社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

資本金1億円以下にはワケがある、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



平成24年度の統計です。
会社の数は、253万社。
そのうち、資本金が1億円以下の会社の数は、251万社。
なんと、割合にして99%の会社が資本金1億円以下なんですね!


なぜ、資本金1億円以下に会社が集中するのでしょうか。
それには、ワケがあるのです。
税金の取り扱いが有利になるワケが・・・


① 法人税の税率が低くなる

f:id:taxjolly:20140611071839p:plain
*資本金1億円超⇒法人税率25.5%
 資本金1億円以下⇒年800万円までの軽減税率15%



② 交際費を経費にすることのできる枠が大きい

f:id:taxjolly:20140611072731p:plain
*資本金1億円超⇒飲食代の半分をのぞき、経費にならない
 資本金1億円以下⇒年間800万円までなら全額が経費になる



③ 購入価格30万円未満の資産を、買った年に全額経費にすることができる

f:id:taxjolly:20140611073521p:plain



④ 赤字がでたときに、まるまる翌年以降の利益から差し引くことができる

f:id:taxjolly:20140611074022p:plain
*資本金1億円超⇒翌年以降に差し引けるのは利益の80%まで
 資本金1億円以下⇒80%までという制限なし



⑤ 利益以外の要素で税金がかかること(外形標準課税といいます)がない

f:id:taxjolly:20140611082321p:plain



関連記事