社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

時期が来れば来る税金と、なにもしなければ一生来ない税金 の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



会社は、さまざまな税金を納付します。

●役所が計算して、納付書を送ってくるもの
●会社が自主的に計算して、納付するもの



◆会社は、さまざまな税金を納付するので、
 年間の税金スケジュールを確認しよう!
 ↓↓↓
税金が来た!税金が来た!本当に税金が来たんだよ! の巻 - 社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ
f:id:taxjolly:20140225073155p:plain



役所が計算して、納付書を送ってくる税金とは?
 
 役所が計算して、一方的に(?)納付書を送ってくる税金です。
 すなわち、来る税金ですね。
 恐らく役所は忘れないので、時期が来れば、納付書が郵送されてきます。
 ⇒固定資産税、自動車税、前期の実績にもとづく予定納税などがあります。

 f:id:taxjolly:20140226041835p:plain
  *「税金が来た! 税金が来た! 税金が来たー!」
  (左)イータ君。国税庁の電子申告のキャラクターです。



会社が計算して、会社で納付書をつくって納付する税金とは?
 
 会社で自主的に税金を計算して、会社で納付書をつくって納付する税金です。
 ほっておいても、誰も計算してくれません。
 これは、来ない税金。
 ⇒法人税、法人住民税、事業税、消費税、源泉所得税、仮決算にもとづく予定納税などがあります。

f:id:taxjolly:20140225073611p:plain
  *こんな状態だと、いつまでたっても無申告&未納のまま


●来る税金は、時期が来れば、来る
●来ない税金は、なにもしなければ、一生来ない



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。