社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

利益に関係ない税金のハナシ、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


赤字決算でも支払う税金がある

会社は決算が終わると、3種類の税金を支払います。

f:id:taxjolly:20130807084030p:plain:w280

儲かった年は税金を支払う、赤字の年は支払わない。
これはふつうの感覚ですが、利益に関係なく、赤字であっても支払う税金があります。

この利益に関係のない税金を、均等割といいます。


均等割は、利益とは違う基準で金額がきまりますので、「大儲けした年」も「大赤字だった年」も同額です。


f:id:taxjolly:20131224063832p:plain

*均等割は「大儲けした年」も「大赤字だった年」も同額だ!


■均等割は、都道府県と市町村にそれぞれ支払います。
*東京都町田市に本社がある場合、「東京都」と「町田市」に支払う。


■均等割の額は、資本金と従業員数によってきまります。
*資本金1,000万円以下で期末の従業員が50人以下ならば、年間で70,000円です。
*東京都町田市に本社がある場合⇒東京都に2万円、町田市に5万円(自治体による大きな差はありません)


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。


関連記事