社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

年老いた親と同居しているときの控除枠は大きい、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



老人扶養控除の枠は、ふつうより大きい

70歳以上の扶養親族は、老人扶養親族と呼ばれます。
老人扶養親族の控除枠は、一般の扶養親族よりも大きくなります。

詳しくは、
◆扶養控除は、ややこしいらしい の巻
 ↓↓↓
扶養控除は、ややこしいらしい、の巻 - 社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ
f:id:taxjolly:20140311171827p:plain




年老いた親と同居していると、もっと大きい

さらに、老人扶養親族が親であって(老人扶養親族は親とは限らないですからね)、かつ、同居しているとき。
このときの控除枠は、もう一段大きくなります。
その親を、同居老親等 と呼びます。

同居して面倒を見ているときの控除が大きい、というのは納得できますね。

 f:id:taxjolly:20140311081519p:plain
*同居のようす

f:id:taxjolly:20140311124537p:plain:w40は、自分の所得税の確定申告のときに、f:id:taxjolly:20140311124547p:plain:w45について、同居老親等として、一段大きい金額を控除することができます。


●控除額の比較
一般の扶養親族  老人扶養親族  同居老親等




最近は、ビールなどを買うとき、20歳以上である旨の申告をされられますよね。
こういった光景を見たことがあります。
はたして、これ、必要なんでしょうかねぇ。
  ↓↓
f:id:taxjolly:20140311173103p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。