社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

~目安を知りたいあなたへ~ザックリとあなたの会社の価値を知る方法(巻の弐)、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



~目安を知りたいあなたへ~
 ザックリとあなたの会社の価値を知る方法(巻の弐)

(前回のあらすじ)
会社の価値をザックリと知りたいあなたは、貸借対照表から「資産の部合計」と「負債の部合計」を見つけた。
そして、電卓を用意し、電源をONにしたのだった。


電卓はON。
準備に抜かりはない。
いよいよ最大のヤマ場だ。

一気に、「資産の部合計」から「負債の部合計」を、
一気に、「資産の部合計」から「負債の部合計」を、
一気に、「資産の部合計」から「負債の部合計」を、

差し引くんだ!

f:id:taxjolly:20140825063443p:plain

オープン ザ・プライス!

f:id:taxjolly:20140825065028p:plain
f:id:taxjolly:20140825064405p:plain


でてきた数字が、あなたの会社の価値だ。

 会社の価値「資産の部合計」-「負債の部合計」  


簡単すぎてがっかりだろうか?
あるいは、異論はあるか?



あなたは、その数字が会社の資本金とは同じでないことに気づくだろう。

会社の価値は資本金の金額とは関係がないのだ。
資本金1,000万円の会社の価値は、1,000万円ではない。

 会社の価値 資本金の金額  


資本金1,000万円のあなたの会社。
目を付けた誰かがあなたに「会社を売ってくれ」と言ってきたとしよう。

いくらで売るべきか?

そのときの会社の価値で、売るべきだ。
仕入価格の上がり下がりの大きなネタは、寿司屋でも、時価で売るだろう?


関連記事