社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

マイナンバー制度、はじまりは通知カードの郵送から、の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


マイナンバー制度、はじまりは通知カードの郵送から、の巻

マイナンバー制度、ご存知ですよね。おもに社会保障と税についての情報のための番号制度です。
決して高いとは言えない知名度でしたが、テレビCMもあり、すこしづつ認知されてきているようです。

このマイナンバー制度、はじまりは、ことし(2015年)10月からの番号の通知から。市役所から番号の通知カードが郵送されてきます。

f:id:taxjolly:20150421182320p:plain
 *10月から通知カードの郵送が始まる


通知カードは住民台帳に記載されている人全員に、住民票の住所地あて、世帯単位で、届きます。

f:id:taxjolly:20150420191519p:plain
*世帯単位で、住民票のある老若男女に届く


このカードは、番号を証明する公的な書類です。なくしたり、そもそも手に入っていないなんてことだといろいろとやっかいなことになります。


まずは、通知カードをしっかりと手に入れる。そのために、引越しをして住民票を移していないなんてことのないように。
通知カードが迷子になってしまいますので。

f:id:taxjolly:20150420191503p:plain
 *通知カードが迷子にならないよう住民票を移しておく

それから、手に入れたらなくさないようにする。


来年から、役所や会社から番号を教えてね、と言われることがでてきます。そのときにあわてることのないようにしておきたいですね。



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。