読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

〝すぐやる〟は業績良好のしるし(?) の巻

町田の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 〝すぐやる〟は業績良好のしるし(?) わたしの事務所のお客さまのなかで長期にわたってもっとも業績のいい会社。その会社の社長の特徴はなんといっても、〝すぐやること〟です。せっかち、というのとはすこし違う。でも…

となりの芝生は青い、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 「どういう業種の会社が景気いいんですかね?」 お客さまとの雑談の中で、「どういう業種の会社が景気いいんですかね?」なんて話の流れになることがあります。答えはきまっていて、それは、業種は関係ないということ。…

ギャップをねらえ、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 悩める奥さまのレジ袋から「とんがりコーン」が・・・ すこし郊外の電車に乗ると、買い物帰りの奥さまがレジ袋を持ったまま乗ってくることがあります。そんな場面に遭遇したときのこと。その奥さま、深い深い悩みをかかえて…

有限会社は、勝手に(?)解散させられない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 役所から勝手に(?)解散させられる会社がある! 事業をしていても、なぜか役所から勝手に、もとい職権によって解散の登記をされてしまう会社があります。役所が職権で解散? ↑ こうおもったあなた、それは1ミリもあっ…

事業をしているのに、役所から休眠認定されることがある(?) の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 休眠してないのに休眠認定されることがある(?) 休眠会社ってきいたことありますよね。開店休業中の会社。会社としては存在しているんだけど、実際になにもしていない。こんなイメージです。でも、実務的には、休眠じ…

株式会社にあって合同会社にないもの、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ もしも会社をつくるなら もしもあなたが会社をつくるなら、株式会社か合同会社を選ぶことになるでしょう。株式会社と合同会社の違いに、役員任期のありなしがあります。株式会社は、定期的に役員の見直しをして登記をす…

会社をつくるなら株式会社? それとも合同会社? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 会社をつくるなら株式か、合同か 今、あなたが会社を設立しようとおもったら・・・、選択肢は一般的にふたつです。なにの選択肢かというと、どんな形態にするかということ。株式会社 or 合同会社。どちらを選ぶか。 *会社…

バックのうまい人、成長する会社、うまい外野手。共通するのは目標のとりかた、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ バックのうまさは、目標のとりかた 高校を卒業して、すぐにトラックの運転手になりました。なりたてのころ先輩に言われたことがあります。曰く「バックのうまさは、目標のとりかたで決まる!」新米のトラック運転手にと…

社長に生命保険をかけなくていい会社はあるか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ 社長に生命保険をかけなくていい会社ってどんな会社? 社長に万が一のことがあったときのリスクに備えるため、会社が社長に生命保険をかけることは不可欠。でも、それが必要ない会社があるんですね。社長に生命保険をか…

あなたの会社は格付けされている、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ あなたの会社は格付けされている あなたの会社は格付けされています。だれから? それは銀行から。もちろん、銀行には預金しかしていないよ。こんな会社は関係ありません。おカネを借りるために銀行の決算書を出している…

利益計画はくだらない!?、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 くだらない、という言葉があります。とるに足らないとか、まともに取り上げるだけの価値がないといった意味合いです。 《用例》 この語源ご存知ですか? むかしむかし江戸時代のこと。上方(大阪、京都ですね)の産物は歴史…

となりの会社の役員はいくらもらっている?<業種別・資本金別の役員給与・役員賞与>の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 某週刊誌に、業種別・資本金別の役員給与・役員賞与の統計をまとめた記事が載っていました。集計元は財務省です。気になったところを紹介しましょう。■■■ 資本金1000万円未満の会社の平均役員賞与は、年に15,000円 15,000円…

成長したい会社は、ウェブサイトに顔写真を載せ、〝わたし〟が語ろう、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 2016年6月8日の日経新聞に興味深い記事がでていたので、紹介します。タイトルは<投資の意外な法則~ 成長性示す社長の顔写真~>。長年、ファンドマネージャーとして数々の会社を見てきた筆者の、理屈だけでは説明しきれな…

