社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

申告書は消印の日に出したことになる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



申告書は、消印の日に出したことになる


カメの足が遅いのを、ウサギがバカにして笑いました。


ウサギ:おまえは本当に足がのろいな。
カメ:あなたは足が早くても、わたしの方が勝ちますよ。
ウサギ:また~、そんなこと言って。でも、口先だけじゃあね。競争しよう。
カメ:よし、おたがいの所得税の確定申告書、どちらがちゃんと税務署に提出できるか、勝負だ。
ウサギ:へっ、いいのかい? 期限は今日だぜ

ウサギとカメは、おたがいの確定申告書を持って、税務署目指して出発しました。


ウサギは、どんどんカメを引き離します。
安心したウサギは、途中の大きな木のところで、うしろを確認し、
「カメの奴、まだまだ来ないな。ここらで一休みだ」
安心したのか、つい寝入ってしまいました。

   f:id:taxjolly:20140203193605p:plain
   *ウサギはついつい寝入ってしまいました


・・・しばらくして、ウサギは起きました。
「ん、なんか様子がおかしいな。ややや。日付が変わってるじゃないか。寝過ごした!」
あわてても、後の祭り。
日付が変わっていたので、ウサギの確定申告書は、期限後申告になってしまいました。


さて、一方カメはというと・・・
きのうのうちに、途中の郵便局から確定申告書を郵送していたのでした。

     f:id:taxjolly:20140203194416p:plain
     *カメは、きのうのうちに、確定申告書を郵送していました。


確定申告書は、郵便局の消印(通信日付印)の日が提出した日になるので、カメの確定申告書は期限内になるのです。


    f:id:taxjolly:20140203195442p:plain

   明日のブログ ↓↓