読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

<よくある質問>ざいこはおおいとこまりますか、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



Q.
ぼくとおとうさんは、いっぱいやりながら、かいしゃけいえいについてはなしました。
おとうさんは、「ざいこがおおすぎるのはよくない」といいます。
ぼくは、ざいこはしなものですので、しなものは多いほうがうれしいとおもいます。
ぼくとお父さんのどちらがただしいですか?
(以下、読みやすさを考慮して漢字表記します)


ぼくとお父さんは、一杯やりながら、会社経営について話しました。
お父さんは、「在庫が多すぎるのはよくない」と言います。
ぼくは、在庫は品物ですので、品物は多いほうが嬉しいとおもいます。
ぼくとお父さんのどちらが正しいですか?

  f:id:taxjolly:20131113072048p:plain:w260
  
(神奈川県・小学2年生・男子)


A.
おや、顔が赤いね。
一杯やりながら会社経営について話し合うとは、小学2年生にしてはすこしおマセさんかな。


お父さんは、「在庫は多すぎるとよくない」と言ったんだね。

在庫はお金を払って買って、これから売ってお金にするものだよね。
だから、在庫は見た目は品物だけど、お金が姿を変えたものともいえるね。

でも、品物では、お金と違って、お給料を支払ったり、必要なものを買うことができません。


在庫が増えると、お金が品物になってしまって、ほかに使うことができなっちゃうんだ。
これをおとなの人は「資金繰りが悪くなる」といいます。
資金繰りが悪くなると、最悪会社は倒産しちゃうよ。



資金繰りを悪くしないためには、在庫をはやく売って、品物をお金にもどしてあげるのがいいね。

だから、お父さんのいうとおり、在庫は多すぎるとよくないんだ。
でも、すくなすぎても困るよね。


きみは、大きくなったら、適正在庫の会社を経営してね。


*下の「いいね!」ボタンを押していただくか、「ブックマーク」、コメントをしていただくと、とても励みになります。
少しでも気になったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。