社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

個人的な税金のハナシ編

やめていく社員に "ある事情" があれば年末調整不要、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 年の途中で会社をやめる人の年末調整は、やめるときに 年末調整は、その会社がその人にその年最後に給与を支払うときにすることになっています。ということは、たとえば8月で会社をやめる人には、やめる8月に年末調整をす…

季節外れの年末調整、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 季節外れの大掃除 年末の大掃除を11月にするというかたに会ったことがあります。季節外れの(というほどでもないか)の大掃除というわけです。でも、なぜその時期に? 理由を聞くと、答えて曰く。12月は忙しいから。なるほ…

「社長の知り合いかい? 安くしとくよ」でダブルの課税、の巻

◆前回のあらすじ◆会社が、社長の知り合いに土地を売った。価格は30円。でも、その土地の相場(いわゆる時価)は100円だ。つまり、会社は社長の知り合いに時価よりグッと低い価格で売ったことになる。なんと、このケース、意外なことに "会社が社長の知り合い…

離婚の財産分与ではあげたほうに税金がかかる。理由は───、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 離婚の財産分与で税金がかかる 税金の世界には、びっくりするような意表をつく決まり(?)があります。その最たるものが、離婚のときの財産分与の扱い。夫婦が離婚し、夫が妻へ財産分与として、自宅を妻名義にしました。…

買ったときの値段がわからないと、5%がホニャララ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 土地を売ったけど、買ったときの値段がわからない土地を売ると「収入金額-取得費」で計算する差益に対して税金がかかります。取得費は買ったときの値段のこと。つまり、買ったときからの値上がり益に対して税金がかかると…

45,000円で源泉所得税280円のなぞ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ わが家の息子の給与明細を見てみると・・・わが家の息子が人生初めてのアルバイトをして、人生初めての給与をもらいました。保護者としては、当然のようにもらった給与明細を確認します。どれどれ、どのくらい稼いだのかな?…

俺たちに明日はない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 俺たちに明日はない2018年分(平成30年分)確定申告は、今日が期限です。 17:00までに税務署へ行けない。e-Taxの環境もない。そんなときの最終手段は申告書の郵送です。本日中の通信日付印(いわゆる消印)が押されれば、…

アメリカでは”Single” と”Married” では所得税の税率が違うらしい、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ アメリカの所得税の税率表が手に入った当事務所のお客さんに米国公認会計士の資格を持つ社長(日本人です)がいて、毎月、アメリカ公認会計士協会の機関紙「Journal of Accountancy」を渡してくれます。その最新号にアメリ…

忙しいからこそいつもどおりに、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 所得税の確定申告が始まった!所得税の確定申告が始まりました。2018年分(平成30年分)所得税の確定申告の期間は、今日2019年2月18日~3月15日まで。最近はやりの言い方(?)をすれば、平成最後の確定申告ということにな…

租税教室で伝えられないこと、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 租税教室で伝えられないこと───世の中には人にはいろいろな人がいて、いろいろなことがある。気ままな独身の人もいれば、家族の生活を収入面で支えている人もいる。いつまでも健康とは限らない。病気やケガでお金がかかる…

結婚するなら年内に(?)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 12月も半分を過ぎ、間もなく平成最後の大晦日がやっています。年内にやらなければ・・・何かやり忘れていることはないだろうか?■■■ 12月31日に結婚していればいい所得税の計算期間は、だれでも1月1日~12月31日まで1年間。という…

もう“タダより高いものはない”なんてことはない、なんて言わない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 社長の社宅問題、“タダより高いものはない”なんてことはない(?)社長が会社が用意した社宅に住んでいる。意外にも、会社は社長から賃料をもらなわくてもかまいません。ただし、タダ貸しは、単純に社長の得。得した金額=…

社宅を役員にタダで貸してもいい。ただし───、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 社宅家賃、会社はもらわなくてもOK(?)最近ちょっと、役員社宅が脚光(?)を浴びています。会社が住宅を買って役員に貸す。あるいは会社が賃借した住宅を役員に貸す。まず頭をよぎるのは、役員からもらう賃料をどうする…

スーツは経費になりますか(その3)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 個人事業主のスーツは経費になりますか問題の続報です。ある弁護士・税理士さんの書いた本を読んでいると、まさにそのことが論じられていました。それによると───、税法には税務調査の現場のみで通用する理論があるといいます…

スーツは経費になりますか(その2)の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 個人事業主のスーツ問題にはモヤモヤがつきまとう以前、このブログに「スーツは経費になりますか」という記事を書いたことがあります。個人事業主が仕事で着るスーツを経費にするのはむずかしい。なぜなら、それは誰もが必…

