社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

会計についていろいろ編

“のれん”の処理は日本と世界では違う、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ “のれん”は目に見えない。決算書には登場しないあなたの会社は、A社を買収しようとしています。買い取り価格は、相場の100ではなく、それを上回る150。なぜ高く買うのか。なぜなら、A社の目に見えない価値を評価したから。…

会計の世界での“のれん”とは? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 あなたは〝のれん〟と聞いて何を思い浮かべますか?■■■ 資産300、負債200なら買い取り相場は100あなたの会社がA社の株主から株を買い取って、A社を100%子会社にしようとしています。A社を買収したいわけです。いまのA社の決算…

決算内容を立体的に把握する法、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ ある税理士の悩み中小企業の社長にもっとわかりやすく決算書を説明できないか。会社の決算数値にもっと関心をもってもらうためにはどうしたらいいのか。そのことをずっと考えてきました。いまは、すこしでもそれに近づこう…

増減BSで利益の行き先を追え!の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 見向きもされない(?)BS。でも活用しない手はない貸借対照表。英語だとバランスシート(BS)。その名のとおり、左右のバランスがとれていることに由来します。以下、貸借対照表をBSと呼びましょう。このBS。誰もが聞いた…

会社をつぶさないためにチェックすべき書類とは? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 健康で長生きは、みんなの望み健康で長生き。これはおそらく多くの人の望み、憧れですよね。 *健康で長生きは、みんなの望み■■■ 会社だって健康で長生きが理想、でも人の望みは健康で長生きすること。会社だって同じ。健…

やっぱり、利益を実感するのはキャッシュの量⁉ の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ やっぱり、利益を実感するのはキャッシュの量⁉最近、ある社長と話していてあらためて気づかされたことがあります。なんだかんだいっても、やっぱり利益を実感するのは、キャッシュの量なんだな、と。利益はいろいろなもの…

利益が出た利益が出たというけど、どこに出た? ② の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 貸借対照表(以下BSといいます)は、2期分を並べると、当期の利益がわかり、しかも、その利益がどこに出たかもわかります。↓ 関連する記事 ↓blog.takahasikaikei.com blog.takahasikaikei.com■■■ 利益が出たというけど、どこに…

利益が出た利益が出たというけど、どこに出た? ① の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ BSは2期比較してみることによって、真価を発揮する!貸借対照表(以下BSといいます)から当期の利益を知るには、2期分のBSを用意する必要があります。 ↓ 関連する記事 ↓blog.takahasikaikei.comでも、損益計算書を見れば、…

貸借対照表に当期の利益は載っていないけれど、それを知る方法がある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 損益計算書で利益がわかる。貸借対照表では?会社の決算書での主役は、貸借対照表(以下BSといいます)と損益計算書(以下PLといいます)です。決算であなたがもっとも気になること。それはもちろん、当期の我が社は黒字…

「経費を作ってくれといわれたので・・・」、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 決算では未払いの経費を計上する会社の決算では未払いの経費を計上します。未払いの経費とは、支払いが月をまたぐ経費のこと。たとえば、3月決算の会社で、3月分の電気代が4月に口座から引き落とされた。←これが未払いの経…

このブログについて、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ タイトル左上の日付をご確認くださいこのブログの記事は、掲載日現在の法令等にもとづいています。法令等の改正があったときは、本来ならば記事の内容もあわせて手直しすべきところです。しかし、現状ではそこまで手が回っ…

ふだんの実力を見せつけろ!(ふだんの実力とは経常利益のことです)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 会社でおきた特別なことは決算書でわかるようにするふだんの実力はこうなんだけどさ、たまたま想定外のことがあって不本意な結果になっちゃたよ。こんなときは、そのふだんどおりの実力を何らかの方法で明らかにしていおい…

印鑑証明の手数料は〇〇費←唯一絶対の真実か、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 電気代を支払った。これはわかりやすい。給与を支払った。これも迷うことはすくないでしょう。では、印鑑証明の手数料を支払った。この場合は?■■■ 何費にするかに唯一絶対の正解はない 会計事務所には、「✖✖に使ったお金は何…

単位はいくらがわかりやすいですか?の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 会計で数字を省略するときは千円単位が多い 1円単位までキッチリと表示する。もちろん、それは会計でのお約束です。でも、会計データを資料としてつかうときは、1円まで表示しないこともあります。そんなとき、いくら単位…

誰も稼いでないけど、町中の誰もが借金を返し終り、ほんとうは何も変わっていない話、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ひょんなことから、おもしろいお話をみつけました。作者など詳細は不明。もしかして有名な話かな。いや、わたしだけが知らなくて世間の誰もが知っている話ということはないとおもいますので・・・。すこし長いけれど全文を紹介…

