社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

中小企業にもデットエクイティスワップに応じてくれる相手がいる! の巻

町田市の税理士 高橋浩之 です。


中小企業にもデットエクイティスワップに応じてくれる相手がいる! の巻


家電大手シャープの経営支援に用いられるデットエクイティスワップ。これにより、借金が資本金に変わるので、シャープは借金の返済をする必要がなくなります。

 ■ 関連する記事 


うん、そりゃよかったな、シャープ。では、ここはひとつ我が社も、

f:id:taxjolly:20150427182522p:plain
  
こうおもったあなた。
残念ですが、おそらく、いや間違いなく銀行は相談にのってくれません。銀行がデットエクイティスワップを検討してくれるのも、相手が大手企業だからこそのこと。


じゃあ、中小企業にはデットエクイティスワップで借金を減らすのは、あきらめたほうがいいね・・・
いやいや、じつはあきらめることはないんですね。中小企業にもデットエクイティスワップに応じてくれそうな相手がいるじゃないですか。

「それは、だれ?」

f:id:taxjolly:20150424201503p:plain


多くの中小企業には社長からの借入金があります。社長借入金は定期的に返済することもなく帳簿にずっと残っていることが多いようです。
それは会社にとっては借入金という負債ですが、社長個人からすると貸付金という財産になるんですね。
ということは、将来社長が亡くなったときに相続税がかかってしまうことに。

相続財産を減らしたい。そんなとき、デットエクイティスワップによって貸付金を自社の株式に換えるというのも、社長の相続税対策として〝あり〟です。


ただし、デメリットも含めていろいろと検討しなければいけないことがあるので、実際にやるときは専門家にご相談を!



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。