社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

ふるさと納税でもらえる特産品には税金がかかる、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



ふるさと納税の件数が2.8倍になった!

「ふるさと納税」の件数が前年度の2.8倍になったそうです。
(2014年7月13日付産経新聞より)

ふるさと納税といっても、その正体は地方自治体に対する寄付金です。


<ふるさと納税が増えたワケ>
ふるさと納税(寄付)をすることで、所得税と住民税がすくなくなる。
f:id:taxjolly:20140717200100p:plain
 f:id:taxjolly:20140722072436p:plain
寄付をした自治体から、お礼として〇〇円相当の特産品がもらえる
f:id:taxjolly:20140717194929p:plain
 f:id:taxjolly:20140722072436p:plain
税金がすくなくなって、
〇〇円相当の特産品がもらえて・・・、
寄付したおカネの元をとれたどころじゃなくて、トクしたわい。

こんなことが、あちこちのマスコミで紹介されたことが要因のようです。



ふるさと納税の特産品には税金がかかる!

なににでも、税金がかかるんだな。
こんな感想をお持ちになるかも知れませんが・・・。

お礼としてもらった特産品には税金がかかるのです。
一時所得として、税金がかかります。

ただし、一時所得には50万円の控除枠があります。
つまり、特産品の価値が50万円を超えなければ、税金はかからないというわけ。

じゃあ、安心だ、とおもいます。

ところが・・・
特産品以外の一時所得(その多くは満期保険金の一時金)があると、一時所得はひっくるめて計算するため、結果として、特産品に税金がかかるがことがあるのです。

そうしょっちゅうあることではないかも知れませんが、念のため、ご留意を。





おまけ
今回のおさらいを、金子みすず「こだまでしょうか」のリズムにのって。

こだまでしょうか

「納税?」っていうと
「寄付金」っていう。

「トクする?」っていうと
「税金安くなる」っていう。

「それだけ?」っていうと
「特産品がもらえる」っていう。

そうして、あとで、
特産品に税金がかかるって聞いて、

「税金がかかるならやめようとおもったけど、そんなケースはマレ?」っていうと
「税金がかかるならやめようとおもう人いるけど、そんなケースはマレ」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、だれでも。


f:id:taxjolly:20140721075535p:plain:w90
*こだまでしょうか。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。