社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

土地の価値は減らないらしい、の巻

2014年4月の消費増税をにらみ、マンション駆け込み需要、前年比77%増だとか。
町田市の税理士 高橋浩之 です。



土地と建物は、ともに不動産といいます。
同じ不動産でも、両者にはつぎのような違いがあります。

◆◆◆◆違い①
土地⇒古くならない(価値は減らない)
建物⇒古くなる(価値は減る)
f:id:taxjolly:20131008193718p:plain:w120

*ふる-い【古い】
 時間の経過により品質が低下するさま
 用例:「そのギャグは、もうよ」

◆◆◆◆違い②
土地⇒動かせない
建物⇒がんばれば動かせる
f:id:taxjolly:20131008194436p:plain
*建物は、がんばれば動かせる

◆◆◆◆違い③
土地⇒なくならない
建物⇒なくなることもある
f:id:taxjolly:20131008194445p:plain
*建物は、なくなることもある


■税金での取り扱いはこう違う

土地と建物の上記のような違いを知れば、税金での取り扱いも、つぎのように異なっていても納得ですよね。

<減価償却>
建物⇒する
土地⇒しない
なぜなら、土地は古くならないから(減価しないから)

<消費税>
建物⇒かかる
土地⇒かからない
なぜなら、土地はなくならないから(消費されないから)


■代金を区分する必要がある

取り扱いが異なるので、土地と建物を一括して購入したとき(たとえばマンションを購入したとき)は、その代金を土地と建物に区分する必要がありますね!