社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

減価償却、常識〇×クイズの巻一

こんにちは。
町田市の税理士 高橋浩之 です。

今日は、減価償却に関する常識〇×クイズです。
(アテにならないヒント付き)
f:id:taxjolly:20130731115610p:plain:w88orf:id:taxjolly:20130731115942p:plain

問題

◆第一問◆
減価償却、今年はする、来年はしない。
こういうのは会社の自由だ。f:id:taxjolly:20130802172851p:plain
(アテにならないヒント)
減価償却をしたり、しなかったり。「利益調整だ」って税務署は文句を言いそうだね。


◆第二問◆
新車は、かならず減価償却する。
(アテにならないヒント)
そりゃそうだ。新車は減価償却で経費にする。これは〝常識〟だよね。


こたえ

◆第一問◆
f:id:taxjolly:20130731115610p:plain:w88
減価償却する、しないは会社の自由です。
してもいいし、いやならしなくていい。
減価償却をしないと利益が大きくなるので、税務署はまったく文句を言いません。
減価償却をしていなくて、不利になるのは銀行からお金を借りるとき。
減価償却を継続的にしていないと、銀行は粉飾とみるのです。


◆第二問◆
f:id:taxjolly:20130731115942p:plain
減価償却をするかしないかには金額の基準があります。
その基準は30万円です。
価格が30万円未満のものは減価償却する必要はありません。買った年に全額落とせます。
たとえば、インド・タタ社の新車を28万円で買ったら・・・。
f:id:taxjolly:20130731192736p:plain