読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

3月なのに、もう8%!? の巻

消費税のこといろいろ編

町田市の税理士 高橋浩之 です。



3月なのに、もう8%!?

いまは、平成26年3月。
4月からの消費税率アップ(5%⇒8%)が間近です。

8%の取引が出始めるのは、4月になってからだ。
ふつう、こう思います。


ところが、多くの会社で、3月から8%の取引が出てきます。

それは、テナントの賃料。

たいてい、テナントの賃料は、契約期間中の賃料改訂が可能な契約になっています。
ということで、ずっと5%のまま、という経過措置は、なし。

また、通常、テナントの賃料は、前家賃です。
前家賃ということは、3月に支払うのは4月分。

この2つの要件が揃ったとき、3月に支払っていても、消費税率は8%になるのです。


f:id:taxjolly:20140325183041p:plain


原則課税のあなた、3月に支払う家賃から8%で処理する必要がありますよ!


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。