社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

前略 安倍総理大臣。あたらしい税金をおもいつきました、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



略、安倍総理大臣。
最近、携帯電話税構想やパチンコ税構想など耳にします。

f:id:taxjolly:20140711180616p:plain
 *安倍総理大臣のこの表情のワケは?


国の財政健全化のためには、安定した税収がかかせません。

あたらしい税金をおもいつきました。
携帯電話やパチンコなど特定のモノやサービスに税金をかけるのではなく、ありとあらゆるものに広く薄く税金をかけるのはどうでしょう。
例外はごくわずかにして。

〝広く、薄く〟がポイントです。

サービスを提供するたび、モノが移転するたび、多段階にわたって税金をかけます。
前段階の税金は、そのつど控除します。
最終的に税金を負担するのは、消費者です。


税率は、そうですね、最初は3%がいいでしょう。
世の中に税金が浸透してきたら(8年ほどですかね)、5%にアップします。

5%はキリがいいので、しばらく続けます。
17年ほど続けるのでいいでしょうね。

その後、景気のようすをみはからって、8%に。
さらに1年半ほどで、10%にアップします。

画期的な税金だと思いますが、どうでしょう?
ご検討願えますでしょうか。

なまえですか?
諸々(もろもろ)の費用に税金をかけるので、
諸費税(しょひぜい)なんてどうでしょう?



んっ?
なになに・・・、もうすでにそういう税金がある?
消費税だって?
いや~~、これは先を越されましたかな、HAHAHA・・・

f:id:taxjolly:20140711183737p:plain:w300




関連記事