお金は何…

A市からB市へお引越し。さて、届け出するのはどっち?の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務署が変わったら両方に届出をする必要があった あなたの会社が本店をお引越し。A市からB市へ。所轄の税務署も変わった。本店移転の登記を済ませたら、税務署に異動の届出をしなければなりません。そこであなたは迷う。…

借金あるのいやいやしゃ(無借金経営に死角はない?)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 無借金経営。この言葉にあこがれる社長は多い。借り入れがなければ、借金返済する必要ないからな(←当たり前ですね)。いつかはなりたい無借金経営──。ふつうはいいことのようにおもえる無借金経営。でも、ほんとうにそうなの…

わたしたちはモヤモヤした気分に耐えなければならない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 行動〝しないこと〟の大切さ 最近ちがう二冊の本で、行動しないことの大切さを学びました。行動することの大切さにあらず。行動“しないこと”の大切さです。 *なにもしないことの大切さ!? 人は、答えが出ないことに耐え…

額面でなく、手取りが一定ならそれもよし、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 日本人は額面で考え、外国人は手取りで考える(らしい) ものごとには、お国柄によって受け取り方が違う、ということがあるようで。たとえば──、 ↑ こんな申し出があったとき、日本なら100万円は額面だとおもう人がほとん…

キャッシュリッチ企業のキャッシュの割合は、ほぼ100%、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ キャッシュリッチ企業のキャッシュ割合は、ほぼ100% キャッシュリッチなる言葉があります。単に会社の資産が多いだけではない。資産に占める預貯金の量が多いことを指してそう称します。日本語の「金持ち」をカッコつけて…

どんな問題にも、ゴルディアスの結び目を解く方法はある。の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ どんな問題にも、ゴルディアスの結び目を解く方法はある〝ゴルディアスの結び目〟伝説、知っていますか。 その結び目を解くことができた者がアジアの王となる。そんな言い伝えのあるゴルディアスの結び目。神殿の柱に固く…

世の中は、額面と手取りでは大違い、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 日本人は額面で考え、外国人は手取りで考える(らしい) ものごとには、お国柄によって受け取り方が違う、ということがあるようで。たとえば──、 ↑ この場合、日本なら100万円は額面だとおもう人がほとんどでしょう。当然…

(珍説)読書を途中で頓挫しない法=仕事に入る前にグダグダしない法、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ おもしろくなってきたところで中断すれば頓挫しない たとえば小説。途中で頓挫しないで最後まで読み切る秘訣を知っていますか? ──それは、興の乗ったところで読むのをやめること。おもしろくなってきたときにやめるのは勇…

時間もお金もすこし足りないくらいでちょうどいい、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 時間があったらあれもこれもしたいけど・・・なにもしない 時間があったら、あれもしたい。これもしたい。あ~、もっと時間があったらな~。←こんな妄想(?)ありますよね。でも、不思議なことに時間があり過ぎるとなにもし…

「前略 社長様」のデザインを変えました、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 「前略 社長様」のデザインを変えましたわたしの事務所では、月に1度事務所通信「前略 社長様」を発行しています。そのモットーは、内製。多少ヨレヨレ(?)でもいいから、記事やイラストは外部の素材にたよらない。これ…

国税が優しくなるとはこれいかに、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 国税が優しくなる(?) 〝国税、「優良企業」に優しく 適正申告努力なら調査頻度減らす〟←2017年3月16日の日経新聞にこんな見出しがおどっていました。社長ならちょっと気になるはず。 *国税が優しく? 適正申告〝努力〟…

医療費控除には、ガソリン代・駐車料はふくまれない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 所得税の確定申告の時期、必ずといっていいほど受ける質問に、「ガソリン代は医療控除にいれていいの?」というものがあります。■■■ ガソリン代・駐車料は医療費控除にならない 車で通院する。←もちろん、こういうことはあるで…

わたしは朝6:00には事務所にいる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ わたしは朝6:00には事務所にいる 平日は、朝6時に出勤します。5:30頃に家を出て、6時頃に事務所に着くという生活をつづけています。なぜ朝早くの出勤になったかというと──いま高校1年生の息子が幼かったとき、子どもとの…

今日は2016年分確定申告の最終日、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 今日(2017年3月15日)は、2016年分所得税の確定申告の最終日です。それはわかっているが、人は申告のためのみに生くるにあらず。いろいろあって5時までに税務署に申告書を出すことはできない。←こんな人のために、今日中に申…

単位はいくらがわかりやすいですか?の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 会計で数字を省略するときは千円単位が多い 1円単位までキッチリと表示する。もちろん、それは会計でのお約束です。でも、会計データを資料としてつかうときは、1円まで表示しないこともあります。そんなとき、いくら単位…

社長の平均年齢と起業の物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 マンガ的表現というものがあります。古典的表現、あるいはステレオタイプ的表現といったところでしょうか。たとえば、どろぼうなら・・・、 *実際のどろぼうは、こんな格好してない。でもマンガ的表現ならこうなる。マンガ的表現…

人工知能が会社の財務状況をチェック、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ AIが財務分析を代行 某地方銀行が、貸し出し先の会社の財務分析を人工知能(AI)に代行させるシステムを導入するとの報道がありました。会社の基礎的な項目に大きな変化があった。そんなときに、AIが瞬時に銀行とその会社…

