読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

じょりじょりわかった~、役員給与-その弐-、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



役員給与は、変更しないことが、よしとされています。
f:id:taxjolly:20140719143307p:plain


年度の途中で役員給与を増やしても、それは認められません。
 f:id:taxjolly:20140719135027p:plain


では、役員給与は、常に、必ず、絶対に、断じてもれなく、例外なく、
年度を通じて同じでなければいけないのでしょうか?
 途中で増やしてはいけないのでしょうか?


いえいえ、もちろん、そんなことはありません。
 年度の途中での増額が認められるタイミングがあるのです。
 そのタイミングとは、
f:id:taxjolly:20140725063940p:plain


逆に言うと、年度が変わって、3か月を過ぎての増額はダメということになります。


年度が変わって、3か月を過ぎてしまうと、役員給与の増額はダメ。
 増やすなら、3か月以内。
 せっかく役員給与を増やしても、それが認められないのはつまらないですからね。 
 タイムリミットは3か月、これを肝に銘じたいですね!



もしも、税務署が居酒屋を経営したら・・・PARTⅡ
 f:id:taxjolly:20140719153119p:plain
 f:id:taxjolly:20140719151315p:plain
 f:id:taxjolly:20140724074142p:plain


●役員給与の増額、タイミングを逃すと認められない
 役員給与の増額が認められるタイミング、それは年度の始めから3か月以内。




関連記事