社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税務調査はいつあるかわからない、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



避けては通れないもの。
深酒には二日酔い。
春先の花粉症(人による)。


そして、会社経営には、税務署による税務調査。
「税務署が入った」というアレですね。
f:id:taxjolly:20131107071944p:plain
「マルサ」では、ありませんよ。

マルサは、令状をもった強制調査で、一般的ではありません。
一般的なのは、税務署による任意の税務調査です。



お客さまからの質問で、多いのが、
「税務調査って、いったいどのくらいの間隔であるんですか?」ということ。
f:id:taxjolly:20131102133835p:plain

以下は、当事務所の実績です。

会社を設立して、もっとの早く調査がきたのは3年目。
いっぽう、設立して15年以上調査のない会社もあります。

一度調査があって、つぎの調査まで、もっとも早くきたのが3年目。
いっぽう、もっとも間隔が開いたケースは現在進行形で8年開いています。


これからわかることは、よくわからないということですね。規則性はないようです。

個々の会社の状況によるところが大きいので、「ほかの会社がこうだから、うちも」ということはないようです。