社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

市民税は、金額が多くても税率は同じ、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


じょりブロ都市伝説~伝説のスラッガー~

かつて、我が国のプロ野球界に、伝説のスラッガーがいた。
彼は、3度三冠王を獲得し、45歳まで現役を張った。
そのスラッガーは「オレ流」を貫きとおし、球史に名を残した。

その彼が残した名言がある。

「年俸が9千万でも1億でも、手取りはそんなに変わらない。増えた分はほとんど税金だから」

f:id:taxjolly:20140225064421p:plain

新たな伝説が生まれた瞬間である。

その伝説とは、すなわち、

収入が増えると税率が上がるので、手取りはそんなに増えん』伝説



金額が増えると税率が上がっていく、は常識(?)

税金は、対象となる金額が増えると、税率が上がっていく
これは、伝説じゃなくて、〝常識〟ですかね?

よく、累進税率、なんて言いますからね。


金額が増えても税率が上がらない税金もある

実は、金額が増えても税率が上がっていかない税金もあるんですね。

個人が納める税金には、大きく所得税と住民税があります。
この両者、税金がかかる金額は、ほぼ同じです。

ところが・・・

所得税は、金額が増えると税率もいっしょに上がっていきます。
それに対して住民税の税率は、一律10%なのです。

税金がかかる金額が100万円の人も、10億円の人も、同じ10%の税率。
住民税に、金額に応じた税率の差はないのです。


●所得税は金額が上がれば、税率も上がる
●住民税は、金額に関係なく一定税率


 <伝説のスラッガーのいま>
  f:id:taxjolly:20140301090523p:plain:w190

*住民税の税率が、金額にかかわらず一定になったのは、平成19年度から。
伝説のスラッガーが現役バリバリのころは、住民税の税率も所得に応じて上がっていました。


関連記事
  • 〇〇市は税金が高い、は都市伝説の巻

  • *下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
    少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。