社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

3年前の修正申告をすると、3年分の延滞税がかかるか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


3年前の修正申告には、3年分の延滞税がかかるか

納付期限を過ぎて、税金を支払うと、延滞税がかかります。
延滞税がいくらかかるかは、過ぎてからの期間の長さによって決まります。


では、
たとえば、税務調査で3年前の申告漏れがあったら・・・

その申告漏れでの追加の税金は、もともと、3年前に支払わなければならなかったもの。
とすると、3年分の延滞税がかかる、のでしょうか?


f:id:taxjolly:20140418193045p:plain
f:id:taxjolly:20140418193058p:plain
f:id:taxjolly:20140418193108p:plain
f:id:taxjolly:20140418193114p:plain


修正申告の場合は、特例がある

ほんとうは3年分の延滞税がかかるところを、社長が交渉したら1年分で済んだ・・・、なんてことはありません。

法律に、修正申告の場合の延滞税の計算の特例があります。

ややこしくなく表現すると、最高でも延滞税は1年分だけしかかからない、ということになっているのです。
したがって、3年前の修正申告でも、延滞税は1年分だけ。

もちろん、法律で決まっていますので、税務署にひとこと言わなくても、1年分でいいよ、となりますよ。


ただし、
悪質な内容での修正申告のとき(=重加算税がかかるとき)には、このような1年分でいいよ、という特例の対象外になりますので、ご注意を!


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。