読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

e-Taxで申告したらこうなった、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


e-Taxで申告したらこうなった、の巻

紙の申告書ではなく、ネットから申告するe-Tax(電子申告)。
おでかけしなくていいメリットはありますが、e-Taxで申告するとこんなことも・・・


収受印がない!

f:id:taxjolly:20150304193651p:plain

当たり前のことですが・・・、e-Taxでは紙の書類を出しませんからね。手許に税務署の収受印(⇒受付印のことですね)が押された書類が残ることはありません。
e-Taxでは、受付年月日と時間が記録された、データの受信通知が収受印の代わりになります。


申告書がこない!

f:id:taxjolly:20150303074052p:plain

e-Taxで申告すると、翌年からは申告書が送られてきません。もちろん、申告しなくていいよ、ということではなく、今年もe-Taxでお願い、ということですね。
*小さい封筒で、納付書だけが送られてきます。


税金は安くならない!

f:id:taxjolly:20150303202031p:plain

e-Tax、便利なのはいいけど、わかりやすいメリットがないんだよなぁ。税金安くなるならやる気でるんですけど・・・
こういう意見は多いようです。そうなれば、e-Taxはもっともっと普及するでしょうね。
残念ですが、e-Taxでも紙で申告してもどちらも同じ税金です。かつてはあったんですけどね、電子申告特別控除。平成24年分でなくなってしまいました。




*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。