他人はどうおもうかわからないけど、自分の信じた道を進むしかない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ ものごとの捉え方は、ひとつじゃない ものごとの捉え方は、ひとつではありません。ある面からみればこうだけど、ほかの視点からだとちがった捉え方ができる。こんなことよくあります。たとえば、〝おおらか〟というのは…

ひとりぼっちのあいつ、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 株式会社には、3人取締役が必要だよね。ひとり欠けたとしたら、だれか補充しなければならないよね? 名前だけだから、とりあえず、女房の連れ合いの息子の親父にでもたのむか。いいよね?まれに、こんな相談をうけます。■■■ …

もう有限はできない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 先日、ある株式会社の社長がこんなことを言いました。「ウチも有限会社に事業を縮小しようかな」この社長の願いは、叶えられるんでしょうか?■■■ もう有限はできない 2006年(平成18年)5月1日にあたらしい会社法ができまし…

有名な会社の意外な創業時の〝本業〟とは? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ある調査によると、創業時といまを比較して〝本業〟が変わったという会社の割合は、 47.7%。およそ半数の会社は本業が変わっているんですね。有名な会社にも意外な創業時の〝本業〟があるようで・・・■■■ DHC 翻訳⇒化粧品販売 …

本業に行き詰まりを感じたとき、あなたならどうしますか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■■■ よこすか海軍カレー(レトルト版)生みの親は、酒屋さん ご当地グルメ「よこすか海軍カレー」ご存知ですか? 数あるご当地カレーの中でも群を抜いて知名度が高いのがこの「よこすか海軍カレー」。そのレトルト版を先駆け…

電気はコマメに消しましょう、トイレはふたり以上で使いましょう、そんな経費削減よりも売上を──、 巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 電気はコマメに消しましょう、トイレはふたり以上で使いましょう、そんな経費削減よりも売上を──、巻会社の業績改善のポイントは、どこにあるんでしょうか? 経費の節減というのもそのひとつです。ムダな経費はなくさなく…

会社は解散してもなくならない。権利や義務をきれいさっぱりしたらなくなる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 会社は解散してもなくならない。権利や義務をきれいさっぱりしたらなくなる、の巻解散というと、散り散りになってなくなる、ということですよね。会社も解散することがあります。でも、会社は、解散してもそれだけではなく…

解散しても会社はなくならない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 解散しても会社はなくならない、の巻解散ときいて、あなたは何を連想しますか?衆議院の解散。お笑いコンビの解散。それともホームレス中学生の「これからおのおの頑張って生きてください・・・・・・・・解散‼」ですかね? 解散に…

順風満帆な船出───、でないほうがうまくいく(?) の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 順風満帆な船出───、でないほうがうまくいく(?) の巻宅配便、コンビニ、ウォークマン。なんら関係もなさそうなこれらのサービス(商品)。共通点なさそうですよね。でも、じつはあるんです。ある共通点が・・・ *宅配便、…

でっと・えくいてい・すわっぷ<DebtEquitySwap>とは、なにか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ でっと・えくいてい・すわっぷ<DebtEquitySwap>とは、なにか? の巻家電大手シャープが経営再建のために金融機関に支援を要請しました。その支援の内容は、デットエクイティスワップ。 なんか、たいそうに聞こえますよね…

売上10万円に対する交際費は平均206円だけど、ちいさな会社はもっと多い、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 売上10万円に対する交際費は平均206円だけど、ちいさな会社はもっと多い、の巻 国税庁から平成25年度分「会社標本調査」が公表されました(平成27年3月30日)。これは税務署に申告のあった会社の実態調査といったところ。 …

おトク感を出したいのなら、値引<中身の充実、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ おトク感を出したいのなら、値引き<中身の充実700円で仕入れて、1,000円で売っているバナナ。 このバナナを20%値引きして売ると、儲けはなんと1/3の100円になってしまいます。利益率30%のバナナ、20%値引きすると、利…

