社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

ダーリンは12月31日に婚姻届を出したサマンサを扶養にできるか? の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。




奥さまの名前はサマンサ。そしてダンナさまの名前はダーリン。
ごくふつうのふたりは、ごくふつうの恋をし、ごくふつうの結婚をしました。
でも、ただ一つ違っていたのは・・・ふたりが婚姻届を出したのは12月31日だったのです。

 f:id:taxjolly:20141110185334p:plain:w330


12月31日に婚姻届を出せば、扶養にできる!(かも)

配偶者を扶養にできれば配偶者控除が受けられます。
扶養の要件は、つぎのとおりです。

1.法律的に結婚していること(→つまり事実婚はダメ)
2. 同一生計であること(→ふつうひとつ屋根の下に暮らしていれば同一生計になります)
3. 所得がきまった金額以下であること(→いわゆる103万円のカベ、ですね)

これらの要件は、12月31日の現況による、ということになっています。
つまり、12月31日に結婚していて同一生計の(いっしょに暮している)相手であればば)OKということ。


ということは、たとえば、
サマンサとダーリンが大晦日に知り合い、その日に婚姻届を出して、その日からいっしょに暮らし始めた場合(奥さまは魔女だけにこんなこともあり得る!)。
つまり、1年のうち364日アカの他人で、結婚していたのがたった1日のとき。

たった1日の結婚生活では、実際のところ扶養も何もあったもんではありません。

でも、12月31日ふたりは同一生計の親族なので・・・、あとはサマンサが3.の要件をクリアしていれば、サマンサはダーリンの扶養になれる!




元奥さまの名前はサマンサ。そして元ダンナさまの名前はダーリン。
ごくふつうのふたりは、ごくふつうの結婚をし、ごくふつうに(?)離婚をしました。
でも、ただ一つ違っていたのは・・・ふたりが離婚届を出したのは12月31日だったのです。

 f:id:taxjolly:20141111071406p:plain:w330


12月31日に離婚届を出したら、扶養にできない!

扶養にできるか、できないかの基準日は、12月31日です。


ということは、たとえば、
仲良く暮らしていたサマンサとダーリンが、だしぬけに大晦日に離婚届を出したら(奥さまは魔女だけにこんなとことだってあり得る!)。
つまり、1年のうち364日結婚していて、他人だったのがたった1日のとき。

その1年間、実際の生活は、ダーリンの収入でまかなわれていたとしても、12月31日ふたりは、結婚していないので・・・、サマンサはダーリンの扶養になれない!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。