社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

もろもろ税金のこと編

Kazeiと共に去りぬ、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ タイトル先にありき。まれにあるらしい タイトルが先に決まって、あとからそれにあった内容の作品をつくり上げていく。小説や映画の世界では、ないことではないそうです(⇒つまり、まれにある)。「THE有頂天ホテル」と…

オリンピックのメダリストへの報奨金には税金がかからない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 非課税。大好きだね、この言葉。快感で鳥肌がたつよ。素晴らしいじゃないか。こんな、どんなものにも税金がかかる世の中で、非課税なんて・・・せめて、やってみろって言いたいよ。 ■■■ メダリストへの報奨金には税金がかからな…

2017年、領収書を紙の原本のままで保存しなくてもいい制度がリニューアルされる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 領収書を紙の原本で保存しなくてもいい制度がリニューアル 日々たまる一方の領収書や請求書。保管場所にも困ります。紙の原本ではなく、データで保存できたらいいのになぁ。こんなニーズをよく聞きます。じつは、このニ…

税務署から文句をいわれて、訴訟になるまでの流れが変わった、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務署から文句をいわれて、訴訟になるまでの流れが変わった 税務調査のとき、税務署から申告内容について指摘をうけることがあります。その指摘に納得できればいいです。修正申告と追加の税金の支払いをして調査は終わ…

自転車だって非課税、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 自転車通勤の人がもらう通勤手当だって非課税 会社から支給される通勤手当。これには税金はかかりません。もらっても非課税です。当たり前、ですかね。では、どうして通勤手当が非課税になるとおもいますか? それはやっ…

支度金だって非課税、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 海外出張のための支度金は非課税 出張のとき、会社から支給を受ける交通費や宿泊料、日当。実費精算されることが多い交通費や宿泊料はもちろん、そうでない日当を含めて、これらに税金はかかりません。もらっても非課税…

当分の間はどのくらい? 66年つづく当分の間もある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 当分の間ってどのくらい? 当分の間という言葉があります。あなたはどのくらいの期間(時間)をイメージしますか。期間がきめられない。したがって、〝ひとまず〟とか、〝とりあえず〟というのが当分の間の意味合いです…

〇〇税はかからないけど、✕✕税がかかる。こんなことがよくある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 〇〇税はかからないけど、✕✕税がかかる。こんなことがよくある問:おれが会社に財産をタダであげたとするでしょ。会社に贈与税がかかるよね? 答:かかりません。問:おれが会社から財産をもらったとしてさ。贈与税かか…

ダブルアイリッシュ&ダッチサンドイッチとはなにか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 パナマ文書の流出で、おおくの人の知るところになったタックスヘイブン。タックスヘイブンに関する新聞記事などで、ダブルアイリッシュ&ダッチサンドイッチなる聞きなれない言葉を目にした方もいらっしゃるのではないでしょ…

お灸をすえられる隠ぺい、仮装っていったい? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ お行儀のわるい税金のごまかしをすると、お灸をすえられる 事実を隠ぺい、仮装して税金の申告をすると重加算税という重たい税金がかかります。お行儀のわるい税金のごまかしをすると、お灸をすえられるというわけです。…

お行儀のわるいごまかしをすると、重たい税金がかかる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ お行儀のわるいごまかしをすると、重たい税金がかかる 税金のごまかし方(?)にもいろいろありますが、お行儀のわるいごまかしをするとふつうよりも重たい税金が追徴されることになっています。どのくらい重たい追徴か…

税金の時効は5年、ただし脱税にはきびしく7年になる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税金の時効は5年、ただし脱税にはきびしく7年になるお客さんに「税金の時効って何年なの?」と聞かれることがあります。雑談の中でちょっとした話のタネ的に聞かれるぶんにはいいですけどね。でも、やけに真剣な表情で聞…

このブログの情報は、アップした時点のもの、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 平成28年度税制改正、無事(?)4月1日に施行 税金をめぐる法律は毎年変わります。税率が毎年変わることはありませんが、そのほかのところは必ず何らかの改正があります。〇〇年度税制改正、ってやつですね。3月末までに…

価値1円の車の話、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 決算書に1円の車(?) 会社の決算書を見ていると、まれに「車両・運搬具 1円」なんていう表示に出くわします。1円! 決算書に1円なんてわざわざ載せなくていいような気がしますよね。1円の車なんてあるんでしょうか? ■…

ふたたびする申告には制裁がある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ ふたたびする申告には制裁がある いちど申告した内容に間違いがあったときに、それを直すためにふたたびする申告を修正申告といいます。修正申告をすると、さらに、過少申告加算税という税金を追加で支払うことになりま…

