読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

稼ぎたければ長財布、は都市伝説(?) の巻

エッセイ風に、なんでもあり編

町田市の税理士 高橋浩之 です。



稼ぎたければ長財布、は都市伝説(?) の巻

稼ぎたければ長財布を使え、という説がありますよね。関連する本もいくつか出ています。
中には、年収は財布の価格に比例するので、高価な財布を買ったほうがいいなんてものも・・・


ある週刊誌に、著名人の財布と時計を写真入りで紹介するコーナーがあります。
それを見ると、長財布でない人も結構いるし、みながみな高価な財布を使っているわけでもないんですね。登場する著名人は、一般の水準からすれば、ガッチリと〝稼いでいる〟はずなのに。


ということは、結局、稼ぎたければ長サイフを使え、は都市伝説の域を出ないんですかね?

その答えはわかりませんが、ひとつハッキリしていることがあります。

それは、提唱した側の人は稼いだよね、ということ。
稼ぎたければ長財布を使え、というなんとなくやってみたくなるような説をアイデアにして、ちょっとしたブーム(?)を巻き起こした側にいる人たちがもっとも儲けたんじゃない? ということ。これを機会に長財布を使い始めた人たちよりも。


なにごとも、提供された仕組みに乗っているだけは、稼ぐといっても限定的。それよりも、仕組みを提供する側になれば、稼ぎは∞(無限大)の可能性あり・・・


f:id:taxjolly:20150507073930p:plain
 *こういった財布は、どうでしょうか?(⇒提唱です)



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。