読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

■天パー社長日記■ この売上がずっと続けばいいのに、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



■天パー社長日記■
この売上がずっと続けばいいのに

ある月ある日。

最近、会社の業績絶好調。売上が右肩上がり。M社との契約もほぼ合意。
そんなことはないと思いつつも、「この順調な売上がずっと続けばいいのにな」と思う。

f:id:taxjolly:20140513194830p:plain

このことを税理士に話すと、運転資金だの何だの、ややこしいこと説明されちゃったよ。

で、最後に「ずっと右肩上がりに伸び続けることはないですけどね~」と言いやがった。

ほう。


売上好調で、おカネが足りない(?)

にわかには信じられないかも知れません。

売上が右肩上がり、絶好調すぎておカネが足らない。
会社には、こんな不思議なことが起きることがあるです。

多くの会社は、売上を上げてもすぐには入金されません。
売上代金が会社の通帳に入ってくるまで、数ヶ月の期間があります。

その間は、手元のおカネでしのいでいくしかありません。
このしのいでいくためのおカネを運転資金と呼んでいます。


運転資金に気配りを

売上が右肩上がりのときは、すぐにつぎの売上の為の仕入れ代金が必要になっていきます。
息つく暇もありません。

で、どんどん手元のおカネ(=運転資金)が寂しくなってくるというわけ。

これが、売上好調でおカネが足りなくなるカラクリです。

売上が好調なときは、運転資金の手当てを考えておく必要がありますね!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。