10㌔のダイエット、打率5割はすごいか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 世の中には、ストックの世界とフローの世界があります。貯まっていくものと流れていくものですね。 ■■■ 10㌔のダイエット、打率5割は、すごい? 「10㌔ダイエットしたよ」こうきくと、すごいとおもいます。でも、その人の体…

借入金は利益から返すなんていうけど本当? 通帳から返してんですけど・・・、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 *人生はクローズアップでみれば悲劇。ロングショットでみれば喜劇 (チャールズ・チャップリン) 利益と通帳の残高はちがう。利益が100出ても通帳の残高は100増えない。会計事務所の人はよくこんなことを言います。 ■■■ 借…

数字のあたまに▲印がついていれば、それはマイナス、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 数字のあたまに▲がついていれば、それはマイナス 数字のあたまに▲あるいは△をつけることで、マイナスを表すことがあります。わたしの事務所では、▲にしています。理由は、目立つから。たとえば、会社の最終的な赤字が300…

利益計画はくだらない!?、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 くだらない、という言葉があります。とるに足らないとか、まともに取り上げるだけの価値がないといった意味合いです。 《用例》 この語源ご存知ですか? むかしむかし江戸時代のこと。上方(大阪、京都ですね)の産物は歴史…

会計用語の常識は世間の非常識(?)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 運転資金の多い会社は・・・ 運転資金が多い会社と聞いてどうおもいますか? いい会社だとおもいますよね。手持ち資金が豊富な会社。なんせ、運転資金がたくさんあるんだからね。倒産の心配はすくない。うん、いい会社だ。─…

損失と欠損、このふたつの金額がちがうのはいけないような気がする・・・、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 繰越損失の金額と繰越欠損の金額がちがうんだけど 決算書をみていると、繰越利益剰余金という言葉をみかけます。略して繰越利益。これがマイナスのときは繰越損失ということがあります。法人税の計算では過去の赤字を差…

「赤字が出たぞ~!」赤字と経理部の男、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 寓話というのは、読み手によってさまざまに解釈することができます。どこかで聞いたようなお話をちょっとアレンジしてみました。あなたはどのように解釈するでしょうか?■■■ 「赤字が出たぞ~!」赤字と経理部の男、の巻ある…

なにかしてもらっていないのなら、実際に支払っても経費にならない。それは前払費用、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ いまの会計制度は、事実の発生によって経費を計上するなにかしてもらったこと(⇒事実の発生)。それによって経費を計上することを発生主義といいます。一方、おカネを支払ったことで経費を計上するのが現金主義。いまの会…

呼び名は違えどおなじもの(純利益=最終=税引き後利益)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ ある日の経済面からある日の新聞の経済面です。それぞれの記事にこんな見出しがついていました。〇〇社(具体的な社名)、純利益6.9倍に □□社(具体的な社名)、最終46億円うむ、〇〇社は純利益が前年より6.9倍になったん…

公告はしたし、されどおカネが・・・、インターネット公告がある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 公告はしたし、されどおカネが・・・株式会社 ↓ どんな小さくても、決算内容を新聞に載せる義務(公告義務)あり。 ↓ 公告しないと法律違反。100万円以下の過料 ⇒実際は、まずない(?) ↓ コンプライアンスが求められる時代…

どんな小さな会社だって決算内容を広告、もとい公告しなければならない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ どんな小さな会社だって決算内容を公告しなければならない意外に知らない人が多いんですが、株式会社は決算がおわったら、決算内容を公告(広告にあらず)をしなければならないことになっています。それは大会社のことでし…

現金出納帳をつけるときの日付は、領収証の日付ではない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 現金出納帳をつけるときの日付は、領収証の日付ではない、の巻会社のもっとも基本的な帳簿に現金出納帳があります。会社の日々のおカネのうごき(⇒出入り)を記録する帳簿ですね。現金出納帳には、日付を記載する欄があり…

発生主義の会計ではおカネが一切うごいてなくても、利益がでることがある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 発生主義の会計ではおカネが一切うごいてなくても、利益がでることがある、の巻◆ おカネが一銭もうごいていないのに、利益がでた(?) いまの会計制度は、おカネの動きではなくて、事実の発生によって収入や経費を計上す…

現金主義の会計では不都合なことがおきたり、利益操作ができてしまう、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 現金主義の会計では不都合なことがおきたり、利益操作ができてしまう、の巻◆ 現金主義は簡単で、わかりやすい会計の世界に、現金主義という考え方があります。 *おれが信じるのは、自分と現金だけだ。なぜなら、おれはお…

カネの出所はどこだ!? 自己資本、他人資本の話、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ カネの出所はどこだ!? 自己資本、他人資本の話、の巻新聞の経済面などで、自己資本という言葉を見かけることがあります。自己資本比率どうたらこうたら、とか。自己資本、あるいは自己資本比率とはなんでしょうか? ■ 返…