社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

<配偶者控除の3要件>結婚・おサイフ一緒・所得制限、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


<配偶者控除のための3要件>

所得税で配偶者控除を受けるには、3つの要件に当てはまらなくてはなりません。

気になる配偶者控除の3要件とは?

結婚していること

当たり前ですね。
ふたりが正式に結婚していることが条件です。事実婚はダメです。

どんなに好きでも、どれだけ生活の面倒を見ていても、法律的な婚姻関係がなければ、配偶者控除は受けられないのです。


  <このふたりの間に、配偶者控除の適用はない>
  f:id:taxjolly:20140203072717p:plain
  *どんなに好きでも、婚姻関係がなければダメ。


同一生計であること

ふたりの生活費のおサイフが一緒であることです。
ふつう、ひとつ屋根の下に暮らしていれば、同一生計になります。
 

   <同一生計のようす>
   f:id:taxjolly:20140203075306p:plain
   *ひとつ屋根の下に暮らしていれば、いろいろあるけれど、同一生計
 


また、別居していても、常に生活費の扶助などがあるときは、同一生計になります。

   <同一生計のようす>
    f:id:taxjolly:20140203073308p:plain
    *別居していても、常に生活費の扶助があれば同一生計


所得が一定額以下であること

相手の所得が多すぎては、いけません。
パート収入では、年間103万円以下であることが要件です。


   f:id:taxjolly:20140203075605p:plain
  


■配偶者控除のための3要件
 ●結婚していること
 ●同一生計であること
 ●相手の所得が一定額以下であること


関連記事