マイナンバー欄があっても、記載しなくてもいい書類がある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 届出書などにはマイナンバーを書く欄ができた マイナンバー制度が本格的にスタートしました。今年(2016年)から税務署に提出する届出書や申請書(申告書ではないことに注意!)には、マイナンバーを記載しなくてはなり…

たばこ税のことは知らない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 父と子の会話 うちには、中学3年生の息子がいます。その息子がある日、こんなことを言っていました。「税金のことがわかんね~」ここは出番だとおもい、どんなことか聞いてみると、 子:「たばこ税なんだけど・・・」 父:…

なぜ、会社の預金利息からは住民税が差し引かれなくなったのか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 会社が受け取る預金利息から、住民税が引かれなくなる 預金利息から差し引かれる税金の率は、20.315%です。この率が2016年1月から変わります。利息を受け取るのが個人なのか、会社なのかによって、 ●個人がもらうとき ⇒…

利息から引かれる税金、今年からは個人と会社とでは違いがある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 預金利息にかかる税率は、だれでも一緒 預金の利息を受け取るとき、税金が差し引かれます。その率は20.315%で、だれでも一緒。収入の多い人も少ない人も同じです。会社だって同じ。あなたの預金利息でも、トヨタの預金…

預金の利息には税金がかかる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 預金の利息には税金がかかる 日銀のマイナス金利政策のこともあって、最近預金の利息のことがよく話題になります。預金の利息は、収入です。非課税ではないので税金がかかります。えっ、利息に税金かかるなんて知らなか…

平成27年分の所得税の申告書にはマイナンバーを記載しなくてもいい、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 「─ おまえはできる男になるんだよ ─ これがおふくろの口癖だったんだ。小さいころよく言われたよ」 「おやじがダメ男だったからね。しつこいくらいに言われたなぁ」 「お蔭で自分ではできる男になれたとおもっている。おれ…

申告する意思があったことを態度で示さなければ、無申告加算税は免除されない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 申告する意思があったら、よけいな税金はかからない(?) 決められた期限までに申告しなかったときに、ペナルティとしてかかる無申告加算税。この無申告加算税、期限が過ぎてから申告したんだけれど、期限内に申告する…

申告するつもりだったらペナルティなし(?)の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 お客さまとの雑談の中で、たまに「期限までに申告しなかったらどうなるの?」なんて話になることがあります。うん、そうですね、申告しなかったら・・・■■■ 申告しないと、よけいな税金を支払うことになる 決められた期限までに…

マルサは〝タマリ〟にしか興味がない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 マルサ。聞いたことありますよね。むかしむかし「マルサの女」というタイトルで映画にもなりました。もともとは国税局内での隠語だったそうです。でも、いまでは一般的にも通じる言葉になっていますよね。 *マルサ⇒国税局査…

税務調査と言いだしっぺの物語 ─ 言いだしっぺに責任あり ─ 、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 言いだしっぺ【いいだしっぺ】[臭いと言い出した人が実は放屁をした(責めを負うべき)当人である、という意から]最初に言いだした以上、当然率先して行う責任がある当人のこと。「それは──のよしお君がするのがいいとおも…

税務調査と申告やり直しの物語 ── あなたはルビコン川を渡るか ── 、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ルビコン川を渡る【るびこんかわをわたる】[古代ローマ時代、ジュリアス・シーザーが「賽は投げられた」と叫び、命令を無視してルビコン川を渡河したという故事から]後戻りできないという覚悟のもと、重大な決断、行動をす…

税務調査と食事の物語 ── 食事の用意はいらない ── の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務調査のとき、調査官への食事はいらない 税務署が会社に来ての税務調査。1日のスケジュールは、朝10時ころから夕方4時ころまでというのが一般的です。ということは、お昼の時間帯を挟むので、まれに調査官の食事を気…

税務調査とコピーの物語 ── 税務署にコピー代を請求してもいい ── の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務調査ではコピーを要求されることがよくある 税務署が会社に来ての税務調査。このとき、請求書やら領収書やらのコピーを要求されることがよくあります。ある程度の枚数なら仕方ありません。ところが、これもあれもと…

税務署に黙秘権は通用しない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務署に黙秘権は通用しない 会社を経営するうえで、避けて通れないのが税務署による税務調査。税務調査は、数年ごとにあります。わるいことをしている、していないにかかわらず、です。言うまでもないことですが、ふつ…

ビール飲みの自己弁護 ── ビールにまつわる話3題 ──、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 娘がビールメーカーの工場見学に行くと言うので 娘(小学3年生)が遠足で某ビールメーカーの工場見学に行くと言っていました。お父さんも行ったことあるよ。出来たてのビールを試飲できるんだ。出来たてはうまいぞ。とこ…