社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

事業年度は最長1年、の巻

記念すべき(?)50投稿目です。
町田市の税理士 高橋浩之 です。


税金はできれば払いたくない。
しかも合法的に。

こんなことを年中考えている人が秘策を思いつきましたとさ。
 ↓ ↓ ↓
f:id:taxjolly:20130917101528p:plain
そうだ、事業年度を100年にすればいいじゃない!?
そうすれば、俺の生きている間は決算をしなくていい。
決算をしないんだから、税金は払いたくったって払えない。
決算をしてから、税金を払うんだからな。
ふっ、俺はなんて頭がいいんだろう。盲点を突くことに関しては天下一品だな。
このことは誰にも内緒にしておこう。


・・・残念でした。
法律に、事業年度は最長でも1年というきまりがあるのです。

こうして、男のマル秘計画はあっさり頓挫したのだった。

f:id:taxjolly:20130917101706p:plain
*沈む夕日にひとりがっかりする男