社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

たばことお酒だけで、税金はまかなえるか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。



たばことお酒だけで、税金はまかなえるか?

ある会社の社長(当事務所のお客さま)がこんなことを言っていました。

「日本国民全員が、たばこを吸って酒を飲んだら、税金はいらなくなるんだって」

ほう、そうなのね。
そこまでにはならないような気がしますが・・・。

ひとつ、検証してみましょう。


まずは、たばこから

日本の成人人口は、ざっくりと1億人。
たばこを吸う人の割合は約20%だそうなので、喫煙人口は2,000万人。

たばこ税の税収2.3兆円を2,000万人でわると・・・、
一人あたりのたばこ税は、11,500円になりました。

f:id:taxjolly:20141104122928p:plain:w310
*喫煙者一人あたりのたばこ税は、11,500円。

全員だと、
11,500円×1億人=11.5兆円。

*成人全員がたばこを吸うと、たばこ税の税収は11.5兆円になる。


つぎは、お酒

飲酒習慣者の割合は、およそ20%だそうです。
ということは飲酒習慣者人口はこれまた2,000万人。

酒税の税収1.3兆円を2,000万人でわると・・・、
ひとりあたりの酒税は、6,500円と出ました。

f:id:taxjolly:20141104123620p:plain:w320
*飲酒習慣者一人あたりの酒税は、6,500円。

たばこのときと同じように、掛け算をします。
6,500円×1億人=6.5兆円

*成人全員が飲酒習慣者になると、酒税の税収が6.5兆円になる。



つまり、

成人が全員、たばこを吸ってお酒を飲むと、たばこ税と酒税の税収は、合計で18兆円になる


税収の合計は、45兆円程度です。
まだまだ足りません。

うんと、がんばって、成人全員がいまの2.5倍たばこを吸ってお酒を飲んで、ようやくまかなえ・・・、

f:id:taxjolly:20141104074035p:plain:w320
*たばことお酒、2.5倍吸って飲めばどうにかなる(?)


いやいや、それだけたばこやお酒の消費量が増えると、国民医療費もそれなりに増えそうですよね。
税収はもっと必要になります。

するともっと吸ってもっと飲んでになって、
→もっと税収が必要になって・・・
すると、するともっともっと吸ってもっともっと飲んでになって、
→もっともっと税収が必要になって・・・
(以下、延々につづく)



<検証結果>
たばことお酒だけで税収をまかなうのは・・・たぶん ムリ!




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。