外注費になるひとつの要素 ─代替性のあるなし─、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 古くてあたらしい問題〝給与か外注費か〟 税金の世界の古くて新しい問題に、ある支払いが〝給与か外注費か〟というものがあります。両者の違いはもちろん名前だけではない。税金の世界での取り扱いにはとても大きな違いが…

贈与税の非課税枠は、もらった人単位、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 贈与税には、年間110万円の非課税枠がある 贈与税という税金があります。この贈与税には年間の非課税枠があって、その金額は110万円。110万円までなら、たとえばキャッシュをもらっても(もちろん、その他のなにかでも)税…

節税のためであっても養子はOK、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 節税目的の養子縁組もOK 最高裁で、節税が目的の養子縁組は有効との判断がくだされました。もともと、当事者間にその意思がないのにされた養子縁組は無効です。でも、節税目的であっても、それがただちに〝当事者間にその…

高級な金曜日は、ちょっと、もとい、だいぶムリ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 高級な金曜日は、ちょっと、もとい、だいぶムリ2017年2月24日金曜日は、第1回(?)プレミアムフライデーでしたね。あなたのまわりの反応はいかがでしたか。わたしのまわりの反応は、とくになし。午後3時に仕事を切り上げ…

もう振替済領収証書は送られてこない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ もう振替済領収証書は送られてこない振替納税という制度で税金を納付すると、後日、引き落としましたよ、という通知ハガキがきます。そのハガキは、銀行から送られてきます。でも、そのハガキの印刷費や郵送料を負担してい…

アパートを建てて相続税を安くしよう!という人が多くて建築ラッシュになった、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ アパート建築ラッシュの裏にあるのは相続税の増税 全国的にアパートの建築ラッシュが続いています。その背景にあるのは相続税の課税強化。2015年から相続税が増税されたので、その対策にアパートを、というわけです。たと…

今年(2017年)から「医療費のお知らせ」が領収書になる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 今年(2017年)から「医療費のお知らせ」が領収書になる 所得税の医療費控除をうけるときは、領収書が必要です。税務署に領収書を出さなければなりません。領収書の整理もたいへんだし、場合によっては領収書を入れた封筒…

土地を売ったとき、税金以外にも気にかけることがある、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 土地を売れば税金がかかるのは当たり前。でも、場合によってはその続きがある。 土地を売った。このとき、税金の申告しなければならない。当然、それに見合った所得税や住民税を支払う。←このことは多くの人が承知している…

申告期限延長の物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 法人税の申告期限は1か月延長することができる! 法人税の申告期限は、決算日から2か月以内が原則です。その期限が、平成29年度(2017年度)の税制改正で最大6か月後までに延ばせるようになります。 *延長の理由は、株主…

青色申告とGHQ、青色吐息と青息吐息の物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 青色申告とGHQ、青色吐息と青息吐息の物語青色申告という制度があります。個人事業主のそれが有名ですよね。青色といえば、青色吐息という言葉がある。いい意味ではない。税金納付して青色吐息・・・。これはよくない。つまり…

記事が600タイトルになった! の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 記事が600タイトルになった! この投稿が600本目の記事です。一つひとつ数えたわけではありませんよ。はてなブログの場合、記事を公開すると「ブログ投稿数」が表示されるのです。その数がこの記事で、記念すべき(!)600…

〝すぐやる〟は業績良好のしるし(?) の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 〝すぐやる〟は業績良好のしるし(?) わたしの事務所のお客さまのなかで長期にわたってもっとも業績のいい会社。その会社の社長の特徴はなんといっても、〝すぐやること〟です。せっかち、というのとはすこし違う。でも…

青色申告取り消しの物語、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 青色申告は不祥事があると取り消される 青色申告という制度があります。個人事業主の青色申告が有名ですよね。でも、じつは、法人にも青色申告はあります。どちらも税金の世界で優遇をうけられる制度。いくつか要件があっ…

国税のクレジットカード納付ができるようになった、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 国税のクレジットカード納付ができるようになった! 2017年(平成29年)1月から税務署に支払う税金(⇒国税)のほぼすべてが、クレジットカードによって納付することができるようになりました。というと、税務署の窓口でク…

確定申告のときに、住民票がいらなくなった、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 住宅に関する配慮をうける➡住民票が必要 自分の住む住宅を買った⇒住宅ローンがあれば税金の還付があります。住んでいた住宅を売った⇒さまざまな特例により、ふつうに不動産を売ったときに比べて税金が安くなります。このよ…

未成年者に対する税金の世界での配慮は? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 未成年者20歳→18歳へ 成人年齢を引き下げる法律の改正案が国会で審議されることになりました。20歳から18歳へ。早ければ2021年にもそうなるかもしれません。んっ? でも、最近18歳になったような・・・? それは選挙権の引き…

税務署は日曜日もやっていることがある2017、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務署は日曜日もやっていることがある2017 先日、書店で「確定申告関連の本はどこにありますか?」と尋ねている人を見かけました。2017年(平成29年)も1か月を過ぎ、間もなく確定申告の季節がやってきます。税務署はふだ…

税金の世界で高齢者に対する配慮は? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 日本老年学会の提言。高齢者は75歳から 日本老年学会という学会が高齢者の定義についての提言をしました。曰く、これからは、65歳~74歳を「准(じゅん)高齢者」、75歳~89歳を「高齢者」、90歳以上を「超高齢者」と呼び…