読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

なぜ、役員に支払うボーナスは経費にならないのか? の巻

会社にまつわる税金編

町田市の税理士 高橋浩之 です。



会社が役員に支払うボーナスは、税金を計算するときに経費にすることができません。
なぜでしょう?


役員に支払うボーナスは、そもそも、

■株主から委任をうけた役員が、
f:id:taxjolly:20140908064322p:plain:w320

■経営に専念し、いろいろあった中で、
f:id:taxjolly:20140731073408p:plain:w320

■利益をだしたときに、
f:id:taxjolly:20140731194000p:plain:w320

■株主がその意思により出す謝礼金
f:id:taxjolly:20140731075754p:plain:w320

このように役員ボーナスは、最後の最後に残った利益から出すものなのです。


順番を無視するようでなんとなくおかしいから・・・

つまり、順番としては、
収入や経費を集計する⇒利益が決まる⇒役員ボーナス

役員ボーナスを経費にすることは、順番を無視するようで、なんとなくおかしい気がする・・・。
だから、経費にならない、というわけ。

う~ん、わかったような、わからないような。

でも、以上が伝統的な考え方なんです。


利益が調整できちゃうから・・・

ところが、会社法ができたり、会計処理基準の変更によって、伝統的な考え方が通用しなくなってきました。
そこで、最近は、ちょっと違う理由を説明されます。

曰く。

役員ボーナスを認めると、利益が出たときだけ役員ボーナスを出すなどして、利益を調整することができる。
中小企業は、株主と役員が一緒のことが多い。
自分で自分にボーナスを支払うようなもので、利益調整に使われやすい。
それじゃあ、税収が減っちゃう。困る。

f:id:taxjolly:20140908064838p:plain:w320
*中小企業は、株主イコール役員、のことが多い。

だから、ダメ。
こちらは、わかりやすいですね。


*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。