社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

それは、生活に通常必要ないんだ! の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


それは、生活に通常必要ないんだ! の巻

税金の世界には、〝生活に通常必要でない資産〟という用語があります。ぜいたく品という意味合いでしょうか。

生活に通常必要でない資産。無駄と遊びごころのない、いかにも法律用語然としていて、いいですね。

では、具体的に税金の世界では、どんなものが〝生活に通常必要ない〟んでしょうか。
おおきくわけて、3つあります。


まず競走馬。
なんと、いきなり、競走馬。実際の条文でもトップにでてきます。たしかに競走馬は〝生活に通常必要〟ないですが・・・。それにしても、具体的すぎ。いの一番に競走馬とは。

f:id:taxjolly:20150220074606p:plain
 *競走馬は、生活に通常必要ない!


それから、射幸的行為に用いられるモノ。たとえば、
f:id:taxjolly:20150221083442p:plain
 *賭博(とばく)でつかう用品は、生活に通常必要ない!


2つめは、別荘など。


3つめは、家具、日常用品、衣服などの生活に通常必要なモノでないモノ。
んっ? なにいってるの? 一読して、わかりにくいですね。
要するに、生活に通常必要なモノをくくって、それ以外のモノは通常必要ないんだよ、といういいかたです。モレは許さねえぜ。そんな意気込みがつたわってくる言い回しですね。

f:id:taxjolly:20150220074647p:plain
*貴金属や絵画は、1つの価格が30万円を超えると生活に通常必要でなくなるそうです。


上にあるような生活に通常必要でない資産は、雑損控除の対象にならないなど、ちょっと特殊な扱いをうけるのです。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。