利益率30%のバナナ、20%値引きすると、利益率はなんと1/3(?)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ 利益率30%のバナナ 20%値引きすると、利益率はなんと1/3(?) ひと房700円で仕入れているバナナがあります。 ふだんは、このバナナを1,000円で売っています。つまり、ひと房売れば利益は300円。 では、このバナナ、20%…

〝しさんひょう〟って何ですか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓〝しさんひょう〟って何ですか?銀行からおカネを借りようとすると、〝しさんひょう〟を出してくれ、と言われます。〝しさんひょう〟は、漢字で書くと〝試算表〟 間違えやすいですが、〝資産表〟ではありませんよ。試算表と…

ダム式経営の話、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓ダム式経営の話いまは昔、〝経営の神様〟松下幸之助氏が経営者向けの講演会でつぎのような話をしたそうです。「会社はダム式経営をすべきです。ダム式経営いうのは、ダムが満々と水を蓄えているかのように余裕をもった経営…

会社にひとつだけの通帳(賛同を得られないハナシ)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓会社の預金残高を知りたい。あなたならどうする?いま会社にいくら預金があるか知りたいとき。 あなたならどうしますか?通帳を見ますよね。 でも、会社の通帳はいくつもあることが多いのです。 あなたの会社もそうでしょう…

健康で長生きするために・・・理想はバナナの叩き売り(?)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓脂肪が多すぎると、健康で長生きができない健康で長生き。 だれもが望みます。さて、身長がほぼ同じの下のふたり。 健康で長生きしそうなのは、どっち?もちろん、Aですよね。 Bは脂肪が多すぎるようです。会社だってそう…

粉飾決算は破たんする(おろかなカエルバージョン)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓粉飾決算は、破たんする 子カエルが池であそんでいました。 そこへ銀行の頭取が現われました。子カエルは、おカネを借りたくてたまりません。 母ガエルが帰ってきたので、子カエルは銀行の頭取に出会ったことを話しました。…

利益とおカネ、大切なのはどっち?(北風と太陽バージョン)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ✓利益とおカネ、大切なのはどっち?あるとき、利益とおカネが、どちらが会社にとって大切かで言い争っていました。利益は、「わたしがあれば会社はつぶれない。利益のでている会社がつぶれるはずないだろう?」と言いました…

利益(その弐)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 <日本文学全集> 利益(その弐) <前回のあらすじ>多くの利益とそれにかかる税金に長年悩まされてきた鼻社長。その鼻社長が利益をすくなくする方法を知った。それは、おカネを使いまくるという、きわめて簡単なものであっ…

利益(その壱)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 <日本文学全集> 利益鼻社の利益といえば、この界隈で知らないものはない。 創業以来、赤字はなく、安定して利益をだしている。 金額は、ひとが心底うらやましがるほど多い。 いわばジャンボ宝くじの1等賞金ほどの利益を毎…

<よくある質問>ウチの得意先、売掛金を支払ってくれないんです、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 Q. ウチの得意先(売上先)が、売掛金を支払ってくれないんです。 その得意先、うわさによると、相当借金があって、ここ数年首が回らない状況なんだとか。この間も、こんな風に開き直られてしまいました。 どうにかなりま…

■天パー社長日記■ この売上がずっと続けばいいのに、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■天パー社長日記■ この売上がずっと続けばいいのに ある月ある日。最近、会社の業績絶好調。売上が右肩上がり。M社との契約もほぼ合意。そんなことはないと思いつつも、「この順調な売上がずっと続けばいいのにな」と思う。…

あなたの会社、さて、何月決算にしましょうか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 あなたは、会社をつくることになりました。 さて、何月決算にしましょうか?いくつかの参考になる考えを紹介しましょう。 ■ 第1期がもっとも長くなるように・・・1月に設立したら12月決算、2月に設立したら1月決算・・・ *実際、…

