読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ

ややこしいことを、ややこしくなく

やっぱりシャープ、目の付けどころが────、の巻

会社にまつわる税金編

町田市の税理士 高橋浩之 です。


やっぱりシャープ、目の付けどころが・・・、の巻

経営再建中のシャープが、1200億円以上ある資本金を1億円にする方針であることが報じられました。たまった赤字を一掃するのが目的のようですが、あわせて税金の優遇を受けられるメリットもあり、一石二鳥(?)。

f:id:taxjolly:20150512190804p:plain

資本金が1億円以下になると、税金の世界では中小企業になります。従業員の数は関係ありません。よく、大企業に有利な税制を正さなきゃいかん、といった言い方を耳にしますよね。でも、実際は中小企業の方がさまざまな税金の優遇措置を受けられるのです。


■関連する記事 ↓↓


制度として認められているとはいえ、全世界で5万人近く従業員がいる会社が中小企業として優遇措置を受けるのは、違和感がある人も多いでしょうね。

まあ、そこは、やっぱりシャープ。目の付けどころが───だということで。

f:id:taxjolly:20150512191602p:plain



*下の「いいね!」ボタンなどを押していただくと、とても励みになります。
少しでも「へぇ」と思ったかたは、どうぞよろしくお願いいたします。