社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

社長から教わった大切な教え、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


となりに〇〇っていう□□□があるからよ、と言う社長

わたしがトラックの運転手をしていたころは、もちろんカーナビなんてものありません。
はじめての場所に行くときは、地図を頼りにしたり、先輩や同僚から道を教えてもらったり。


最初の運送会社の社長が道を教えてくれました。
目的地は、某デパートの配送センターです。

ひととおり説明してくれて、最後にダメ押しで、
「となりに〇〇(具体的な店名)っていう□□□(風俗業の業種)があるからよ。迷ったら、誰かに〇〇っていう□□□はどこですか?って聞けばいいぞ。」


・・・それって、〝逆〟ですよね。

風俗店に行くのに迷ったとき、〇〇っていう□□□はどこですか?なんて聞くのは恥ずかしいから、デパートの配送センターはどこですか?と聞くことはあっても、配送センターに行くのに、〇〇っていう□□□はどこですか?なんて聞きませんから!

配送センターに迷ったら、配送センターはどこですか?って聞きまっせ!


社長から教わった大切な教え

その社長にはこんなことも教えてもらいました。
「脇道から優先道路に出るときは〝チョロ、チョロ、チョロ・・・・〟と言いながら出ていけ。そうすれば事故は起きないから。」

 f:id:taxjolly:20131115173115p:plain:w350

社長の言うとおり、「チョロ、チョロ、チョロ・・・・」と口にすると、チョロチョロとしたゆっくり運転になるのです。
ふしぎですね。
歩道を横切るとき、ついつい車道の車ばかりに目がいき、歩行者などを見落としがちなもの。そんなとき、特に効果を発揮します。


これはいまでも実践しています。


関連記事
  • 臭くなったら右だ、の巻
  • *「他にこんな記事も読まれています」下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。 少しでも気になったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。