社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

廃語で覚える消費税、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


ロハ

タダ、無料のこと。只をカタカナに分解するとロハになることから。
使い方
「デパ地下の試食コーナーを回れば、食事代はだよ。どうだい、大儲けだろ?」「免税事業者なら、消費税はだよ。大儲けだけど、法人税がかかるよ」
解説
免税事業者は、消費税を税務署に納める必要はありません。
しかし、その分利益がおおきくなっているので、法人税が多くかかります。

【洋行】

欧米へ旅行・留学すること
<使用例>
「あいつはずいぶんハイカラだとおもっていたが、なるほど帰りかい」「その飛行機代はのときのものだろ。だったら消費税はかかってないよ」
<解説>
海外取引に消費税はかかりません。

【イカす】

かっこいいこと。
<使い方>
「きみのスーパークールビズはなかなかね」「資本金1,000万円で会社設立とはじゃないか。でも第1期から消費税の課税事業者だよ」
   f:id:taxjolly:20131105162008p:plain:w250
   *きみのスーパークールビズはなかなか
<解説>
設立第1期の会社は、原則として消費税の免税事業者です。
例外は、資本金が1,000万円以上のとき。

【失敬】

失礼な振る舞いをすること。またはそのさま。失礼。
<使い方>
「きみはずいぶんな男だな。こう見えてもぼくは小学生だよ」「きみの会社の前々年度の売上高は1,000万円を超えていたのか。いや~、。それならば課税事業者だ」
<解説>
前々年度の売上高が1,000万円を超える会社は、消費税の課税事業者になります。

【非っ常にキビシ~ッ!】

財津一郎のギャグ。
<使い方>
f:id:taxjolly:20131105170305p:plain
<解説>
課税事業者は、消費税を納めなければなりません。
その消費税分を値引きしてしまうと、消費税を会社の懐から納めることになってしまいます。


関連記事