社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

租税教育、ほんとうにあったこんな質問、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。




租税教育、ほんとうにあったこんな質問

わたし達税理士は、租税教育に力をいれています。
主には、小中学生に対する租税教育です。
小中学校に出向いて、授業をするんですね。

わたしも年に数回、小学校の教壇に立っています。


そんな租税教室で、ほんとうにあったこんな質問。


(その1)
「どうして税理士になろうとおもったんですか?」
何回かありました。
カッコいい理由があれば、いいんですけど、そうじゃないし・・・。いつもムニャムニャごまかしています。


(その2)
「税理士さんの収入は、いくらくらいですか?」
これも、何回かありました。こういうことを気にするんですねぇ。もちろん、ごまかしました。


(その3)
「野球はどこのファンですか?」
唐突になぜ、この質問?
これは、ムニャムニャせず、ごまかさず、明確に答えたところ、その子は、「〇〇ファンの税理士さんへ」というタイトルで作文を書いてくれました。
*租税教室の後には、作文をお願いしているのです。


f:id:taxjolly:20141213144431p:plain
f:id:taxjolly:20141213144437p:plain
f:id:taxjolly:20141213144443p:plain
f:id:taxjolly:20141213144449p:plain
 *なんじゃ、この展開・・・



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。