社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

税務調査で3年前のことを聞かれたら、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


税務調査は、2日間、10時~4時くらいが多い

税務署による任意の税務調査にはほどんどの場合、事前に電話連絡があり、日程の調整が行われます。
日程は、2日間を指定してくることが多いです。

当日の時間は、10時から4時くらいまで。
  f:id:taxjolly:20131108080928p:plain
*税務調査は、2日間、10時~4時くらいまでが一般的


調査は、まず事業内容の聞き取りから始まります。
社長の経歴や、会社を設立した経緯、仕事の内容、仕事の受注方法や入金までのながれなどを尋ねられます。


その後は帳簿のチェックです。

直近の年度から調べはじめて、過去にさかのぼっていくのが一般的です。
さかのぼるのは、だいたい3年程度です。

f:id:taxjolly:20131108075949p:plain
  *直近の年度から3年程度さかのぼって調べることが多い


3年さかのぼる、ということは、

「3年前のこの支払いなんですが・・・、いったいどういうことでしょう?」と聞かることがあるわけで・・・

ふつうはすぐには思い出せません。
さて、どうしましょう?

A案
f:id:taxjolly:20131106174545p:plain
*調査官「関わりがあるから聞いてるんですけど」

B案
f:id:taxjolly:20131106174611p:plain
*調査官「聞いたのは、昨日のことじゃないです」

C案
f:id:taxjolly:20131115065243p:plain
*調査官「『一瞬で思い出す技術』って本を貸しましょうか」

・・・どれもうまくいきそうにありません。


聞かれたことがすぐに思い出せなかったり、記憶があいまいなときは、
f:id:taxjolly:20131114172144p:plain  f:id:taxjolly:20131106175507p:plain:w90


関連記事
  • 任意だけど、税務調査は拒否できない、の巻

  • *下の「いいね!」ボタンを押していただくか、「ブックマーク」、コメントをしていただくと、とても励みになります。
    少しでも気になったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。