読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

消費税の税率は5%じゃない、の巻

消費税のこといろいろ編

こんにちは。
町田市の税理士 高橋浩之 です。

この男の怒りの理由(わけ)は?

f:id:taxjolly:20130822064251p:plain
*この男の怒りの理由(わけ)は、果たして?

消費税率は5%じゃない!

2013年8月の現在、消費税の税率は?と聞いたとすると、
小学生でも「5%」と答えるでしょう。

でも正解は、「4%」

5%というのは、消費税の4%に地方消費税の1%が足されての5%なのです。
(ですから、5%というのは消費税の税率)

そんなことどうでもいい、って?
そうですね。知ってても知らなくても、日常生活に影響はなさそうですね。

 ◆ ◆ ◆
f:id:taxjolly:20130822080826p:plain:w50
 ↑ ↑
男が手引き書を頼りに消費税等の申告書を作成しようしています。
手引き書には、最初に4%を掛けて消費税を計算する、と書いてあります。
男は混乱します。

f:id:taxjolly:20130822064243p:plain:w230
f:id:taxjolly:20130822072742p:plain
*やってられるか~い!!
 
 ◆ ◆ ◆
消費税等の申告書は、このような構造になっているんです。
  ↓ ↓ ↓
f:id:taxjolly:20130822071857p:plain
上段で、4%の消費税の計算をする。
下段で、1%の地方消費税の計算をする。
最後に、合計。

これで、まず最初に4%を掛ける理由が分かりましたね!