社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

衝撃の告白、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



衝撃の告白が行われようとしています。
はなして、どんな告白なのか?

 f:id:taxjolly:20131028195432p:plain
 *はたして、衝撃の告白とは?


<衝撃の告白①>

f:id:taxjolly:20131028201113p:plain
 ■衝撃度90%


<衝撃の告白②>

f:id:taxjolly:20131029202028p:plain
「お前はうちの扶養親族じゃない」ドラマチックに告白していますが、実は当たり前のこと。
この子はこの親の扶養親族ではありません。
というか、だれの扶養親族でもありません。

税金の控除対象となる扶養親族は、16歳以上であることが要件です。
16歳未満の子は、(税金を計算するときは、どんなにがんばっても)扶養親族になれないのです。

が~んって衝撃うけちゃってますけど、この子は大丈夫でしょうか?

 ■衝撃度一見89%、実際は0%


<衝撃の告白③>

 f:id:taxjolly:20131028202100p:plain
 ■衝撃度MAX!


関連記事