社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

会計についていろいろ編

会計なんて、ただただ、ややこしいだけ、と思っているあなたへ、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 会計なんて、ただただ、ややこしいだけ。 そんなややこしいこととは、なるべく関わらないで会社経営をしていこう。もし、あなたがこう考えているのなら、あなたにダイエット成功の秘訣(?)を伝授しましょう! ■それは、体…

ひとつの取引をふたつの側面からみる、それが複式簿記、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 青色申告をしている個人事業主は、複式簿記によって帳簿付けをしていれば、税金がすくなくなる。 こんな制度があります。で、そのことを知った人からよく、 「複式簿記ってなんですか?」 という質問をうけます。 ■ひとつの…

298,000円の資産なのに経費で落ちないことがある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 *このお話の中での資産とは、購入価格が10万円以上のものをいいます。 いまはむかしのことです。 あるところにお爺さんがいました。 お爺さんは会社を経営していました。ある年の決算前、お爺さんは、インターネットで調べ…

税務署は、勘定科目を気にしない(たぶん)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■ある会社の社長から相談の電話あり 会計事務所:「はい、町田市の高橋会計事務所です」社長:「あ~、もしもし、〇〇だけど、相談なんだけどさ。 実は、この間社員がセクハラで訴えられそうになってね。見積に行ったお客さ…

会計の世界では1年を超えると長期になる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 この短気↓↓じゃなくてですね、 短い期間の方の〝短期〟というと、あなたはどのくらいの期間をイメージしますか?時間の感覚は、おカネの感覚と同じで、相対的ですよね。アインシュタインの言ったということばがあります。「…

<よくある質問> 夫の会社、貸し倒れに備えた積み立てをしていないんです、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■<よくある質問> 夫の会社、貸し倒れに備えた積み立てをしていないんですQ. 夫は、中小企業を経営しています。 夫の会社のことで相談です。新聞の経済面で、「〇〇社が××円の貸倒引当金を積んだ」とか「〇〇銀行が貸倒引…

借金をいくら返しても利益は減らない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■こんなこと言う社長の思惑は? ある社長に、今期はだいぶ利益が出そうだと説明したときのこと。社長「おれ、会社にカネ貸してたよね。じゃあ、まとめて返してもらおうかな」 おっと、もしかして、おれ⇒会社からカネ返しても…

のこったリンゴはひとついくら? の巻

決算期末に在庫をしらべるのは、売れた商品の数を確定させるためです。在庫の数はかぞえればわかります。 でも、単価はどうしましょう?(問題) もともとあったリンゴは、1個50円でした。 買ってきたリンゴは、1個55円です。 のこったリンゴは、いくらのリ…

<走れメロス>趣味の領収書は経費にならない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 <走れメロス>趣味の領収書は、・・・ メロスは決意した。必ず、この領収書を精算しなければならぬと決意した。メロスは会社の経営者である。 メロスには、経理のこまかなことはわからぬ。 けれども、領収書の精算に対しては、…

<よくある質問>ざいこはおおいとこまりますか、の巻

(しつもん) お父さんが、「売掛金は

<よくある質問>うりかけきんはおおいとこまりますか、の巻

(質問) お父さんは、売掛金は多いと困る、といいました。 売掛金とは、これからもらえるお金ですので、多いいほうがいいとおもいます。 これからもらえるお金が多いのは、たのしみがたくさんあっていいと、ぼくはおもいます。(こたえ)

リンゴはいくつなくなった? の巻

こんにちは。 町田市の税理士 高橋浩之 です。 決算期末に在庫をしらべることがありますよね。 何のために、こんなことをするのでしょうか? リンゴはいくつなくなった? 朝、果物かごにリンゴが2つありました。 今日、リンゴを3つ買ってきて、果物かごに…

夏休み絵日記、の巻二

こんにちは。 町田市の税理士 高橋浩之 です。夏休み絵日記第二弾です。 親子のほほえましい様子がうかがえます(でもないか)。

夏休み絵日記、の巻

こんにちは。 町田市の税理士 高橋浩之 です。夏休みの絵日記ができました。