社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

恐怖のアンケート(怪談つき)、の巻

こんにちは。
町田市の税理士 高橋浩之 です。

恐怖のアンケートがあるという。
そのアンケートにこたえないと、必ずよくないことが起きるのだ・・・

恐怖のアンケート

適用額明細書はアンケート

法人税では、ある要件にあてはまると、特例として減税を受けられることがあります。
このようなときは、適用額明細書という書類を申告書といっしょに税務署に提出することになっています。

適用額明細書なんて聞いたことないですよね。
思いっきりくだけていうと、要するにアンケートです。

 Q どんな減税の特例をうけましたか?
 A こんな減税の特例を受けました。金額は◯◯円でした。
といった具合のアンケートみたいなものなのです。

適用額明細書は国税庁が集計し、国会へ報告します。
国会ではそれを分析して、減税措置見直しのための材料につかう、ということになっているのです。

出さないとどうなる

適用額明細書は、出さないとその減税が取り消されるほどの強いきまりになっています。
出さないとよくないこと(減税の取り消し)がある。適用額明細書はまさに「恐怖のアンケート」なのです。
*実務的には、提出がないからといって直ちに減税が取り消されることはないでしょうけど。

じょりブロ怪談~恐怖のアンケート~

仕事で初めて訪れた地方都市でのはなしです。
この地方都市はやけに街灯がすくなく、ことばでは表現のしようのない、すこし不気味な感じがする町でした。
(そういえば近くに有名な心霊スポットがあったな)
わたしはこんなことを考えていました。

思った以上に打ち合わせに時間がかかり、帰りはかなり遅い時間になりました。
深夜に近い時間です。
月明かりだけを頼りに、わたしはひとり帰りの道のりを急いでいました。

と、そのとき、物陰からわたしを呼び止める女性の声が・・・
その声、なによりその姿にギョッとするわたしに、女性が奇妙なことを口にするのです。

「アンケートに答えてくれませんか」
f:id:taxjolly:20130810084537p:plain:w170*アンケートをせがむ女性の図

「えっ、アンケート?」場違いなことばに戸惑うわたし。

「このアンケート、適用額明細書っていうんです。これを出さないと減税が受けられなんです~。あなた税理士さんでしょ」
「げっ、げっ」

「これを出さないと減税がうけられなんですぅ~」
「これを出さないと減税がうけられなんですぅ~」
ひたすら女性が追いかけてくるんです。
f:id:taxjolly:20130810084550p:plain:w402
*まちかどアンケート調査員から必死に逃げる、の図