社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

医療費が年間10万円なくても、医療費控除を受けられることがある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


医療費控除は、年間10万円以上の医療費の支払いがないとダメ?


医療費控除は、年間10万円以上の医療費の支払いがなければダメ。
よくこういうことを聞きます。

医療費は、10万円を超える部分が控除対象になるから、なんですね。

医療費控除=支払った医療費-10万円

すると、この男は医療費控除をあきらめなければならないのでしょうか。

  f:id:taxjolly:20140213075653p:plain
  *年間の医療費が10万円にすこし足りなかった・・・

いやいや、諦めるには、少し早いです。

同じ世帯に、自分よりも年収の少ない人は、いませんか?
いれば、その人が医療費控除を受けられるかも知れないのです。

年収の少ない人は、超えなければならない金額が低くなる


医療費控除で、超えなければならない金額は、原則10万円です。
ところが、年収の少ない人は、超えなければならない金額の壁が低くなるのです。

<給与年収別>年間の医療費がこの金額を超えたら、医療費控除が受けられる!

  給与年収   金 額
  150万円     42,500円  
  200万円   61,000円
  250万円   78,500円
  300万円   96,000円
  311万円以上   10万円

*給与収入の場合です。
*たとえば、給与年収150万円の人は、42,500円を超える金額が医療費控除となります。


あの男の世帯では?

年間の医療費が99,000円のあの男の世帯では、どうでしょうか?
  f:id:taxjolly:20140213075653p:plain:w150


  ◆世帯の給与年収のようす
  f:id:taxjolly:20140217070557p:plain
  と、いうことは・・・
  f:id:taxjolly:20140217070611p:plain

お父さんの年収は、200万円。
上の表から、お父さんは、医療費が61,000円を超えていれば、医療費控除を受けられるんですね!


医療費控除10万円の壁は、年収に応じて低くなる


関連記事