社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

あたらしい税金ができる! 増税? いいえ、減税もセットです、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



あたらしい税金ができる!  

あたらしい税金ができます。
その名は、地方法人税。

会社が税務署(=国)に支払う税金です。
この税金を最初に支払うのは9月決算法人で、平成27年(2015年)9月期決算がスタートです(新設法人などを除けば、ですね)。

f:id:taxjolly:20140829072527p:plain
  
 こんな感想も聞こえてきそうですね。


減税もセットです  

でも、ご安心(?)を。

あたらしい税金ができると同時に、法人住民税の減税があります。
つまり、
国に支払う税金が増える(
地方に支払う税金が減る(


その結果、トータルで支払う税金には、ほぼほぼ変わりはないんだとさ。
めでたし、めでたし・・・


f:id:taxjolly:20140829065507p:plain


税収の多い地方自治体もあれば、少ないところもある。
その格差を是正するため、こんなことをするんだとか。

繰り返しですが、トータルで支払う税金に変わりはありません。
どこに払おうが、税金は税金。
支払う相手先なんて、どうでもいいことですかね?



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。