マネ会に寄稿しましたⅢ 今回のテーマは副業、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 マネ会ブログに3回目の寄稿をしました。今回のテーマは「副業」。働き方改革でも取り上げられ、旬な話題ということでこのテーマに。■■■ ちょっと反省点が・・・記事では、会社員が副業としての請け負う収入はすべて雑所得としまし…

私は、かつて衝撃の申告書を見た! の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 人は思わぬカン違いをすることがある。ときに、そりゃないだろうというようなことも・・・■■■ 私は、かつて衝撃の申告書を見た!2017年(平成29年)分の所得税の確定申告が終わりました。確定申告は、とっつきにくい。どちらかと…

俺たちに明日しかない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 2017年(平成29年)分の所得税の確定申告は、明日が期限です。明日中に出さなければ───罰金的な税金(=無申告加算税)を支払うことになったり、青色申告なのに青色申告特別控除が受けられなくなったり。つまり、余計な税金を…

オリンピックでメダリストになる予定のある人(!)やマラソンで日本最高記録を出す予定の人(!)へ。の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 平昌オリンピックが閉幕し、メダリスト達は報奨金を手にすることになりました。男子マラソンでは、久しぶりの日本最高記録を達成した選手に対して1億円贈られることになったようです。どちらも結構なお話。さて、いまは所得税…

所得税の申告書は一人につき一つ、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 所得税の申告書は一人につき一つ青色申告する人は、青色申告をする。まあ、当たり前ですね。でも、それとは別に確定申告もする。なんとなくこんな風に理解しているんじゃないかと思われるかたがいます。もちろん、それはち…

確定申告期の業務の集中をなくす法、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 確定申告期の業務の集中をなくす法いまは確定申告時期の真っ最中。その最前線に立つ会計事務所はとても忙しい。そりゃそうです。全国民、もとい、確定申告をしなければならないすべての人がこの1か月にそれをするんですか…

今回が初。セルフメディケーション税制の反応は? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 税理士は確定申告の今の時期、各地で催される無料相談会の相談員を担当することがあります。相談会の種類によっては、1日に確定申告のお手伝いをする人の数が十数人におよぶことも。■■■ 今回が初。セルフメディケーション税制…

今後の医療費控除の主役は領収書ではなく、「医療費のおしらせ」の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 医療費控除で領収書の提出が不要になった!ことしの確定申告、つまり2017年(平成29年)分の確定申告から、医療費控除をうける際の手続きが変わりました。医療費の領収書を税務署に提出する必要がなくなったのです。それに…

「税務署はなんとしてもe-Taxで申告させたいんだね」の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 税務署が申告用紙の郵送をやめた!わたしの事務所での所得税の確定申告は、ほぼ100%をe-Tax(電子申告)で行っています。100%といいたいところですけど、ほぼ。紙で提出したいというかたがいて100%とはなっていないので…

のりは魚か? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 漁業には、変動所得の平均課税制度あり私は税理士。税理士は税金の専門家。ゆえに私はどんな税金のことだってくわしい・・・。もちろんそんなことはなく、税金のことで知らないことも多々(?)あるのです。たとえば───、たと…

納期特例はありがたいけど、まとまるのでそれなりの額になる、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 納期特例はありがたいけど、まとまるのでそれなりの額になる源泉税の納期特例という制度があります。会社は給与から源泉税を天引きします。その源泉税をいつ納めるか? 本来は、天引きした月ごとに納めることになっていま…

源泉徴収票から手取り額がわかるか? の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 あなたが毎月もらう給与の明細書。しっかり見ていますか? もしかして、一番下の書いてある手取り額しか見ない? *毎月の給与明細、しっかり見ますか? それとも手取りを確認したらもう関心なし?■■■ 源泉徴収票からは手取り…

税金を戻してもらうための申告はもうできる! の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 確定申告期間は、2/16~3/152018年(平成30年)も早や1か月が過ぎ、間もなく2月。そろそろ所得税の確定申告の時期を迎えます。2月16日の初日には、今日から確定申告が始まりましたとのニュース報道などもあり、それから3月…

2018年度税制改正 与党税制調査会のえらい人の独白(?)、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 2018年度(平成30年度)の与党税制改正大綱が発表されました。個人の税金では、こっちの10万円をあっちの10万円に振り替えて・・・という、控除の付け替えがチラホラ。■■■ 給与所得控除10万円ダウン ↓ 基礎控除10万円アップ ↑給与…

もう、一応は言わない、の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ もう、一応は言わない何かを言うときに、まず、〝一応〟と言ってしまうことが、しばしばあります。癖、なんでしょうね。「一応、海外扶養の場合は送金の書類がいるから」「一応、相続又は遺贈により財産を取得した個人で当…