<よくある質問> 夫の会社、貸し倒れに備えた積み立てをしていないんです、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■<よくある質問> 夫の会社、貸し倒れに備えた積み立てをしていないんですQ. 夫は、中小企業を経営しています。 夫の会社のことで相談です。新聞の経済面で、「〇〇社が××円の貸倒引当金を積んだ」とか「〇〇銀行が貸倒引…

決算月を変えるのは、〝比較的〟簡単で、お金もかからない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■決算月を変えるのは、〝比較的〟簡単で、お金もかからない会社の決算月を変更するのは、たいへん。 手間と登記にかかるおカネを考えると、ちょっと・・・こんなことを考えているあなた。 実は、決算月を変えるのは〝比較的〟簡…

あなたの会社は世界にひとつだけの会社、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■同じ屋台のうどん屋でも、実は異業種(?)稲盛和夫著「実学」につぎのような話があります。以下は、要約。 経営者を育てるには、「夜なきうどんの屋台を引く」という実習が効果的である。一番の問題は仕入れだ。うどんをど…

銀行から決算書を出してね、と言われたら結構な分量の書類を出さなければならない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■銀行から決算書を出してね、と言われたら結構な分量の書類を出さなければならない銀行から、決算書を出してください、と言われることがあります。ふつう決算書といえば、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個…

消費税を無理なく納付するには、別の口座に分け、その口座の存在を忘れることが大切、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■消費税を無理なく納付する方法消費税を無理なく納付する方法、 それは、 消費税分を毎月毎月、別のところに移し、その存在を忘れること。 *ダメだ、こりゃ。 別に移すっていっても、埋めるのはよくないね。 消費税率が5%…

税金が来た!税金が来た!本当に税金が来たんだよ! の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ある会社に、いたずらな男がいました。 男は、ちょっと社長を驚かそうとおもいました。 そこで男は、突然大声を上げました。 「大変だ! 税金だ~。税金が来たぞ~!」 社長が驚いて、駆けつけました。 それを見て、男は大笑…

<万一のために>社長にかける生命保険金はこう決める、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 ■社長にかける生命保険金はいくら?社長の万一にそなえて、会社で社長に生命保険をかける。そのときの保険金(わかりやすく表現すると、社長が死んで会社に入るおカネ)は、いくらにすればいいのでしょう? ↑↑こういうきめ方…

会社が借り入れをするときの三者三様の思惑とその顛末、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 会社が借り入れをするときの「三者三様の思惑」 ごくふつうの中小企業が、ごくふつうの銀行からお金を借りることになり、保証協会が保証人になりました。 でも、円満な取引の裏には、3者それぞれの思惑があったのです。 ■借…

創業したての会社が頼るべきは、この2つ+1、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 創業したばかりだが、さて資金の手当てをしたい 創業したばかりの中小企業だけれども、必要な資金の手当てをしたい。 こんなとき、まわりの会社はどうしているのでしょうか? 日本政策金融公庫からの借り入れ 創業したての会…

<走れメロス>趣味の領収書は経費にならない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 <走れメロス>趣味の領収書は、・・・ メロスは決意した。必ず、この領収書を精算しなければならぬと決意した。メロスは会社の経営者である。 メロスには、経理のこまかなことはわからぬ。 けれども、領収書の精算に対しては、…

創業補助金には返還義務がある!? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 各都道府県が窓口となる創業補助金という制度があります。 創業補助金には、いくつかのタイプがあります。<創業補助金のタイプと金額> ■新たに起業・創業をするとき⇒最大200万円 ■世代交代があった場合などに業態転換や新…

資本金はいくらでもOK、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。 今は昔。 日本には、最低資本金制度というきまりがありましたとさ。最低資本金制度では、株式会社1,000万円、有限会社300万円の資本金が必要でした。 それが平成18年5月の会社法施行にともなって、廃止されたのです。 それか…

社長からお金を借りる、の巻

会社が社長個人からお金を借りる。 中小企業の場合、珍しいことではありません。わたしたちの会計事務所のお客さまでみてみると、およそ66%(3分の2)の会社が社長個人から借り入れをしています。 ■社長から借り入れをしていると、どうみられるのか?社長個…