社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

中間納税では、送られてきた納付書で半年経ったら半分の税金を支払う、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



中間納税では、
 送られてきた納付書で半年経ったら半分の税金を支払う


会社が決算で支払う税金には、いろいろありますが・・・
これらの税金には、すべて中間納税という制度があります。

f:id:taxjolly:20140607143011p:plain


年度がはじまって、半年経ったらその2か月後までに、前年度の税金の半分を支払わなければならないのです。

 f:id:taxjolly:20140607143023p:plain


前年度の税金の額は、もちろん、税務署などの役所でわかっています。
ですから、黙っていても、勝手に(?)役所から税金の納付書が送られてくるのです。

 f:id:taxjolly:20140607143032p:plain


納付書と一緒に中間申告書も送られてきます。
でも、納付書に書かれている税金の支払いをすれば、申告書を提出する必要はありません。

 f:id:taxjolly:20140607143040p:plain



関連記事